ファウンデーションコースでの英語力の目安ってどれくらい?~サウサンプトン大学の理系ファウンデーションの場合~

クリスマス休暇前に提出する最後の課題:実験レポートを、7割ほど書き終えて、テンションあげあげのわたぽん(@wataponf1_uk)です。本当にテンションが高いので、最近聞いた曲から一曲紹介してから。

(Twitterでは以前紹介したものです)

さてさて、今回のテーマは「ファウンデーションコースでの英語力の目安」です…が1つ、大きな問題があります。というのは、僕のいるコースは他のファウンデーションコースと大きく違うようなんです。まずはそのあたりのことを軽く触れてから…

スポンサーリンク

 

サウサンプトン大学のFoundation Course

サウサンプトン大学には、大学学部進学希望者へのFoundation Courseと、大学院への進学希望者へのFoundation Courseがあります。僕がこれから書くのは大学学部前の方。英語力やイギリスと他国の教育システムの違いなどの問題を抱える生徒が、学部進学前に1年通うコースです。別名:問題児の集まるクラス(なんて言われてません。)

サウサンプトン大学のファウンデーションコースが他の大学等とは違うのは、イギリス人がいること。多くのファウンデーションコースでは、留学生用。ですがサウサンプトン大学にはイギリス人がうじゃうじゃいます。彼らはA Level(高校のような感じ)で学んだことと、大学で学びたいことが違う場合にこのコースに来ます。ゆえに、英語力に関する敷居が、他の大学のファウンデーションコースとは違います

だから僕が今から書くことは、いわばハイエンドと認識しても構わないです。(僕自身はロウエンド)

 

Foundation Courseでの英語力の目安

入学の際に、英語力は尋ねられます。たいていIELTSで提出する方が多いと思いますが、だいたい4.5 ~ 5.5。サウサンプトン大学は入学基準がOverall : 5.5で、4つのセクションすべてでも5.5を超えていなければいけません。(一部特例はありますが、ここでは省略。)

しかし、入学基準は最低レベルと覚悟

IELTS 5.5では、大学入ってからおおいに苦しむかと思います。ではどのくらい取ればいいのか?

僕のいるサウサンプトン大学のFoundation Year with Engineeringでは、入学後に分類されます。聞いてません、そんなこと。いきなり分けられる、というか既に分けられています。基準は一つ、

 

「IELTS 6.5を超えているか否か。」

 

いきなりすぎですが、教授のマシンガントークに文句を挟む隙はない。僕は実力…ではなく時の運でOverall : 6.5を超えていたので、自動的に英語できる人達クラスへ。何を隠そう、イギリス人うじゃうじゃクラスです。その時は「イギリス人と一緒に授業受けれる!よっしゃ、頑張るで!」と思っていたのですが、僕は忘れていました。講義や課題での英語力への配慮が少ない、というかほぼないということを。

問題は僕が運で取ったIELTS 6.5で彼らに立ち向かえるかというところ。

うん、無理でした。笑

じゃあ6.5ではダメだ、もっと取らないと。というわけではありません。僕の友達ではIELTS 6.5の人もいますが、彼らはふつうにイギリス人と話せています。英語力への不安はなさそうです。(なかにはOverall 8.0という強者もいます。)だからIELTSは目安の1つだけど、それだけでは決められないということ。

というわけで、IELTSを使わずに、言葉で頑張って表してみましょう。

「イギリス人と日常会話はでき、講義で教授が何を言ってるかも分かる。講義ノートを読んだりしても、分からない単語で詰まるようなことはない。留学生仲間での会話はしっかりフォローでき、笑顔でハキハキと話せる。ただ、話すときに使う単語はそんなに難しくないし、スラングもあまり知らない。だからスラングで総攻撃してくるイギリス人に出会うと、辛い。提出物でライティングが必要なときは、基本的には問題はない。でもちょっと不安はあるから、できればイギリス人にチェックしてもらいたいな。」

これが楽しくファウンデーションコースで生きていくための、平均的な英語力です。少なくとも日常会話で詰まりだす人はやばい。ライティングをイギリス人の友達に”so bad”と言われるような人はピンチ。問題文をちゃんと理解できないと、大変。あ、これすべて僕のことです。汗

16865260878_03ba411d3e_k

ただし英語力を伸ばしていく土壌はしっかりあります。留学生仲間はみんな高い英語力を有し、ときにはコース内でイギリス人へも特攻することができる。下地があれば、ぐんぐん伸びていくと思います。下地とは、単語や文法の知識と、ある程度の発音とリスニングです。

ちなみにIELTS 6.5以下が集まる方に分けられると、イギリス人と一緒に講義を受けれない可能性があります。周りの生徒も、IELTS 6.5以上が集まる方に比べると、物足りなさはあるかもしれません。

 

まとめ

もし仮に、サウサンプトン大学のFoundation Year with Engineeringに進学したい!という、とても限られた人がいるなら、こうアドバイスできます。

「IELTSではOverallで6.5を取り、日本にいる間に、少なくとも単語はしっかり鍛えて、できれば日常会話はなんとかこなせるようにしておくと良いよ。」

同じサウサンプトン大学のファウンデーションコースでも、法律や社会学、アートなどの方に進学予定の方は、全員留学生の環境で学ぶことになりますので、ご安心を。IELTSで6.5を取っても、5.5と変わりませんよ、あなたがそのためにした勉強で得た英語力以外は。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top