英語の勉強するなら意識したい「身の周りの英語化」は本よりも安くて効果的

こんにちは、イギリスで大学生してるわたぽんです。

「留学すると英語が喋れるようになる」例は多くあります。僕もイギリスの大学1年目で、会話だけでなく、リーディング等も以前より少し上達したかな?と思います。

なぜでしょうか?

様々な要因はあるでしょうが、一つの大きな理由は、周りを”英語に囲まれて”生活しているからです。朝は”Good Morning”で始まり、授業は英語で、夜は”Good night.”とでも言って眠りにつきます。

それなら、日本でも同じように「身の周りの英語化」をすればいいんじゃないでしょうか?

本日は英語の学習本を買うよりも安く済んで、実際によく使う英語の学習にもなり、海外の雰囲気も味わえる(?)「身の周りの英語化」のすすめに詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

 

「身の周りの英語化」は英語学習に適していておすすめ

日本では、人々は日本語を話し、机にある本は日本語で書かれ、パソコンの日本語で設定されています。僕たちはまさに、日本語に囲まれて生活しています。

そんな日本語に囲まれた状況の中、授業や本で英語の勉強をするのは、あまり適しているとは言えません。

使う機会がないですから。

授業で英語を学んでも、授業が終わればそこは日本語の世界…では、学習効果も薄いでしょう。かと言って外国人に話しかけるのは気が引けるし、海外留学はお金がかかりすぎるし…という人もいるでしょう。

そこで、「身の周りの英語化」の出番です。

「身の周りの英語化」とは、あなたの身の周りの”日本語”を、なるべく”英語”にしていくことです。例えばスマホの設定を、日本語から英語にするとか。

イメージは、海外留学。
イギリスの地方都市の学校に留学し、周りに日本人もほとんどおらず、本も授業も銀行もテレビも、全部英語。もう英語が分からないことには生きていきないような状況で必死に英語を学び、できるようになっていく…。それを日本で、しかも自宅で、なるべく似せてみようという感じです。

「自宅をイギリスにするイメージ」

とでも言いましょうか。自分を英語の世界に追い込むのです。

スマホを見ても、イヤホンをつけても、Facebookを開けても、迫って来るのは英語ばかり…となれば、英語学習にも良い影響があるし、英語を勉強しようというモチベーションにも繋がります。最初は何をするにも時間がかかってしまいますが、その内英語に慣れてきてる自分に気づくでしょう。

 

英語学習本を買うのは後でいいから、まずは英語化を勧める理由

英語化は、気付いたらすぐに始めるべきです。

そう、この記事を読んだらすぐに始める勢いで。

今までに買った英語学習本は、一度閉じてください。文法や単語の本とは言えど、多くが日本語で書かれた生ぬるい本です。

英語学習本を買いに行く必要も、今はありません。強いていうなら、電子辞書などはあると良いでしょう。でもそれ以上本にお金をかける必要は、とりあえず今はありません。

「身の周りの英語化」は、無料でできるものが多いです。今から10秒でできるものもあり、即効性があります。

そして、英語学習本をよく買う人には、理論ばかり学んで実際の英語にあまり触れてない傾向があるでしょう。

もし英語で論文書ければ良いという程度なら、本で十分でしょう。しかし多くの英語学習者は、せっかくなら英語で話したり、何が書かれているか理解できる力を高めたりしたいはず。それなら、実際にネイティブの使っている英語を知ることはとても大切です。

簡単なスマホの設定をいじりたくても、英語なら時間がかかるかもしれません。そんな中でも、単語を調べ、曲りなりにも設定を変えて…ということを繰り返していると、頭の中に”理論ではイマイチ分ってない”けど、”経験的になんとなく分かる”ことが増えてきます。

そのタイミングで文法書などを見て、「あ~~~」と理論でも納得するのは、とても効果的です。

先に本で理論を勉強して…というのは、どちらにしろ時間もかかるし、切羽詰まってもいないからサボりがち、具体的なイメージが湧かないから頭に残りにくい…となります。

ゴチャゴチャ言う前に、まずは英語化してみましょう。

 

時代の進歩で英語化はしやすくなった!

wpid-screenshot_2015-08-25-15-41-01.png

ネット技術の進歩等により、身の周りの英語化はかなりしやすくなりました。

スマホやPC等のデバイスの英語化は元より、ニュースを英語で読むということも簡単にできるし、使っているSNSの英語化も容易です。FacebookやTwitterで海外アカウントをフォローする等で、タイムライン上も簡単に英語で溢れさせられます。

Apple MusicやAWAでは洋楽を聴けるし、YouTubeでは英語の動画をすぐに探し出せます。

インターネットが乏しかった時代などでは、英語化はこんなに簡単なことではありませんでした。普段使うのはテレビだから英語化なんてできないし、情報源も日本語の新聞などばかり。今の方が英語に触れることは容易なのです。

逆に言えば、海外留学に行っても日本語に囲まれることも難しくないわけで…笑

次ページでは、英語化の例と注意点を紹介します。

Pages:

1

2

Related post

Comment

    • Choco
    • August 26th, 2015

    ブログとかよく分からなくて初めて読んで初めてコメントします。
    あなたは本当に20歳なの?まだ少ししか読んでいないけど面白いし関心して引き込まれました。
    私は2週間前に旦那とエクセターに来たばかり。
    英語は全くの苦手。むしろ嫌い。でも住まなきゃいけないから頑張ろうと思い、あなたのブログを見つけました‼︎今日から読ませてもらいます♪

      • watapon
      • August 27th, 2015

      コメントありがとうございます!
      イギリスにおられるのですね!英語のことはたまたま最近書いてるだけでしたが、よろしくお願いします笑

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top