NHKラジオ英会話を使った、効果的な英語勉強法

こんにちは、イギリスで大学生してるわたぽんです。

本日紹介するのは、高校のときに英語の先生に教わった勉強法です。

僕だけでなく、友達や先輩も「効果があった」と後々認めています。また、結果的にIELTS対策にもなりました。

ただし、地味でめんどくさいというのを、先に断っておきます。

スポンサーリンク

 

はじめに

NHKのラジオ番組で、英語の勉強をできるのはご存じですか?NHKラジオでは、様々な英語レベルの人に合わせ、多くの英語学習用プログラムがあります。(https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/index.cgi)

ラジオ番組の進行に合わせて、テキストも用意されています。

僕は英語の勉強にはお金をあまりかけたくない人なのですが、もしお金をだすなら、NHKラジオは英語を学ぶのにおすすめなものの一つです。巷で売っている本と違い、クオリティが約束されていて、レベルに合わせて教材が選びやすいので、失敗がないです。

では、どのようにラジオで勉強すれば、より効果的なのでしょうか?

 

対象

  • 中学英語を学び終えた人
  • 例えばIELTSでいうなら5.5を目指す人

IELTSの練習になるというのは、IELTSのリスニングセクションには、会話を聞いて空白に英語を書き取るディクテーション問題が多数あること。そしてスピーキングテストもあること。以下の方法でやると、この2つの練習になるからです。

ただ、日本のラジオで学べることにも限りはあるので、ネイティブレベルの英語を目指していくなら、BBCのポッドキャストの利用も検討してみてください。無料でできますが、難易度も上がります。

ちなみに僕が高校で利用したのは、「ラジオ英会話」でしたが、その前は「英語5分間トレーニング」というのをやってました。初めて1年もしない内になくなってしまいましたが…。

 

準備

必要なものは4つだけ。
・テキスト
テキストは500円/月ほど。テキストでは、1セクション=1日分となっています。番組の長さも15分(ラジオ英会話の場合)

・PC(スマホ)
ストリーミング再生をするのに必要です。というのも、ラジオで1回聞き流しただけでは、なかなか勉強しにくいからです。

もしお金に余裕があるのなら、書店でラジオ番組の録音をしたCDを買う手もありますが、毎月買うと高いです。ネットでも、先週分の放送を無料で聞けるので、それで十分かと。(ただしNHKゴガクへの無料登録が必要です)

・ノート
まあ大学ノートがいいかな。

・筆記用具
以上です。手軽にできます。

rajio2

 

効果的な使い方

手順を追って、紹介します。

(1)ノートの1ページを、縦3分割にします。

(2)ダイアログを1回通して聞いてみます。そこでどんな話か流れをつかみます。テキストはまだ見てはいけません。

(3)ダイアログを1文づつ、聞き取っていきます。それをノートを3分割にした1番左の欄に書き取ります。”at”や”on”、三単現の”s”など、細かい音もすべて書き取ります。
この方法は「ディクテーション」と言います。

(4)書き取りは、分かるまでします。6回繰り返し聞いても分からない場合は、カタカナで聞こえたとおりの音を書いておきます。

 

この時点で、まだテキストは見てはいけません。

 

(5)書き取った文を目安に、各文の日本語訳を、3分割してある真ん中の欄に書きます。多分、最初はぐちゃぐちゃです(笑)

(6)書き取りと日本語訳が終われば、テキストおーぷん!答え合わせをします。

(7)たくさん間違っていて結構です。ただし、
・どんな音が聞き取れなかったか
・どの単語、表現を知らなかったか
・スペルミスはないか
以上、3点には気を付けて見てください。
ここで気付きがあれば、3分割したノートの右の欄に書いていきます。

(8)最後に、またダイアログを聞きます。聞き取れなかった音、すぐに訳せないとこは、重点的に。

ここで、自分が聞き取れなかった音を、聞こえるように訓練します。
例えば、”When I was”を聞き取れなかった場合、これは「ウェンアイワズ」ではなく、「ウェナイワズ」と言うんだ、と覚えていってください。
これを「シャドウウィング」と言います。

(9)ラジオの音声と同じように、すべての文章を正しい発音で、ペースも合わせて言えるようにします。
何回も聞き直し、何回も発音し、ミスして、また聞いて…を繰り返して練習します。

最初はテキストを見ながらでも、テキストなしで言えるようになるまでできれば、完璧です。

(10)それができれば、あとはラジオの音声、テキストに従ってください。こっからは番組通りの使い方です。

 

分からない部分が多い場合は、日本語訳はとばしても構いません。
そして真ん中の欄には知らなかった表現・単語
右の欄には、発音に関する気付きをどんどん書いていましょう!

これは僕の初期の頃のノート。もう答え合わせが悲惨でした(笑)
rajio3

 

おわりに

どうですか?
多分はじめは要領も分からず、15分の番組を1時間以上かけて勉強することになります。しかし慣れてくると、確実に「英語の音・発音」が聞き取れるようになってきます。分からない単語・表現を学んで、語彙力の強化にもなります。

また最後に声にだして、自分で文章を言うことで、スピーキング力もあがります。話せると読んで分かるは、能力が全然別物ですからね。話せるようになりたいなら、口に出す練習も必要です。

時間もかかりますが、素直にやってみると、この勉強法は伸びますよ

ただし、教材のレベルには気を付けてくださいね。分からなさすぎ、知ってるのばっかりでは伸びが少なくなります。

他の英語勉強に関する記事もぜひ!

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. May 9th, 2015

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top