京都観光にははずせない!海外からも大人気、行って分かった京都・嵐山の魅力

Facebookを見ていたら、なんだか見覚えのある風景の写真が目に付いた。

よく見ると、オーストラリア人の友達があげた写真。
ちょうど関西に遊びに来ていたのでした。

コメントすると、すぐにメッセージが来て、次の日には一緒に観光することに。

なんせギャップイヤー中ですから、バイトがなけりゃ予定は自由に決められます(笑)

スポンサーリンク

 

嵐山へはバス?電車?

17045265681_32495c85e2_z

実は京都市民でありながら、嵐山へは近づいたことはあっても、観光したことがありませんでした。いつも近くのサイクリングロードを走って、帰ってくるだけ。

だから実質、初めての嵐山。

京都駅に午後1時頃おちあうも、まずはどうやって行くべきか分かりませんでした。

僕の案は市バスで行くこと。
京都市バスは、一律230円で、京都駅からならだいたいどこでも行けます。

でもオーストラリアの友達2人は、JRを指さす。
そう、電車でも行けるのです。

JRで240円。
しかし電車の駅が、観光に適した場所に近いのか知らないので、市バスで行くことにしました。

京都駅からじゃなければ、阪急や嵐山電鉄という手もありますね。

 

バスに揺られて45分くらい、2人のうちの1人とは久々の再会で、テンション上がってました。

嵐山の第一目的は、竹林を歩くこと。

「野々宮」というバス停で降りると、すぐ横の脇道から、あの有名な竹林に行くことができます。

16859866819_1bd9099b7c_z 16858565670_6980c790dd_z

実は「竹」というのは海外でそう多く見られるものではないので、日本の誇れる自然風景の1つなんです。。

6月ももう終わり、暑い京都ですが、竹林の中は涼しい。秋の観光シーズンも良いですが、夏に涼を求めて行くのもおすすめです。

平日だったこともあり、そんなに混んでませんでした。とはいえここは京都、修学旅行生に海外からの旅行客、どこにも人はいました。ほどよい空き具合。

竹林の中には神社があります。野宮神社というのですが、夏なので辺りが緑で覆われて気持ちいい。入口にあるわっかは、竹と笹で作られていました。

17046111345_17b2a06867_z

5円玉がなかった僕たちはお参りを無視して、てきとーに進むことに。

いや、ちゃんと神社のマナーみたいなのは教えましたよ?笑

高校のときに英語で学んだので、そのあたりは完璧です。

17044644092_a7ab6d24fe_z

竹林のすぐそばにはJRが走っていたりと、実際に行ってみないと分からないことも。

踏切では電車がそんなに来ないので、良い写真が撮れます。

16838688897_793b56d1a4_z

初めての嵐山にちょっと迷った僕たちは、歩を進めるとあるところに着きます。

それが「常寂光寺」というお寺。

拝観料は400円かかりますが、境内の階段を登っていくと、京都の町並みなどが見れるスポットがあります。

16838685087_ab9c9993f8_z 17046101815_5f6f80282e_z 17045252871_62ec5e39ee_z

結構きれいなお寺で人も少ないので、時間がある方はぜひ。

その後竹林をもう一度歩き、バス停へ。

しかし嵐山は竹林だけではありません。風情ある町並みを歩くと、京都らしいお店がたくさん。観光地とあり値段はそこそこ高いですが、良い物もいっぱいあります。

16425935603_6451d7f8e3_z

その先には、教科書にも載る「渡月橋」があります。晴れていて良い感じに撮れました。

16425935513_b4e7469256_z 16425934433_69d456a235_z

夏なら抹茶ソフトなどがおすすめ。

渡月橋の近くには、有名なソフトクリームのお店もあります。しかし僕たちが行った夕方3時頃は既に売り切れ。僕たちは他の店でスムージーとかき氷を食べました。

16858545840_bffed4d44a_z

帰りはJRで京都駅まで。

JRの駅もあまり遠くなく、いいかも。と思ったら、電車の込み具合がすごい。オーストラリアから来た友達は、“We had a true Japanese train experience.”と後につづっていました(笑) バスも時間帯によっては混むので、五十歩百歩ですが。

 

わたぽん的まとめ

嵐山は初めてでしたが、かなり良い場所だと思います。京都に観光に来るなら、ぜひとも訪れたいところ。できれば人の少ないときに行きたいですね!案内してあげたオーストラリアの友達も喜んでもらえたようで良かったです。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top