イギリスで一番おいしい?アフターヌーンティーよりおすすめかもしれない、クリームティーの魅力

イギリスでアフターヌーンティーよりもおすすめやて?!

こんにちは、イギリス留学中のわたぽんです。イギリスが食で誇れる、数少ないもの、アフターヌーンティー。優雅なティータイムを彩ってくれる、豪華なティーセット。それを超えると聞けば、どんなすごいものがでてくるのだろうと思われるでしょう。しかし簡単に言うならば、これはアフターヌーンティーの簡易版とも言えます。

ではでは、語ってみましょう。僕が愛するクリームティーについて。

スポンサーリンク

 

クリームティーってなに?紅茶?

もしも一切の写真がなければ、”Cream Tea”と聞いてどのようなものを想像するでしょうか?僕は最初、ミルクの代わりにクリームが入ったティー(紅茶)を想像しました。実物は合ってるようで、違います。これが、クリームティーの全貌。

16868473209_b2dede8050_k

紅茶とともに、スコーン、ストロベリージャム、そしてクロテッドクリーム。

4つだけで成り立つ、シンプルなもの。この4つのハーモニーがまた、たまらない。

クリームティーを語るときに忘れてはならないのが、最後のクロテッドクリーム(Clotted Cream)。イギリスの南西部にあるコーンウォールやデヴォン地方で、2000年以上も前から作られてきた特別なクリームです。特徴は通常のクリームよりも脂肪分が高く、とても濃厚。クリームティーとは切っても切れない関係を結んでいます。

特別なクリームを使用したスイーツを味わうティータイムって感じですね。ちなみに英語では、”tea”というのがお茶だけでなく、お茶菓子などもすべてひっくるめて表すこともあるようです。

 

クリームティーの楽しみ方を、簡単に。

イギリスのカフェでクリームティーを頼むと、クロテッドクリーム、ジャム、スコーン、すべて別々の容器に入っています。それらを合わせるのが、楽しい時間の一つ。

まずは細かいことは忘れましょう。

スコーンを手に取って、ナイフで半分に切る。そこにクリームとジャムをのせて、挟んで、口に運ぶ。笑顔。以上。

17053979771_6184becf0b_k

それから一つ豆知識。

スコーンの上にジャムを先にのせるか、クリームを先にのせるか。実はどちらを先にのせるかは、地方のスタイルによって分かれています。

クロテッドクリームを先にのせるのは「デヴォン地方」の食べ方。逆にジャムを先にのせるのが「コーンウォール地方」流の食べ方。あなたはどちらが好みですか?

最近の若い人は、スコーンで挟むと食べる難易度が飛躍的にアップすることをめんどくさがり、挟まずに、クリームとジャムをのせて食べることもあるそうです。

16432358424_fd90a62e27_k

試してみると、たしかに食べやすい。

あ、敷居の高いものではないので、手で食べても大丈夫ですよ。

 

僕がアフターヌーンティーよりも好む理由

アフターヌーンティーって、正直でかくないですか?高くないですか?

ケーキやスコーンだけでなく、サンドイッチなどの軽食まで付いてくる大所帯。それで20とか30ポンドする、良いとこいけばもっと高い。

それに比べるとクリームティーは気軽に食べやすいもの。多すぎないから食事の邪魔にならず、おやつ感覚で楽しめる。良いところで食べても、スコーン2つとクリーム、ジャムで7ポンド。それだけ?と思う方もいるかもしれませんが、スコーン2つも食べれば十分堪能できますよ。庶民的なカフェで食べれれば、スコーン1つとクリーム、ジャムで2ポンド台から。

16432287714_f1b499e83a_k

この気軽さと手軽さが良いのです。イギリスでアフターヌーンティーするにはお金が…おなかが…ってときには、クリームティーを楽しむのも一つの手。

歴史的に見れば、アフターヌーンティーが多すぎるから、シンプルにしてみた、それがクリームティーだそう。昔からアフターヌーンティーへの量に関する懸念はあったみたいです。笑

 

最高のクリームティーを味わうためのTips

最高のクリームティーを楽しむためには、いくつか頭に入れておいてほしいポイントがあります。

クロテッドクリームはRodda’s

16423115994_f12a043fc6_k

クロテッドクリームは、”Rodda’s”社のものが断然おすすめ。Rodda’sのクロテッドクリームはとても有名で、出回ってるものでは一番おいしいです。ジャムやスコーンは手作りでも、クリームはRodda’sのものってカフェも多いです。

しかしAmazonで買えない!成城石井にもない!輸入食料品店でも見たことありません!

消費期限が短いことや、保存方法、生産量などの都合、日本で手に入れることは難しいです。しかし不可能ではありません。ベノアというお店で手に入れることができます。僕も京都駅に期間限定でベノアの出店があったとき、買わせていただきました。サイズは小さいし、価格もイギリスより高いけど、本物です。

参考に、Rodda’sのものにこだわらなければ、Amazonでも買えますよ。

 

ジャムはストロベリーを

クリームティーに使われているジャムはストロベリージャム。カフェなどで食べるときは、手作りの場合も多いです。酸っぱい系よりも、甘めで、できれば粒々が見える、ゼリー状のものが良いです。こちらのジャムなんかが最適です。

チップトリー ストロベリージャム 340g

新品価格
¥1,000から
(2015/4/23 03:30時点)

イギリスのジャムですね。イギリス国内ではもっと安くておすすめのがあるのですが。笑

 

スコーンは買うより作っちゃえ!

スコーン作りは案外簡単なものです。家にオーブンさえあれば、1時間もかからずに作れちゃったりします。クックパッドでも紹介されてますね:Cpicon 本場イギリス産!めちゃうまスコーン♡ by デイジーパンジー。お好みでレーズンなどを混ぜてもおいしいですよ。

ちなみにクロテッドクリームをAmazonで探していたときに見つけたのですが、これらの本もぜひ読んでみたいですね。

おすすめ本:

イギリスのお菓子教室 ビスケットとスコーン 型なしでつくれるビスケット。混ぜて焼くだけ! (講談社のお料理BOOK)

RSVP 第8号 イングランド 50軒のティールームめぐり

プリンセスになれる午後3時の紅茶レッスン

カフェを作るなんてことがあれば、絶対に本棚に置きたいです。

 

まとめ~食べよう~

食べよう。

日本でも食べれますが、一度はイギリスのティールームで食べてみてくださいね!

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top