悔しいと言ってるだけじゃ何も変わらない

何も成果がないのに書くのって嫌なんですけど、やっぱり悔しいので書くことにします。

 

夏頃、僕は未来に思いをはせていました。

イギリスの学生フォーミュラチームで、チーフ空力デザイナーになりました
こんにちは、イギリスで大学生してるわたぽんです。今日は近況報告。 イギリス・サウサンプトン大学の学生フォーミュラチームで、チ...

そう、その未来とは、”F1チームでの1年間のインターンシップを獲得した”未来。自信も少しあったし、勝算もないわけじゃなかった。少なくとも、インタビュー(面接)には行けるだろう、と。

 

12月初旬、その未来は、どこに行ったのかな。。

 

10月の終わり頃までは、まだどこかルンルンとしていました。足取りは軽く、軽快な音楽がいつも流れているような感覚。CVとCover Letter(まあ履歴書みたいなもん)の準備も前向きにし、ドキドキしながら、いくつかのF1チームのインターンへ応募しました。

1週間、また1週間。

来るはずの連絡が来ない。去年エアロリーダーだった先輩は、MB(なんとなくチーム名はコードネームで)に呼ばれたという。今年のエアロ部門のサブグループのリーダーも、呼ばれたそうな。

「二人とも一つ上の学年。」

そう言い聞かせ、じっと待ってました。

 

11月も後半に差し掛かった頃。

「メールボックス確認して!」

僕と共同でエアロ部門をまとめている友達が、チャットしてきました。なんか新しいパーツのアップデートでもあるんかな~と思って開いてみるも、何も来てません。あれ?

僕「なんも来てへんで?」

5分後。

友達「いや、ついさっきRBから面接の案内メール来たから。わたるのとこにも来てるかなって。」

大学の課題でグループの人とミーティング中だったけど、一気に力、というか精気が抜けてくのを感じました。針を刺された風船のように。というのも、僕が応募したエアロ関係のインターンでは、RBがインタビューするの、一番遅いから。あれ、もうチャンス限りなく少ないやん。しかも一緒に、身近にやってる友達が呼ばれ、僕は呼ばれなかった。他にもF1チームに呼ばれた人はまだまだいて、インターンをゲットした先輩もいた。また、同じ学年からも最前列にいつも座ってるあの人は、STRのポジションをゲットしたそう。僕も応募したのに、面接にさえ呼ばれなかったポジション。

 

もう自信も未来も見えてなかった。

悔しい。

期待してた自分がバカだった?
実力が足りてなかった?
Cover Letterの英語がクソだった?
自分の”売り方”が悪かった?
それとも、僕が日本人なのが響いたの?

分からない。多分全部だと思います。日本人F1エンジニアの人達は口を揃えて言ってます。

「同じレベルの日本人とイギリス人がいたら、F1チームはイギリス人を取る。」

 

期待してた自分が愚かでした。周りと同じではダメ。ちょっと上…かも?でも足りない。日本人というディスアドバンテージを考慮してでも、こいつしかないというレベルでないといけない。

最初から分かってたこと。なんならイギリスに来た時から、いや来る前から知っている。知ってるけど、本当の意味で分かってなかったんだと思います。面接ぐらい、行けると思ってました。

 

どうすればいいんやろう?

悔しさと虚構の中、ビールが体を冷やし、素晴らしき別世界へと導きだす。と言っても、その日はあまり飲んでません。分かってたから。こうやって時間を潰してるのが、僕を圧倒的なレベルに押し上げるのを妨げてるって。

半自動的に飲み始めたけど、量も少々に、貯まりだしてたレポートを書き出しました。Formula Studentと同時に、良い大学の成績もF1チームに入るには最低条件。

「大学の課題で忙しいからFormula Studentに手が回せない。」とはよく聞く台詞。僕はそんなこと、何があっても言いたくありません。

「大学のことをなるべく早く、効率よく済ませて、Formula Studentに必要な時間を確保する。」周りと同じ言い訳をしていては、周りと同じレベルで終わってしまう。

Formula Studentの開発は、クリスマス休暇までが勝負。時間がない。けど大学の課題は一番忙しい時期。こうやって、睡眠時間を削りつつ、カフェインで無理矢理起こす生活に入ってきました。残り時間が少ないとはいいことで、ちょっとぐらい無理したって、本格的に壊れることはないはずです。短期間やし。

短期集中。
こういうのはよくないって、知ってます。去年、勉強”しすぎて”その後すっからかんになってた時期がありました。学んだはず。でもそんなこと言ってられない。エアロリーダーとしての冬は、デザインを統括できる立場としては、今年しかない。今やらなきゃ、後が続かない。後ですっからかんになろうとも。

 

悔しいけど、悔しいとだけ言って泣いていたくない。
悔しいから、自分の限界まで行って、限界だと思ってるポイントを超えて、誰もが到達したことのない場所に行きたい。
「忙しい」を言い訳にFormula Studentの開発を妥協していては、平凡の域を出ない。

特にイギリスで結果が必要な僕にとって、これは待ってもないチャンスやったはずやったやん?大学もFormula Studentを、これ以上妥協や言い訳で埋めるのはごめんです。

 

日本人だからってのも、言い訳。同じ日本人で二回生の時に、F1チームに面接に行った人を知っています。

僕はどのチームからも、面接にさえ招待されませんでした。いや、希望を込めるならまだゼロではないのですが、それでも第一候補として挙がらなかったのは確実。

まだ2回生やんって言われれば確かにそうですが、周りのイギリス人やスウェーデン人の人が行けて僕が行けないってことは、そこになんらかの”差”があるってこと。

悔しいけど、仕方がない。今までの自分が悪かったんです。

 

このまま終わらせたくない。

 

いつもは丁寧に書くのですが、すいません、今日は写真も最低限に、装飾も最低限に。クリスマス休暇に入ったら、Formula Studentでやってることも紹介しますね。知らんけど。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

 

Related post

Comment

    • TTT
    • December 8th, 2016

    起爆剤としていつもブログ拝見してます。立場と国は違えど、私も今難解な問題に立ち向かってます。というより、まだその部隊にさえ立ててませんが笑。私も何度も心折れそうになってますが、絶対に諦めません。お互いやったりましょう。

    • コメント、ありがとうございます!励みになります。行けるところまで突き進みましょう。

    • HS
    • December 9th, 2016

    ちょっと疲れちゃいましたね。ここは贅沢して美味しい物食べて、または読みたいマンガ読みふけるとかやってみたらどうかな。(もちろん時間を決めて^_^;)10年ほど前になりますが、イギリスに3年住んでいたので、イギリス人の気質も少しはわかります。ヨーロッパで日本人が活躍するのがいかに大変かも、実感としてわかります。でも、今わたぽんさんは既にイギリスにいるのだから。しかも自分の意志で。そのラッキーさをかみしめて、ふんばってみよう!応援していますよ!

    S

    • コメントありがとうございます。読みたいマンガ、良いですね。宇宙兄弟を読んでみたいのですが、イギリスにいてなかなか読めないです。笑
      その通りだと思います。ラッキーです。まだ頑張ってみます。ありがとうございます!

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top