ベルギーの食べ物がうまい…チョコレート、ビール、ポテトの国は、サンドイッチもうまかった。

ベルギーから連想されるものは、食べ物が多い。

こんにちは、ベルギーで食におぼれてきたわたぽんです。ワッフル、チョコレート、ムール貝等は、「ベルギー おいしい物」から導き出される代表的な組み合わせでしょう。今回ベルギー行きを選んだ背景には、イギリスでの食事にうんざりして美食を求めていたとか。

何かに期待していくと、裏切られることが多い。それは多くのことに当てはまり、まあ大抵は相手の不手際というより、自分の過度な期待によるもの。その点をしっかりふまえ、僕はほどほどの期待を胸にベルギーへと降り立ちました。そしてこれが、1週間で得た「答え」です。


20141216_113817519_iOS
17053029951_fac327b3b3_k
20141216_163734171_iOS
16433722193_1bfbd6a0a5_k17052189772_391278ee97_k

上から順に、リエージュ風ワッフルいちごのせマロンコンフィットシュークルートブリュッセル風ワッフル with Advocaat代表的なベルギービール

動画版もどうぞ

ところで、何がベルギー食の特徴なのでしょうか?個人的に調べ、考えてみた結果、以下の4つのことが言えるのではないかと思います。

 

フランスとドイツに挟まれた好立地

belgium map

ベルギーはフランスとドイツに挟まれた小国。フランスと言えばフレンチとしても名高いおいしい料理が有名で、ドイツもソーセージとビールが代表的ながらも味には定評があります。そんな両大国から影響を受けているから、ごはんがおいしいのでしょう。例えば上のシュークルートは、フランスの料理。ですがベルギーでもおいしいものが楽しめました。(写真はクリスマスマーケットでのもの)

 

街中のサンドもうまい

驚いたのは、そこらへんで買ったサンドイッチやパンまで美味いこと。駅で時間ないから…てきとーにこの店ですまそう…そのつもりが、思いのほかおいしい。値段はイギリスと同じぐらいで、3ユーロ。でも同じ値段なら量、味、共にベルギーが勝っています。

ちなみに僕が朝ごはんでよくお世話になったのがPanosというパン屋さん。駅、街、どこでも見かけました。チェーン店でありながら、比較的リーズナブルでおいしかったです。最初に期待せずに買ったフランスパンのサンドイッチを電車の中でかじった時、パンからほんのりとうまみが感じられたことに感動しました。隣国フランスの影響でしょうか。イギリスの安いチェーン店ではパンからのうまみなどなかったです。調べてみましたが、Panosのウェブサイトはオランダ語、イギリスには店がないようです。無念…

スポンサーリンク

 

お菓子のうまさが際立つベルギー

ふつうのごはんもそうですが、ベルギーの強みはやっぱり「お菓子」ではないかと。チョコレートとワッフルを先頭とし、クッキーや果物を組み合わせ、僕たちを魅了してきます。特に街に漂う甘い香りは罪深きもの。狭い通りにワッフルの香りが漂ってこれば、逃げ道はありません。

ちなみになぜベルギーでチョコが有名かと言うと…歴史がからんでくるそうです…ぐぐればたくさんでてきましたよ!「ベルギー チョコ なぜ」で検索検索!(汗)

ベルギーに行ったらお金がなくても何か「お菓子」を買いましょう。1ユーロのワッフル、1つ2ユーロ近くする小さいチョコ、1枚から買えるクッキー、どれを選んでも味に感動します。

お土産にはこのお菓子が安定ですよね。このクッキーのサクサク感とバターのきき具合は、個人的に大好きです。

デストルーパー バタークリスプ 100g 2個セット

新品価格
¥1,015から
(2014/12/25 20:12時点)


ただしAmazonだけでなく、輸入食料品店などでも買えるベルギー菓子ですので、他人へのプレゼントには他の物の方が良いです。あくまで自分用。笑

 

ビールがたくさん

16865956568_54bc957095_k

ベルギーが美食で有名なのと共に、ベルギービールも有名。イギリス人のフラットメイトにベルギーの事を聞けば、ビールビール!とうるさかったです。お酒大好きなフラットメイト…さてさて、ベルギービールには、それぞれ専用のグラスがあるとか。ベルギーのバーで聞いた話ですが、缶ビールで飲むと苦みが増してまずくなる。それぞれに合ったグラスで冷えたものを飲まなければ、本当の味は分からない、らしいです。

ベルギーには1132種ものビールがあり、実際にグラスで飲むととてもおいしい。そう、おいしいのです。イギリスでビールがおいしいなぞほとんど感じたことなかったのですが、ベルギーのビールはおいしかったのです。このおいしいビールがベルギーの「食」をさらに引きたてているのでしょう。

まとめ:とりあえずベルギーへ行こう!

ベルギーの食の美味さは本当です。お金がなくても、イギリスのように悲惨なものを食べなくてもいい。お金に余裕があるなら、ビールと共にゆっくりとごはんを楽しめますよ。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top