メガバスってどうなの?イギリス、アメリカで流行りの激安バスでドーバー海峡を越えてみた

ブスキャラを全面に押し出した格安バス会社をご存知でしょうか?

こんにちは、イギリスで大学生してるわたぽんです。

メガバスは、なぜかいつも安い。安いときはロンドン-パリが1ポンドだったり、0ポンドだったり。もう訳が分からないバス会社です。お金を多くかけたくない学生である僕は、その訳の分からない安さに惹かれ、ロンドン-ベルギーの往復チケットを購入。往復35ポンド。メガバス界では高いのでしょうが、僕達一般人の住む世界では安いです。少なくともイギリス最大手のNational Expressよりかは安かった。

正直なところ、MegabusのWebsiteは質素なもの。本当にこれで予約が取れてるのかと、ふと心配になるレベルでしたが、ちゃんとメールは送られてくるので一安心。予約後届いたメールをプリントアウトし、停留所へと向かいましょう。

ちなみにメガバスの安さについては議論の対象ともなりえます。例として、同じイギリスからブログ発信をしている方の記事をどうぞ:片道£1でイギリス中を旅できる!?mega busに乗ろう!

スポンサーリンク

 

行き:ロンドン – ブリュッセル

ロンドンの出発地は最大のバスステーションであるVictoria Coach Station。サウサンプトンから他のバスでやってきたわたぽん、海外での時刻表のてきとーさを恐れ、乗り換えに5時間もの猶予を与えたのがミス。1時間遅れで到着したバスを降りた時、その後の4時間がひどく長く感じました。

文句を言ってもしょうがない。気を取り直してバスステーションから歩いて15分~20分で行けるロンドンアイ(でっかい観覧車)とウェストミンスター寺院を見物に行きました。でかいバックパック背負って。それでもまだまだ時間が余る。しょうがないからマクドを探し、Wi-Fiに接続。そんな感じでダラダラしていたものの、2軒目のマクドに移動したところでWi-Fiの接続が不安定に。もういいやーと出発1時間前にバスステーションへと戻ります。

16433745143_1953d66faf_k

まだ出発まで1時間もある。んー、まあとりあえずバスが来る場所を確認しよう!と思うも、巨大バスターミナルはそれを容易に許してくれません。7個ぐらいのモニターに照らし出された多くのバスの時刻表が、僕を幻滅させます。5分間ねばった結果、ブリュッセル行きは見つかりませんでした。ため息をつきつつ、インフォメーションセンターを探します。

巨大バスターミナルの端においやられたメガバスのインフォメーションスペースを見つけた時、僕は辺りの人の多さになぜか不安になりました。でも気にせず受付のおっちゃんに尋ねます。プリントアウトしたメガバスのe-ticketを見せながら、「このバスはどっからでますか?」と。

返ってきた答えは以外なもの。「(あーもうめんどいなー)まずはそこにいってくれ、その後バスは20番から出るから。

17052425312_c04780c181_k

そこ??指さされた方向を見てみると、なぜか列ができてる。並んでいるときになんだろうと思いプリントアウトしたe-ticketを見ると、

国をまたいでバスを利用する場合は、最低30分前にバスの出発場所まで来てください。なお、Victoria Coach Stationだけは60分前です。

…えええ、60分前!?ふと時計を見ると、時間は8時4分頃。出発予定時間は9時。これはやばい。同じように飛行機の搭乗時間に遅れた時、格安航空は待ってくれない。しかし列に並んでいても、一向に前に進まない。しびれをきらし、もう一度受付にて確認。するとまた予想外な答えが。

「(またこいつかよ…)バスは9時半に出発するから、もうすぐパスポートとチケットのチェック始まるよ。とりあえずそこに並んで。

「え…あ、は…はい…」バスの到着だけじゃなく、出発も遅れてたのです。せふせふ。ちなみにそのバスで会った方は、出発2分前に来たけど乗れたよー!とのことでした。なんなんでしょう。

安いメガバスは設備もダメダメ。そう聞いてた僕はバスに乗り込むまで不安でした。しかし乗り込んでみると、案外通常通りのバス。

20141214_212031726_iOS

シートは2列×2列と予想通り。中にはトイレまでついて、日本の最安の寝台バスより良いかも?前の席に座ると、ロンドンの2段バスのように正面が一望できます。値段を考えれば全然アリです。

バスでの移動に慣れてる僕は、その後快適な眠りにつく…はずでした。

 

真夜中にたたき起される

国境を超えるということを完全に忘れてたわたぽん。真夜中、イギリスの出国審査書にバスが着いた時、快眠から現実に引き戻されました。早口の英語で「はい、みんな降りて降りて。」とアナウンス。

若干不機嫌になりながらも、降りると寒さで眠気はふっとびます。しかし審査が終わった後もバスはトロトロとしか進みません。てっきりトンネルをくぐっておふらんすわっしょい!という姿を想像してた僕は気だるさに包まれていきます。

しばらくしてまた、バスから降りろとアナウンス。なんなんだもう…とバスを降りると、そこはなんとフェリーの中でした。

20141215_005522762_iOS

突然現れた広々とした空間に若干のけぞるも、なんとか前に進み席を確保。いやーフェリーかあ、となんかしみじみしました。ドーバー海峡は船で渡るようです。

しかしこのフェリーがなかなか遅い。調べると80分~100分という所要時間、ですがその時は知る由もありません。さらにエンジンの故障で到着時間がさらに30~60分ほど伸びる。船の中のものはすべて高いので、イギリスで買っておいたマフィンを食べたり、うろちょろしたり、苦痛の時間。これが安さの理由なのか…

ベルギー時間で夜中の4時頃、ようやく船はフランスに到着。そこからはまたも快適な眠りにつくことができました。

 

帰り:アントワープ – ロンドン

帰りのバス停は、バス停ではありませんでした。

メールに記載された情報をもとにGoogle Mapを見てたどり着くと、そこには僕のようにふよふよした人たちが。その内の一人が僕に話しかけ、その後他の人にも尋ね、全員がメガバス利用者だと判明。クリスマス前の寒空の中、広い川に面したその駐車場で強風に吹かれながら30分、ブスキャラを描いたバスは、突然その姿を現わしました。30分前につかなければならないというe-ticketの記載とは裏腹に、その30分はただ待つしかなかったです。なんなのでしょう。

帰りのバスも行きと同じ。はて、もしや同じバスなのでしょうか。行きのバスで勝手を覚えた僕は、長時間フェリーへの体制も整え、準備万端。いつでもかかってこい状態でした。イギリスのパスポートコントロールに着き、学生ビザを見せスムーズに通り抜け、いざ、フェリーへ。と思えば、あれれ、バスが線路の横に降り立って行く。

そうです、帰りは電車にバスごと乗ってドーバー海峡を下から超えるのでした。いわゆるユーロトンネルってやつですね。またまた裏をとられ、貨物列車に積まれたバスの中で45分ぐらい、僕はひっそりと息をしていました。

帰りも4時間半の余裕をサウサンプトン行きのバスの乗り換えで見積もっておくも、30分ほどの遅れでロンドンに到着でした。疲れました。

 

わたぽんのまとめ的なにか

ろくに調べずに利用したからか、裏を取られまくったメガバス初利用となりました。しかし値段を考えると、まあ別にいいでしょという感じ。友達曰く、たまにバス自体が来なくなったりするのが怖いところ。ちなみにMegabusで画像検索してみると、燃えてる写真とかが出てきて怖々しますよ。笑

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top