4月の初めはまだ寒い、イギリス・St.Ivesへの再訪(1) ~おいしいFish & Chipsを求めて~

その町へ再び訪れたのは、決してフィッシュ&チップスを求めて…だけではありません。そこには美しい波打ち際、小さくてかわいらしい町並…。かつてこの町をモチーフにした絵画は、多くの画家達を有名にしました。そして今も、ひっそりと同じく美しい景色が残っています。

イギリスの南西の端、コーンウォール地方にある小さな海辺の町、St.Ives。

4月の初め、まだまだ寒いイギリスのSpring(あえて春とは言わない)に。

スポンサーリンク

(長くなってしまうので、この話は2つに分けています。)

 

2年ぶりのSt.Ives

St.Ivesの駅に降り立ったとき、なにかが違いました。2年前に訪れたときは、夏の晴天、風も穏やかなプール日和。

17044725871_76f11d3854_k

しかし今回は「曇り時々雨、突風注意」という春のイギリスらしい天気。

17053306092_b8ee8ba2a7_k

 

だからか写真映えも全く違います。
季節的にも夏のような混雑はなく、特にビーチはあっけらかんとしていました。

16432332404_9a4fcfd63e_k

僕の知っていたSt.Ivesとは違う点がもう1つあったのですが、それは後ほど。

少し残念な気持ちはありつつも、ビーチで写真をいくつか撮った後、町の方へと向かいます。
St.Ivesの良いところの一つは、ビーチが町と駅からとても近いということ。そのため夏は混みます。町へは細い道を、白を基調とした建物の間を通り抜けながら。やっと車1台+歩道の広い道になるのは、町のメインストリートの一つに出てから。

16434596193_29291b1fd9_k

楽しみにしているフィッシュアンドチップスのお店とも2年ぶりの再会。ですがランチにはまだ少し早い時間だったので、海沿いを歩いていくことに。

海沿いのこの道は、どちらかというと観光客向け。お店も全体的には高いです。しかしところどころ良いお店があって、例えば後で紹介するフィッシュアンドチップスのお店、Cornish Pastyのお店、値は張るけどおいしいらしいバーガー&ステーキの店なども軒を連ねています。(どちらのお店か興味ある方はTwitter等でご連絡ください。)

道沿いにはしっかりしたお店だけではなく、露店も。こちらはこの地方特有のカゴを作っているところ。

17053927901_55aa16a1df_k

「この人はカゴを作ることしか教わらなかったの。」とイギリス人の友達は言います。なんだか深い意味がありそう。しかし同じところでは、黄色い、鮮やかな花も売られていました。

16432296194_484b9818e0_k

この黄色い花は、イースターと関連する”daffodil”という花。花が咲いたときに、黄色い花弁の中からオレンジ色が現れるのが美しいらしいです。咲いた花の画像検索をしてみると、たしかに、これはきれい:daffodil – 画像

友達がこのお花を両親にと買っていたのを待って、少し砂地の方へ降りていきます。

17054749295_763b4ed999_k 17054749245_6a51b2e4e5_k

僕はこの頃には気付いていました。以前来たときには、海が町のすぐそばまで迫っていたのに、写真のように海水はなく、砂浜に船が散在していました。気候変動なのか?すかさず地元の友達に尋ねると、ただ引き潮なだけだと。「潮が満ちると元に戻るよ。」と笑顔で教えてくれる友達に感謝しつつ、なにか殺風景な引き潮の様子も良いなと思いました。

町の端まで歩いていく。その途中にも、内陸側の建物の間には細い路地が奥へと繋がっていて、海側ではカモメが観光客のごはんを狙って飛び回っています。

端まで来たところで、地元のイギリス人の友達が「良いところあるよ!」と。そこはいわゆるシークレットビーチというやつ。観光客は行かず、地元の人がこっそりと海水浴を楽しむ場所。

16434604503_b3f8fed2dd_k

町の端から伸びた海沿いの石造りの道を進んでいくと、その先に待っていたのは、白い砂浜のビーチ!…ではなく、突風。春の嵐。吹き付ける海からの強風と細かい雨のしずくには、さすがのイギリス人も「ごめん、町の方に帰ろう…」と弱気なことを言いだすほど。遠くの方に浜は見えましたが、夏に来ないと良さは分かりづらいですね。

シークレットビーチを求めて散々な目にあったところで、そろそろランチの時間。

僕「Shall we go to have that fish & chips?」
友達「Good idea!」

笑顔で答えた友達は、僕よりもフィッシュアンドチップスを楽しみにしていたような。地元の人も認める味です。(イギリス人の認める味です…とブラックジョークを言いたいところですが、本当においしいところですよ。)

さて、予想よりも長くなってしまったので、フィッシュアンドチップスと町の内部については別の記事として書くことにします。

4月の初めはまだ寒い、イギリス・St.Ivesへの再訪(2) ~おいしいFish & Chipsを求めて~

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

わたぽん(@wataponf1_uk)
高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでのインターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。詳しいプロフィールはこちら

ブログ「わたぽんWorld」について

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。2014年に運営開始。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。
テーマは夢とイギリス留学。僕の生き方が励みになると言っていただくことが増えてきて、とても嬉しいです!

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでの1年インターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

わたぽん英国写真集 by Instagram

アーカイブ

Return Top