留学中、英語力が上がったと感じた時とその理由

こんにちは、イギリスで大学生してるわたぽんです。

留学したら、英語喋れるようになりますよね?

1年もしたらペラペラ。やっぱ留学様様やわ、なんて。え、僕の場合?

留学1年目、英語のできなさをよくバカにされました。
留学2年目、前半は英語ができなくてシカトもされました。

3年目になって、ようやく”それなりの英語”を喋れるようになってきたと言えます。時間かかりすぎ。これが通常スピードなのか、僕の特別習得スピードが遅いのか。自分で言いたくもありません。だって、多分後者やもん…。

めちゃくちゃ悔しかった。
なんで自分はできひんねんって何度も思いました。

だからこそ、色々調べてみたし、やってみたし、苦しんでみたし(別に狙って苦しんだわけじゃないけど)、”I HATE ENGLISH!!!”とは言いつつも、長く付き合ってきました。そしてこれからも終わらないでしょう。京都銀行のCM並のお付き合いです。(地元民にはその感覚的長さが分かるでしょう。)

今日はそんな3年間の中で、
そういや最近、英語喋れるようになったなー。
と感じた時と、その時やってて効果あったなと思ったことを紹介します。

ちなみに留学前の英語スコアは、IELTS Overall6.5(L:6.0, R:8.5, W:6.0, S:5.5)、TOEFL iTPは527。高校でもそれなりに英語で海外生と交流し、友達もできてました。というレベルです。参考までに。

スポンサーリンク

 

留学当初の数週間

イギリス渡ってきて最初の数週間。毎日が新しいことの連続。新しい場所、新しい人。ハウスメイトはイギリス人5人、ハンガリー人1人。そこに僕。

みんなめちゃくちゃ英語うまかったし(当たり前)、喋るの早いし。最初の挨拶の時は、ハウスメイトはシャイなのか、ありきたりな事言ってるから理解できてましたが、その親父さんなんか気前よく喋られると、もう何がなんだか分からない。

大学の授業も、数学以外は何言ってるかよく分からない。(数学だけは日本で英語で少しやってた。)
友達に”Hey what’s up!”って言われて、「What’s upってなんやねん」って思ってましたからね。

だから、毎日知らない英語との触れ合い。

簡単な単語や、よく使われてたフレーズ、一言の中でも特に簡単なものは、すぐに自分でも使えるようになりました。ちょっとずつ喋れるようになりました。

はい、以上。

そう、これで終わり。

最初の数週間、どころか最初の一年、これ以上の成長はなかったと言ってもいいでしょう。

これはつまり、”英語に慣れた”状態でした。習得でもなんでもなく、ただ慣れただけ。

なぜ慣れただけなのか?それは、僕がインプットをしっかりしていなかったのと、アウトプットが全然足りてなかったことに他なりません。

ただ通り過ぎていく英語を眺め、たまにヒョイっとつまみぐいしてた。体系的でもなければ、数もこなしていない。当時は英語で話してる時間よりも、日本の彼女と電話してる時間の方が長かった気がします。

それでも何もないところから慣れるようになると、少し変わります。英語がどんなスピードで話されてるものか分かるし、少ないにはせよ、実際に使われてる単語や文章も分かります。非ネイティブの早すぎない英語なら、それなりに会話も弾みます。

英語上達の目線で見ると、明らかなる失敗の期間ですが、同時にめちゃくちゃ長い準備体操の時間だったとも言えます。朝起きてからラジオ体操72回ぐらいしたようなもんでした。

 

ネイティブ英語を真似しだした時

留学2年目になって、危機感を覚えた頃。
「今年はやるぞ」と、意気揚々。今までめんどくさがってやってなかったけど、とても効果があるとよく言われる勉強法を、徹底的にすることにしました。それが、

映画・ドラマから英語を学ぶ」という方法。

これが一定の効果があったと思いました。まあ、だから多くの人が効果あったと言ってるんですけど。

実際にやったことは、

  • BBCドラマ”Sherlock”を観る
  • 英語字幕で観る
  • 何度も観る
  • 全セリフをシャドーウィングする
  • 字幕なしでもセリフについてけるように、何度でも繰り返す

毎晩1時間ほど、それを2ヵ月ちょい。もうこれしかないと、ただひたすらにやってました。突然の背水の陣。

観たことある人は知ってるかと思いますが、ベネディクト・カンバーバッチ氏演じるシャーロックが、喋るの早すぎて息つぎ全然しなくて、競泳してる気分でした。

しかしあのスピードを、たとえ無理矢理にでもついてけるようにすると、実際に喋る時に楽になりました。付加疑問文とかは、かなりスムーズに出てくるようになりました。
言葉に詰まっても、シャーロックが言葉に詰まってる時のマネをし、どもってました。似非シャーロック気分。つまり変わった人。

それまでの英語が、どこか”教科書的”、あるいは”非ネイティブの喋る英語の域”だったのが、ここから”ネイティブ英語”のスピードに進化し始めます。スピーキングよりも、リスニングの意味で。

