イギリス・バーミンガムで開かれたAutoSport主催のヨーロッパ最大のモータースポーツショーがすごい

毎年1月、多くの車関係のレースはシーズンオフとなるこの時期、イギリスではヨーロッパ最大のモータースポーツだけにしぼった展示会、”Autosport International – The Racing Car Show & the Performance Car Show“が開かれます。今回はこのモータースポーツショーの様子などを紹介します。

スポンサーリンク

 

Autosport International Showとは

イギリス・バーミンガムで毎年1月に開かれるモータースポーツの展示・ショーイベント。F1、ラリー、ストックカーなどのレースカーの展示の他、最新のスポーツカー(フェラーリやランボルギーニ等)、昔のレースカー、さらにはエンジン、各種ねじ、レーシングスーツの紹介ブースなど、レースに関するありとあらゆるものが集まっています。展示だけでなく、各種レーシングカーが実際に走るショーや、カートもできます。

 

場所・行き方

17052545622_a1161ff915_k

会場はバーミンガムにある巨大展示施設、NEC。言うなら幕張メッセの仲間。バーミンガム市街地からは電車で10~15分程度。”Birmingham International Station”という駅と会場がつながっていて、ロンドンからも直通で来れ、便利です。

 

バーミンガム市街地からの場合、”Birmingham New Street Station”から乗る場合が多いと思いますが、電車には2種類あり値段も違ったので注意。「通常チケット」と「Virgin Trainのみのチケット」があります。Virgin Trainとはイギリスの電車の一つなのですが、Virgin Trainのみのチケットの方が安いです。その分電車の間隔が30分に1本ぐらいになってしまいますが、事前に時刻を調べておけば問題なし。

バスも走っていて電車よりも若干安いですが、電車の方が全体的には便利だと思います。ではイベントの様子をまずは写真でどうぞ。

 

モーターショーの様子

16846591347_83571aadeb_k

イギリスのレースチーム”McLaren”のスーパーカー

16866220658_8245f980d2_k

新しく始まった電気自動車レース”Formula E”のマシン

16867773489_70a74bd2e8_k

レースゲームも本格的に。見つけただけで4つのレーシングシュミレーターを体験できます。(有料の場合あり)

17052524632_034a2c5116_k

最新のF1マシンも、至近距離で。

16431568524_d74a147f24_k

McLarenのブースは”McLaren Honda”へと既にチェンジ。2015年からのタッグが楽しみ。

17053162911_54ad96ba77_k

車よりお姉さん?が気になる人、ちゃんといます。

17053996665_0b681a978f_k

ブレーキディスクの展示・紹介。細かい部品までブースはありました。

16866201208_44f5c4e11b_k

元F1ドライバーのデイビッド・クルサードがゲストで来場。F1についてのトークイベント。ちなみに2014年にケータハムで少し走ったウィル・スティーブンも来場していました。

16846525607_3401c1e1e0_k

もちろん、イギリスの超人気番組TopGearの飼いドライバー”The Stig”も来場。(別に呼ばれてません)

16866218118_66d0014423_k

ショーも充実。レーシングカーが実際に走るのを楽しめます。ゲストで登場した2002年のラリーの世界チャンピオン、Petter Solbergはドリフトで観客を魅了。写真は「タクシーvsミニキャブ」です。笑

 

イギリスで初めて、レース関係のイベントに行ったのですが、規模の大きさに圧倒。日曜日ということもあったのですが、多くの人が訪れていて、文化としてのモータースポーツ人気を感じました。年齢的にはおじいちゃん世代と孫というセットが結構ありましたね。

扱っていたのはF1などの有名どころだけでなく、イギリスの草レース的存在のマシンも多く展示されていたのが良かったです。しかしなんといっても最大の見どころはレーシングカーによるショー。目の前のショートトラックを、各種マシンが高速で走りぬけて行く爽快感と騒音は感動物。たまにネタ系(先ほどのタクシーvsミニキャブなど)もあっておもしろかったです。

問題点をあげるなら、飯のもーたー高さとまずさでしょうか。超高価なホットドッグが冷凍でまずいなんて当たり前です。イギリスであることに変わりはありません。かばんにサンドイッチでもしのばせておくと良いでしょう。

2015年は一日券で手数料込で34ポンド。当日に会場で買えば35ポンドでした。クラークへ荷物や服を預ける、公式パンフレット冊子の購入なども会場でできましたよ。ちなみに最終日の最後の最後まで残っていると、レーシングカーのカレンダーやポスターの割引の他、F1雑誌の最新号を無料でもらうことができました。

 

まとめ

ただかっこいい車が見たい人、自分で車を改造したい人、誰かにお土産を買いたい人、最新マシンを詳しく見たい人…モータースポーツ好きならどんな人が来ても楽しめる、そんな空間でした。34ポンドと決して安くはないですが、日本ではない体験を味わえると思います。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top