マレーシアにもバス会社の良しあしがあるらしい?

日本でも「高速・夜行・安い」の三拍子そろったバスは色々と問題が起こってるのに、マレーシアだと…嫌でも考えてしまいますよね。

以前、クアラルンプールからペルヘンティアン島という所に行くために、高速夜行バスを利用しました。島へはバスでは行けないので、近くの町、クアラブスッまで乗りました。

スポンサーリンク

 

クアラルンプールに着いたのは、クアラブスッへ出発する2日前の朝。荷物を置かしてもらうために、朝から宿泊予定だったゲストハウスへ行きました。ゲストハウスの人はとても優しくて、クアラルンプールについて、色々なことを教えてくれました。その一つが、バス会社のことでした。

僕が2日後のクアラブスッまでのバスを予約したいと言うと、バス停の場所、どのバス会社がオススメか、時間帯、などを教えてくれました。

【バス停の場所】

まず、クアラルンプールには高速バスターミナルが3ヶ所あるみたいです。クアラブスッ行きのバスがあるのは、その内の一つ”Hentian Putra”というバス停です。”Hentian”とはバス停とかバスターミナルとか、そんな感じの意味らしいです。だから、Putraにあるバスターミナル、という感じ。LRT(クアラルンプールの路線)のPWTCという駅を降りて、少し通路みたいなところを歩いたら、バスターミナルの近くにでます。途中案内もあるんで、多分大丈夫。

 

【おすすめのバス会社?】

さて、ここで冒頭の問題に戻ります。きっとマレーシアにも、このバス会社は危ない、ここはマシ、ここは高い、とかあるんだと思います。ゲストハウスの人は、「クアラブスッに行くバスはいっぱいあるが、乗るのはこの3つのバス会社から選んだ方がいい」と教えてくれました。その候補1位に輝いたのが”Mahligai“。本当は残り2候補も紹介予定だったのですが、後日泊まったマリーナベイサンズに、メモった紙を置いてきちゃいました(笑)ごめんなさい。汗

さてさて、なぜMahligaiのバスが良いのか?それは今も謎に包まれています。もしかしたら教えてくれてたのに、英語力の関係上、完璧に聞き取れていなかったのかもしれません。(記憶では、とにかくこの3つから選べ。と言ってただけやったような…)bus

チケットを買うには、Hentian Putraに行って、各バス会社のカウンターから購入しないといけないです。Mahligaiのカウンターは真ん中か奥か、そのあたりにありました。とりあえず手前ではなかったです。ちなみに先ほどでてきたバス会社3選は、すべて手前のカウンターにはなかったです。まあ行ったらだいたい分かると思います。

Mahligaiバスののクアラルンプール – クアラブスッ間の価格は、48.40RM。40RMでチケットを買えるという情報もあったので、それに比べると割高。それでも1500円くらいで7時間の移動ですから、安いんですけど。

 

【時間帯】

やっぱり夜行バスは危険なのかな?

ゲストハウスの人は、できれば朝出発して夕方クアラブスッに到着するバスに乗った方が良いと言ってました。僕は旅程の都合上、夜行バスに乗りましたが。マレーシアに留学している方にも意見もらいましたが、その方は夜行バスはふつうに乗ってるよ、と言ってました。

 

【実際乗ってみて】

まずバスに乗るまでが大変でしょう。バスターミナルには、バスがめちゃくちゃいっぱいやってきます。その中から探し出すのは、結構難しい。アナウンスはあったけど、余裕で聞き取れないです。あれ英語じゃなかったんちゃうかな。
僕はボケーっと突っ立ってたら、通りがかったおっちゃんがチケットを見て、お前のバスはあっちじゃ!と教えてくれました。多分そのおっちゃんが教えてくれなければ、ずっとさまよって、バスを逃していたでしょう。だからバス停に着いたら、周りの人に尋ねてみましょう。だいたい出発20分くらい前になったら、バスが来ると思います。そこで周りの人に質問スタート、かな。(冒頭の写真がバスターミナルの待合室です。トイレくそ汚い。笑)

バス車内は横3列で意外と乗り心地がいい。バックパックは日本と同様、預けることができました。クーラーはよく効きすぎてると言いますが、Mahligaiのバスはマシだったと思います。それでもだんだん寒くなってきたので、上着は必須でしょう。

businside

途中、何度か途中休憩がありました。真夜中にバスを降りるのも、中々気持ちよかったです。今、旅をしてるんだなぁ。どんな感じの所に着くんだろう。てな感じで。笑

他の方のブログなども見てみましたが、このバスより高級そうなのもありました。それでもこのMahligaiをオススメしたゲストハウスの人は、やはり他の何かを基準にしていたのでしょう…え、わいろ?ゲストハウスの人がわいろ渡されてた!?いえいえ、そんなことはないと思います。。。笑

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

わたぽん(@wataponf1_uk)
高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでのインターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。詳しいプロフィールはこちら

ブログ「わたぽんWorld」について

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。2014年に運営開始。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。
テーマは夢とイギリス留学。僕の生き方が励みになると言っていただくことが増えてきて、とても嬉しいです!

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでの1年インターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

わたぽん英国写真集 by Instagram

アーカイブ

Return Top