この勉強法は、ほんまに効果ありまっせ。
でも、完璧ではありませんでした。

 

ある日、英語を言い訳にできなくなった

2年目も終わりに近づいた頃、ぼちぼちと関わっていたFormula StudentというSociety(サークル)で、部門リーダーになることになりました。

なんで英語できひんのに、リーダーなんてなれんねん!?と思われた方、正しいです。僕もあれは、奇跡だと思っています。トリックです。策略です。詳しいことは以下の記事のクライマックスで触れてます。

イギリスの学生フォーミュラチームで、チーフ空力デザイナーになりました
こんにちは、イギリスで大学生してるわたぽんです。今日は近況報告。 イギリス・サウサンプトン大学の学生フォーミュラチームで、チ...

リーダーになるということで、いよいよ英語を言い訳にできなくなりました。別に誰かに陥れられたとかじゃなく、自分で飛び込んだのですが。

イギリス人に囲まれたチーム内で、まだ何も知らない僕ができることはただ一つ。

「聞いて、学んで、従う。」

毎日周りが何話してるのか、ぼんやりとは分かるけど、やっぱりよく分からない…という中、がむしゃらに先輩達から学ぼうとしてました。

それが実質初めてだったんですよね。ネイティブのイギリス人達と毎日話して過ごすということが。

 

意外かもしれませんが、留学って案外、現地の言葉を話さなくても生きていけます。社会が発達したから、そしてネットもあるから。講義は英語だとは言え、講師の話す英語とネイティブの友達の喋る英語には、明らかな違いがあります。僕のいる大学では、講師の話す英語はどちらかというと、聞き取りやすい、英語学習者にも分かりやすい話し方をする人が多いです。

5月の終わりには分からないことだらけだった僕でも、7月の半ばには色々と分かりだしていました。2年目が終わった夏に家族と海外旅行に行った時に、「ああ、そういえばだいぶ英語話せるようになってきてる。」と感じました。

喋れるようになるには、実際に喋るしかない。
ネイティブ英語を理解できるようになるには、実際に彼らの話す言葉を飲み込んでいくのが手っ取り早い。

当たり前のことをやっと実感した、2年目の終わりでした。

 

開発で必死だった時

それでもやはり、まだネイティブと肩を並べることはできてません。まだ、それなり。

こっからどうやったら上達するのかなーと思っていた矢先、そんな事考える暇もなくなる日々がやってきます。

悔しいと言ってるだけじゃ何も変わらない
何も成果がないのに書くのって嫌なんですけど、やっぱり悔しいので書くことにします。 夏頃、僕は未来に思いをはせていました。 ...

ただただ必死に、目の前のことに取り組んでいた頃。部門リーダーとしてチームの開発を引っ張っていく立場だったから、自分だけじゃなくて、チームメイトにも指示を出したり、自分の案を伝えたり、逆に相手の意見を聞いたり。

そうやって過ごしてるうちに、話す方の英語も、少しずつ上達してきました。自分が言いたいことを、言えるようになった。

大事なことが、繰り返し学びました。

「実際に喋るのが一番」

 

逆にダメだった勉強法

ダメだった…というより、それ単体じゃどうしようもないでしょうということにも、手を出してました。

よくあるやつ。そう、単語暗記。

数をこなせばなんとかなる!なんて思ってたけど、全然効果なかったです。スマホ使って、やってたけれど。と言っても、悪かったのは当時の僕のやり方もあります。

単語暗記単体で効果があるのは、初期段階。海外の大学へ進学するような奴は、行く前に終わらせとけって段階。それ以降は、暗記だけじゃ前に進めません。

必要なのは、学んだ単語を実際に使うこと。
いくら単語帳で学んでも、実際に喋らなければ、実際にレポート書く時に使わなければ、いとも簡単に忘れます。無駄になります。

下手に単語だけをやるよりも、ドラマを何度も観て、出てきた単語を何度も発音して、セリフ覚えて…そうやって手に入れた単語やフレーズの方が、最後に頭の中に残ってきます。

高校の頃、似たようなことを何度も先生に言われたような気がするけど、やっと分かりました。

 

わたぽんのまとめ的なにか

実際に喋るのが一番。とは分かっていても、留学当初から周りとガンガン喋るなんて、誰もができるわけじゃありません。僕がそうだったから分かります。喋れる人が「なんで?」と聞いても、人には各々の性格なんかがあります。

確かに僕の英語力の成長は遅かったと思います。が、一つ一つ、確実にステップアップしていったというのが、その分はっきりと分かりました。

こう振り返ってみると、”なにかに必死だった”というのは、一つの共通項のようになっています。本当はここに、「ネイティブの彼女がいたとき」なんて項目足せれば良かったのですが、まあ、人生色々あります。ちなみに周りの留学生達から聞いた、英語がうまくなった時ランキング1位は、「海外の人と付き合ってた時」です。

つまり、「英語の勉強法をググるよりも、今すぐ外に出て現地の良い女の子・男の子を探せ」ということで。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top