【マレーシアの楽園】ペルヘンティアン島にある世界第13位のビーチでの生活

「きれいなビーチに行きたい!」と思ったのは東南アジアへ出発する3週間前ぐらい。急にでてきたにも関わらず、その想いはとても強かった。

そんなわけで3泊4日することにした、マレーシアの東海岸にあるペルヘンティアン島。結構タイに近いところにあります。ちなみにペルヘンティアン島は2つの島で構成されてますが、僕が訪れたのは小さい方のクチル島というところ。

perhentian map

ここはなんといっても、ビーチが綺麗。2012年にだされた世界のベストビーチ13位に輝いたほど。そんなペルヘンティアン島ロングビーチでの生活を、おおまかに紹介します。

スポンサーリンク

 

【人の多すぎないビーチ】

海水浴などと言ったら、大量の人がいて混雑してる様子を想像する方もいるはずです。でもペルヘンティアン島はまだ観光開発が進んでいない島。つまり人も多くないです。日本人の間でも、まだまだ知られていない。

17027623646_a1d4d9db1d_k

僕が過ごしたクチル島のロングビーチはバックパッカーの人も多く、一人で来てた人もいました。カップルや友達同士で歩いてるように見えても、実はこの島で出会った、他のとこで会って一緒に旅してる、という感じの人もいます。

ビーチは噂通りの綺麗さ。美しい海では、少しボートが停泊してるのが気になりますが、気ままに泳ぐことができます。イギリスの海と違って暖かいです。笑

ビーチでパラレルを借りてのんびりと過ごすもよし、サッカーやビーチバレーを楽しむもよし、海でプカプカ浮いてるもよし。まさに楽園のような島でした。

ペルヘンティアン島・クチルで最も人が少ない時間は朝。ちょっと早く起きると、朝日が昇って来るのを心静かに見れます。

16866075640_01c885367c_k

 

【シャレー(宿泊場所)】

僕が泊まったのは「マタハリシャレー(Matahari Chalet)」というところ。ロングビーチの中心地近くにあります。シャレーとはバンガローのような感じのもの。泊まってたのはこんなところです。

16846214067_bfb5d25e2f_k

これで一泊75RM(約2400円)。詳しいことは他の記事で紹介しますが、寝れない、などということはなく良かったです。他にもドミトリータイプのさらに安いところもあれば、リゾートタイプのところもあります。

 

【ごはん】

ペルヘンティアン島ではたいしたものは食べられません。特に僕が行った期間は、イスラム系の人はお休みしちゃう時でした。なのでオープンしてた店も少なかったので大変。

16431186134_73bbad13a1_k

安い店で、だいたい10~20RMでふつうに食べれます。しかしリゾートホテルも2つほどあり、そこのレストランで食べるとさらに高くなります。着いた日の早朝は食べるところが見つからず、しょうがなくリゾートのバイキングで食べましたが、朝食で1000円ぐらい。東南アジアでは高すぎです。でもおなかいっぱい食べれます。笑

17052818371_aa636c72cf_k 16867377309_faee65415d_k

雰囲気も良かったので、貧困生活を送ってないなら、一度行ってみてもいいかもしれません。

ビーチにあるふつうの店では、BBQやマレーシア系・中華系の料理も楽しめます。まあいずれにせよ、ごはんはこの島のメインではありませんね。

 

【シュノーケリング&ダイビング】

目の前にある美しい海には、当然魚などもたくさんいます。そこでオススメなのがシュノーケリングツアー。3か所を2時間ぐらいでまわるコースが40RM。昼ごはんを挟んで5か所をめぐるツアーが50RMでした。安い方のツアーを選びましたが、これがとても気持ちいい。

魚と一緒に泳いだり、カメをまぢかに見れたり、人によっては小さいサメを見たという話も。海も基本おだやかなので、ゆっくりと楽しむことができます。

17053113205_21192ed044_k

ダイビングライセンスがある方なら、ダイビングの方がいいかも。
この島で話した多くの人が、ダイビングも楽しんでいました。ちょっと高いですが、行ってみては?僕はライセンスもお金もなかったので、やらなかったですが…

 

【違うビーチに行く】

ロングビーチからは、他のビーチへボートでいつでも行くことができます。なんせペルヘンティアン島でタクシーと言えば、ボートのこと。ビーチに点在するテントなどで行きたい島・ビーチを伝え、お金を払うと手軽に行けます。値段も10RM~20RMぐらいだったりと、安い。

また、コーラルベイという島の反対側にあるビーチなら、歩いて行くことができます。

16846212737_5a925d29ea_k

坂道アリですが、10分くらいで行けるので行ってみるべきです。コーラルベイの方が物価も安いので、ごはんはコーラルベイで、というのも良いですね。途中でっかいトカゲと遭遇できるかもしれないらしいです。僕はここでは見れませんでしたが。

 

【ナイトライフを楽しむ】

ロングビーチのあるペルヘンティアン・クチル島は、別名なんと呼ばれてるかご存じでしょうか?答えは「パーティーアイランド」です(笑)

毎晩ビーチではパーティーがあり、EDMがガンガンながされ、とても楽しいです。それだけじゃなく、ファイアーショーや、ゆっくりとくつろげるバーなど、夜も非日常を味わうことができます。

17052794821_50038e70ab_k 16865825698_e0af67c744_k

まだ観光開発されきってない、これがプルフンティアン島です。いつか行ってみたくなりませんか^^

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top