“NO Pain NO Gain”体を痛めつけるぐらい頑張らないと、成長できないなと思ったので。

最近、思います。努力が足りないなと。まだまだできるのに、楽な方向に流されてるような気がします。個人的なメモになってしまいますが、少し綴ってみます。

スポンサーリンク

 

誰も教えてくれない?

気付いたことの1つがこれなのですが、待っていては誰も何も教えてくれません。僕の行ってるサウサンプトン大学のファウンデーションコース、イギリス人と一緒の講義を受けているおかげで、英語に関するフィードバックがほとんどないのです。(なぜファウンデーションコースにイギリス人がいるのか、後日詳細は書きます。)もちろん自分で聞きにいけば、何かしらアドバイスはもらえるのでしょうが、基本的に英語に大きな問題がないとみなされているので。

でも僕、英語に問題ありまくりです。笑

イギリス人とまともに会話できないし、友達の会話に入れないこともちょくちょくある。そして英文もイギリス人の友達に”so bad”と言われる始末。結構危ない状況です。どうしよう、頑張ろう、うん、でもどれくらい…曖昧に考えながらもそこそこの努力をしていた僕は、友達のある一言がしっくりきました。

“No pain, No gain.”

実は英語も勉強もなんも関係のない、ジムで言われた言葉。友達は筋トレのことを言っていたのですが、僕は勝手に、英語学習に変換していました。というか、すべてのことに変換可能じゃないでしょうか。痛みをともなうほどの努力、頑張りを経て、しっかり成長できるのだと。

そう考えると、僕のそれまでの努力はなんだったのかと。しぼんだ風船のように、とてもむなしいものに思えてきました。毎日8時間の睡眠だとか、優雅に音楽を聞いてるだとか。英語学習だけならともかく、ブログや動画などもやろうとしているのだから、それでは成長できない。だから僕はすべてにおいて、「続けられる限界」を今、模索しています。

例えば睡眠時間は今までの経験とネットでの情報を照らし合わせ、6時間半寝れば健康的かつ勉強への支障も少なくて済むな、とか。他にはiPod内の曲をすべて消し、英語Podcastにするとか。そして毎日1時間の英語の本、雑誌の読書。やるべきこと、できることはたくさんあります。

もちろん、ブログや動画などをやめて、英語等だけに集中すれば、そこまで追い込む必要もなくなるかもしれないのですが、僕はバカですので二兎どころか四兎ぐらい追ってます。だからこそ、時間・努力についてはしっかりしないといけないです。

自分がきついと思うことをやり、自分の糧にしていく。その心意気が僕には足りていなかったです。自分を追い込み、毎日「続けられる限界」を目指せ。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

わたぽん(@wataponf1_uk)
高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでのインターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。詳しいプロフィールはこちら

ブログ「わたぽんWorld」について

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。2014年に運営開始。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。
テーマは夢とイギリス留学。僕の生き方が励みになると言っていただくことが増えてきて、とても嬉しいです!

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでの1年インターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

わたぽん英国写真集 by Instagram

アーカイブ

Return Top