4月の初めはまだ寒い、イギリス・St.Ivesへの再訪(2) ~おいしいFish & Chipsを求めて~

前編はこちら:4月の初めはまだ寒い、イギリス・St.Ivesへの再訪(1) ~おいしいFish & Chipsを求めて~

イギリスの南西、コーンウォール地方にある海沿いの小さな町、St.Ives。海沿いの道をふらつき、シークレットビーチに行ってみようとして突風にあおられた後、目的としていた「おいしいフィッシュアンドチップス」のお店へ向かうことにしました。

スポンサーリンク

 

フィッシュアンドチップスのお店”harbour”

16866949858_eb6308513d_k

向かったのがこちらのお店。僕は今までにフィッシュアンドチップスをイギリス各地で食べてきたというわけでもないので、大きなことは言えないです。しかし「イギリス一うまいフィッシュアンドチップス」と言っても、決して大げさではないと思います。

ここ、”harbour“はSt.Ivesの海沿いにある、モダンなお店。大きくとられたガラス窓のおかげで、店内は明るく、広々と見えます。

17053269822_a8907d3038_k

実は、メニューにフィッシュアンドチップスというものがあるわけではないです。。フィッシュアンドチップスを食べようとするなら、魚フライの欄から好みの魚を選び、サイドにチップス(フライドポテト)を選ばなければいけません。フライには、cod(タラ)やsalmon(サーモン)など。おすすめは一番上に書いてある、cod。フィッシュアンドチップスには白身魚が合います。

ちなみに他には焼き魚や、ソーセージ、サラダ、その他サイドメニュー等が選べます。フライドポテトだと多いかも、という場合には、フィッシュ&サラダも良いですよ。

さあ、店内の写真を撮ったり、友達と2年前の思い出話をしていると、料理はすぐにでてきました。夏に行ったときは混んでたので、もっと遅いイメージだったのですが、空いてるとやはり早いようです。

16868513929_7401efe7c6_k 16866952158_5025525f9c_k

見ての通り、かなりでかい。こっそり野菜チップスもアクセントとして混じってます。

あとはイギリスのレストランのお約束、自分で味付けのお時間。塩、ケチャップ、ビネガー、レモン、ブラックペッパー、お好みの味にカスタマイズ。ですが驚きなのは、レモンをじゅっと魚のフライに絞って食べるだけでも、十分おいしいこと。まずはシンプルに、魚のフライを食べてみましょう。

量が多いので、飽きないように味付けを変えていくのがポイント。僕のオススメはビネガーで少し酸っぱくすること。チップスには塩、ケチャップを適宜。油っぽいものが苦手な方には、特にビネガーであっさりさせるのが良いでしょう。

用意されているのはこちらのモルトビネガー。中々良い味です。

エイチ・アンド・アイ サーソン モルトビネガー 250ml


ちなみにケチャップはおなじみ、ハインツのものが主流。

ハインツ トマトケチャップ 460g 2個

アツアツのフライ、中にはホクホクのタラ。ボリューミーなこの一品を食べれたことに、僕は幸せを感じました。なんといっても、このお店のフィッシュアンドチップスは、イギリスで初めて食べた、イギリスらしい物だったので、僕にとっては記憶にも残るものです。

 

町の内部とティータイム

フィッシュアンドチップスをいただいた後は、町の内側の方へ入っていきます。

16847315677_830ce2be64_k

雰囲気の良さそうなお店が並ぶ通り。ベーカリー、雑貨屋さん、アトリエ、カフェ等が軒を連ねています。

17053916771_351464cb6d_k 16432292814_266bb70d6b_k

こちらはファッジと呼ばれる、甘い砂糖菓子?キャラメル?のようなもの。

16867150960_c645826abe_k

僕には甘すぎます。

お店を覗いてみたりしつつのんびりまわっていきますが、すぐにほとんどの場所を巡りきってしまいます。なんせSt.Ivesは小さな町。電車の時間までまだしばらくある、雨もまた少し降ってきた。こうなれば行く場所はおのずと決められてきます。

16868502739_296fb68d5f_k

Cornish Cream Tea

どのカフェに入ったのか、名前は覚えていません。しかしクリームティーは美味しかった。Rodda’sのクロテッドクリームに、手作りストロベリージャム、スコーンは店内で焼いたもの。これを紅茶とともに。贅沢なティータイムです。これで3ポンドもしなかったはずですから、時間があいたらちょっとクリームティー、ってのもコーンウォールでは良いですね。

店内もきれいで、明るかったです。

16867150390_784b651cfd_k

帰り際、そろそろ電車の時間という頃に、海沿いの道へ出ると、友達が言ってたとおり、潮が満ちてきていました。

16868499419_f11b7507c9_k 16847311447_de0be1e25b_k

この感じが、この町の風景が僕はやはり好みかな。夏の晴れた日には、さらに美しく見えます。小さな町にさよならを言いつつ、電車で泊まらせてもらっている友達の家へ帰っていきました。

 

ロンドンからも電車で一本、機会があればぜひ

電車で5時間と聞くと、かなり遠い場所のように思えます。しかし南西の端に位置するコーンウォール(Cornwall)へは、ロンドン・パディントン(Padhinton)駅、もしくはウォータールー(Waterloo)駅から一本。1時間に1本ぐらい走ってるという、案外利便性の良いところ。St.Ivesへは、終点のひとつ手前で乗り換えてすぐです。

一味違うイギリスを、ぜひ味わってみてください。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top