イギリスの大学の寮ってどうなの?サウサンプトン大学寮の良いところを紹介します

こんにちは、イギリスにいるわたぽんです。

留学のときの寮生活は、いくらか憧れのあるもの。実際に留学に行く人は、寮での生活を楽しみに、でもちょっと不安に思ったりしているでしょう。今回はイギリスの大学の寮生活の一例を、僕のいるサウサンプトン大学の例と共に紹介したいと思います。良いところと気になる点の二部構成にしています。まずは寮生活の良いところから紹介します。

スポンサーリンク

 

自分の部屋がある

IMG_2156

留学、特にアメリカ方面へ行かれている方に聞くと、ルームシェアが多いと聞きます。つまり一つの部屋を他の人と共同で使うということ。しかしイギリスの大学の寮では、一人一部屋、自分のプライベートルームをもらえることが多いです。(もちろんルームシェアの場合もあります。)
自分の部屋があるとやっぱり落ち着きますよね。少しぐらい物音たてても平気ですし、一人でいたいときはこもればいいですから。笑

寮では交流を楽しめる

サウサンプトン大学の場合、いくつかの寮が大学の周りや街の方に散らばっています。そして寮の敷地内にはさらにいくつかの建物があります。その建物の中もいくつかの「フラット」に分かれています。その「フラット」を一単位として、例えば一つのフラットに7つの個人部屋があり、シェアキッチンがあり、という風になっています。

同じフラットに住む人をフラットメイトと呼びますが、寮で過ごしているとフラットメイトとはよく顔を合わせ、話します。時には一緒に外出もします。フラットによっては、誰かがご飯を作ってみんなでシェアするということもあります。僕もクリスマスディナーはフラットメイトが作ってくれました。

こちらで書きました:イギリス人フラットメイトが作る、本場イギリスのクリスマスディナー

ちなみに僕はフラットメイトがほぼイギリス人でしたが、留学生ばかりという場合もあります。

週4日掃除をしてくれる

寮では週4日のペースで、清掃員の方が共同部分の掃除を行ってくれます。自分の部屋は自分で掃除しないといけないですが。
キッチンなどはすぐに汚れますが、この清掃員の方達のおかげでなんとか生きていけます。仕事も早く、ガンコな汚れも落としていってくれる働きぶりには感謝です。

キッチン設備がなかなか良い

IMG_2158

キッチンの設備はなかなか良いと思います。キッチンの台の高さは身長約170cmの僕が使ってちょうどいいか、ちょっと低いかなぐらいの高さで使いやすいです。

コンロや電子レンジ、強力なオーブンもあり、調理に困ることはありません。冷蔵庫と冷凍庫があるので、それほど広くはありませんが食物を貯めることもできます。

超きれいなホテル並み設備も期待できるかも!?

寮の値段は設備と立地によって主に決められています。だからお金を多く払えば、当然設備内容もよくなっていきます。
サウサンプトン大学の場合、街の方にあるMayFlower Hallというところが、まさにホテルのようです。いやホテルですあれ。2014年オープンで、内装もシンプルかつ洗練された作りになっています。クラブに近い分よくパーティーの舞台に設定され荒れるのが唯一の汚点でしょうか。

IMG_3782

無料Wi-Fiがある

時代の流れを受けてか、サウサンプトン大学の寮でも最近建物内全域でWi-Fiが繋がるようになりました。

しかし僕の部屋の中はあまりWi-Fiが強くありません。そのあたりの不便さは少しあります。情報系の学部にいる人は、自分でWi-Fiも調達してあんなことやこんなことをやってますが…

荷物を受け付けで預かってくれる

地味にこれ嬉しいんですよね。
例えばAmazonなんかで注文したときに、家で留守にしていると再配達になったりするじゃないですか。でも寮では荷物を24時間体制で受けとってくれて、1ヶ月以内にいつでも取りにいけばいいというシステムになっています。だからオンラインで注文しても心配する必要がありません。(ポストは各建物の入り口にあり、ポストカードなどはそこに入ってます。

パブやジムもある場合あり

寮によってはパブやジムが寮内にあります。パブではプラスチックカップ使用と少し安っぽい部分はありますが、お手頃価格でちょっとビールを一杯、ぐらいなら十分でしょう。

ジムも走ったりするだけなら、寮のジムで十分です。また、僕のいる寮ではスカッシュコートもあり自由に使えます。

バスカードが付いてくる

サウサンプトン大学の寮の場合ですが、Unilink Busという大学と各寮や街の中心部をつないでいるバスの年間無料パスがもらえます。サウサンプトン内ならほぼこのカード一枚でどこでも行けて、とても便利です。

特に申請の必要などもなく、寮に到着したその日に受付でカードをもらえて、Activateすることで使えます。

自転車置き場がある

ロードバイク等を持っている人にとっては、ロック付きの自転車置き場は必須です。というのはサウサンプトン大学の寮では、部屋に自転車を持ち込むことは禁止されているからです。

その代わり、屋根付きロック付きの自転車置き場があるので、そこを使えばかなり安心して自転車を置くことができます。大学構内にも同じような屋根とロック付きの駐輪所があるので、ロードバイクなどの管理はまだしやすい方だと思います。

 

わたぽんなりの感想・まとめ

以上が寮生活での良いポイントです。どうでしたか?日本では寮生活どころか一人暮らしもしていないのですが、結構生活はしやすいかと思っています。寮の気になる点もすべてあからさまに紹介しますので、お楽しみに。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top