データで振り返るイギリス留学一年目

こんにちは、イギリス留学から一時帰国中のわたぽんです。

イギリスでの大学生活について、文章で振り返るのも良いでしょう。小説のように書いたり、まとめ記事風にしてみたり。

だから、データで振り返る留学生活みたいなんがあっても良いなーと思いました。別に難しい統計データが出てくるわけでもないので、チュッパチャップでもなめながら、気軽に読んでもらえたらと。笑

スポンサーリンク

 

日数と地理的データ

16433965633_5572865f73_o

データは2014~2015年の日付を元に取られています。

イギリス滞在日数

航空券によると、イギリスに到着した日は9月17日。そしてイギリスを出発した日は6月25日。つまり「留学1年」というのは厳密には間違っています。

さらに、この9月17日~6月25日の間に、ベルギーとバルト三国へそれぞれ1週間ほど出かけました。「イギリスで夜(0時)を越した日を1日」とすると、合計266日滞在していたことになります。

サウサンプトンデータ

サウサンプトンとは、僕の通ってる大学であるサウサンプトン大学のある街です。あのタイタニック号が出港した街、フットボールチームのサウサンプトンFCの本拠地があるところとして有名です。

人口、人口面積、緑地割合、ロンドンからの距離だけ紹介しておきます。

人口:236,900人(2011年)
人口密度:4,753人/km²
緑地の割合:いっぱい
ロンドンからの距離:約80マイル(約128.7km)

緑地多いです。大学横には森もあります。カブトムシとれるらしいです。わいわい。

ロンドンに行った回数

出発前はサウサンプトンはロンドンから近いんやぞー!って友達に言ってましたが、実際バスで2時間かかります。するとめんどくさくなります。

それでも期間中、ロンドンへは6回行きました。内3回はバスの乗り継ぎ。

他行った国、場所

ではどこへ行ってたかと言うと…イギリス国内では、サウサンプトン以外で3ヶ所行きましたね。

イギリス国内:バーミンガム、コーンウォール地方、ポーツマス
イギリス国外:ベルギー、リトアニア、ラトビア、エストニア。あと、フランスをバスでかすめました。

それぞれの場所へ行ったときの記事も紹介しておきます、ぜひ。

などをご用意してます。

 

学業/金銭データ

16430607504_219275e430_o

 

科目数

僕のいた、サウサンプトン大学のFoundation Year with Engineering(ファウンデーションコース/大学進学準備コース)では、科目は大きく6つありました。

  • Computer Applications
  • Electricity & Electronics
  • Engineering Principle
  • Mechanical Science
  • Mathematics
  • Routes to Success

最後の”Routes to Success”は、良い勉強法や自己分析をする時間。ファウンデーションコース特有の科目です。来年からはない、やったー!

課題の数

海外の大学は課題がたくさんあると聞いていましたが、僕のいたコースではそう多くありませんでした。

レポート作成:2つ
ポスター作製:1つ
パソコン・プログラミング課題:大きく4つほど(言語はPython)
自己分析等、意味不明なやつ:3つ

忘れてるものもあるかもしれません。あとは小テストがちょくちょくありました。来年以降増えると聞いています。

学費

15250ポンド。払った頃は、確か1ポンド=185円ほどだったので、……お父さん、お母さん、頑張ります。

寮費

学費と共に、なんぼで住めるかも気になりますよね。

僕が住んでいた寮の部屋では、週約100ポンド、年間では約4000ポンドになります。支払いを済ませたときで、だいたい1ポンド=180円とか…。年間とは言っても、契約は9月半ば~6月終わりまでです。

食費

ついでに食費もいっちゃいましょう。

初期の外食もふつうに行ってた頃は、月200ポンドの出費。そこから見直し自炊中心の生活に切り替えてからは、最低で月111ポンドになりました。

さらに安いスーパーで買う、購入する食材の選び方を改良すれば、まだ安くできます。が、負担を減らしつつ、食を楽しみつつ過ごすには、僕は月110~120ポンドぐらいが限界でした。

途中からは時間削減も兼ねて、テスコのデリバリーサービスを使ってます。(参考記事:すべて配達してもらえ!イギリスのスーパーのデリバリー事情(テスコの場合))

参加してたソサエティー

学業ではないですが、大学関係なのでここで。

ソサエティーとは、日本で言うサークルみたいなもんです。僕は1年目が最も時間があると聞いていたので、最初は特に、色々参加してました。

  • Japanese Society
  • Breakdance Society
  • SUFST
  • Recreational Badminton

基本的に参加してたのが、以上4つです。SUFSTはSouthampton University Formula Student Teamの略です。

でもSUFSTの活動が、僕のいた部門では前期は毎週集まってミーティングやらベンチテストをしてたんですが、後期は一切なくなりました。ついでにRecreational Badmintonも途中から全く行かなくなりました。こちらは単純にめんどくさかっただけ。

なんでBreakdance Societyに参加したか?それはてきとーに見学行ったら、なんかやる流れになったからです…。見学自体は、野球やテニスなど、さらに色々行ってました。

 

その他ネタデータ

ふと思いついたデータを記していきます。

インスタグラムに投稿したイギリスごはん

2014年10月21日から投稿を開始したインスタグラム。

324枚の写真をInstagram社へ送りつけました。

その内容は、90%が「#イギリスごはん日記」。イギリスでの食生活を、わざわざ写真写り良く残しています。残りの10%はロンドンのカウントダウン花火だったり、ベルギーやバルト三国で食べた物をアップしました。

4/11 #dinner チーズ入れすぎたINハンバーグ #イギリスごはん日記 #meal #料理 #自炊 #cheese #ハンバーグ #hungry

A photo posted by わたぽん-#イギリスごはん日記 (@watapon.f1) on

ツイッター投稿数

膨大。多すぎ。留学する際はツイッターの扱いに気を付けましょう。僕も一時期、ツイッターから完全撤退してました。 参考:【あなたはツイッターをやめたいですか?】ツイッターからしばらく離れて分かったこと7つのこと

友達データ

イギリスでも友達できました。 しかしイギリス人の友達は、実は多くありません。30人くらいでしょうか?よく分からないですが。 他にイギリス国外から来た生徒とも仲良くなりました。イタリア、ベネズエラ、リトアニア、ギリシャ、ハンガリー、シンガポール、バーレーン、アラブ首長国連邦など、様々な国から集まってました。

イギリスで異性と触れ合えた?

もし僕が寮に住んでいなかったら、女性との関わりがかなり薄くなっていたでしょう。フラットメイト6人の内4人が女性で、最後の方は楽しくわいわいしてました。 イギリスでの大学留学生活で女性との関わりを増やしたいなら、 1.クラブへ行く 2.自分から話す 3.アジア系を狙う あたりを徹底すれば、それなりにいけるんじゃない?と思います。参考までに。 僕は遠距離中なので、たまに見かける超美人さんを見て、おおお!って思うぐらいでした。日本にいるときと変わらんなあ。

ケバブ食べた数

10月途中から、2週間に1回食べました。ケバブ最高。

日本帰る前に、ケバブにさよならを告げてきた。 #イギリスごはん日記 #kebab #ケバブ #さよならケバブ #ばいばいケバブ #ちょっと待っててねケバブ

A photo posted by わたぽん-#イギリスごはん日記 (@watapon.f1) on

You know.を聞いた数

めちゃくちゃ聞きました。

“You know”は、「まあ」とか「知ってるやろ?」的な感じで会話中の文頭、文中、文末などで使える、便利ワード。言葉に詰まったときも、使える場合があります。

ラジオ聞いてても、友達と話してても、よく聞きました。

ブログ更新数

82記事も更新したそうです。勉強に集中してない証拠ですね。摘発されちゃう。

単語帳にとった単語数

1115

なんか自分の単語力のなさを感じて、途中単語を集中的にやってた時期がありました。

実際は同じ単語を間違って2回書いたりもしてるので、もう少し少ないです。

まな板を奪われた数

1回奪われました。
フラットメイト2人も後に奪われたと言ってました。

犯人はそんなにまな板欲しかったんでしょうか…。

Spotifyを便利だと思った回数

毎日のように思ってます。Spotify超便利。日本でもAWAとかが出てきて、音楽はストリーミングの時代になりましたね。

お菓子を食べた数

実は、イギリスに来てからお菓子をよく食べるようになりました。

毎日ポテチ一袋(150g)を食べてた時期もありました。

原因は以下の2つ。
・自分でスーパー行って食材を買うから、ついで買いしちゃう。
・自分の部屋にお菓子をよくストックしてた。

まあ食べたら動けばいいんです。

暖房が部屋で入った日数

0日

ヒーター壊れてました。冬は暖房なしで過ごしました。寒かった。

最も利用したスーパー

色々含めるとSainsbury(セインズベリー)という中流スーパーを利用した回数が一番多いです。

途中からはテスコ(というスーパー)のオンラインでオーダーして、寮で受け取る形にしてましたが。笑

イギリスのスーパー事情はこちらから:安さ?品質?それとも階級!?イギリスの食料品スーパー事情と選び方

クラブへ行った数

イギリスでは18歳から飲酒、選挙権などすべて合法に。夜のイベントと言えば、クラブが多かったです。

IMG_3789

 

細かく覚えてないですが、約10回ほどでしょうか。最初は新鮮で楽しくて行きましたが、途中から飽きたのと節約のため、全然行かなくなりました。

 

わたぽんのまとめ的な何か

長々としょうもないデータに目を通してもらい、ありがとうございます。

イギリス留学してるやつには、こんなんもいるんやーと思っておいてください。ちなみに他の多くの留学生が、僕よりももっといろんなとこに頻繁に行ってます

また、学費は上昇傾向にあります。大変な時期に来てしまった…。それにしても、ブログよく続いたなあ。夏休みはブログ書きつつ、ちょっと教養を養います。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top