「常にF1のことを考える。」小倉茂徳さん(モータースポーツジャーナリスト)から教わったこと

東京・恵比寿にあるRacers’ Cafe。
カナダGPのパブリックビューイングに参加するためにそこを訪れたことは、以前書きました。
(ブログ:東京・恵比寿のRacers’ Cafeで皆でレースを楽しもう!)

僕はそこで、モータースポーツジャーナリストの小倉茂徳さんとお会いしました。

その出会いは、このブログにも多少なりとも影響したほど。

今回はそこで話した内容、伺ったこと、心に残っていることを書いていきます。

スポンサーリンク

 

情報処理能力の高さ

レースが始まってすぐ、小倉さんがiPadを操作し始めました。
この日はレースよりも、小倉さんの言葉、行動に注目していた僕、その動きを見逃しません。笑

すると僕の視線に気づいてか、小倉さんは何をしているのか教えてくれました。

使っていたのは、そう、F1の公式アプリ!(参考記事はこちら)
OfficialF1-15

ここでは詳しく述べませんが、コース上のマシンの動きやラップタイムなどが見れるアプリです。

アプリの一部機能だったかどうかは忘れましたが、テレビでは流れていないピット無線も聞けるとか。

親切にも、僕にも見える位置に置いてもらい、一緒にレース観戦。
しかし小倉さんには、情報をゲットする次なる手段が!

カバンごそごそしだした小倉さん。取り出したのはイヤホン。
それをiPadにつけ、ついに教えてもらいました。

なんと、BBC放送(英語音声)を同時に聞いているらしい!
たしか去年までルマンで走ってた、アラン・マクニッシュもしゃべっていたのかな。

フジテレビで日本語のF1放送を見ながら、iPadで情報を追い、さらに英語音声でも同時に聞く。

すごい、すごすぎる…
やっぱりF1の世界で生きていくには、英語をいち早くしゃべれるようにならなければ。

対する小倉さんは
「日本語でも英語でも聞いて、眠くなっちゃいました。」
なんて言ってる、この余裕が、僕の焦りを生みます。

 

サウサンプトンのF1における地理的利点

会話は次第に、イギリスの大学とF1のことについてに変わっていきます。
なんせ僕はサウサンプトン大学にF1のエンジニア目指して行くのですから。

イギリスの中で最もモータースポーツが盛んなのは、オックスフォード(Oxford)やノーサンプトン(Northampton)の辺り。
サウサンプトンからは、少し距離があります。
正直、サウサンプトンからは地理的に不利かと思っていました。オックスフォードブルックス大学なんかは、モータースポーツが盛んな地域から近いですからね。

でも小倉さんはそれを否定。
曰く、「サウサンプトンは良い位置にある。

まず多くのF1チームが拠点を置く、モータースポーツが盛んな地域へは、電車や車を使えば日帰りで行ける。

次に、グッドウッドフェスティバル(モータースポーツの一大イベント)の会場はサウサンプトンから車で1時間で行ける。

そして、マンチェスターかどっかである車関係のイベントにも、日帰りで行ける距離。

という理由。たしかに、と納得。
モータースポーツについて学ぶのに、こういうイベントへの参加は必須。
マシンをすぐ近くで観察できますからね。

 

「常にF1のことを考えるべき。」

話しの中で、最も強烈なインパクトがあったこと。
それが、この言葉で集約できます。

F1は優秀な人だけが働けます。
F1のエンジニアなんかは、日本では全然でも、イギリスでは人気の職業。
なるにはケンブリッジ大の人などと、対等に争い、さらに勝たないといけません。

だから、大学ではほんとに努力をしなければならない、と言われました。

特に、大学対抗でマシンを作りレースをする「学生フォーミュラ」のチームに入ったら、それこそ1日中、それについて考えないと勝てない、と教わりました。

あの有名なエンジニア、ジェームズ・アリソンなどが学生の頃を見た小倉さんは、こう語っていました。

「アリソンの来てるチームジャージ見てるとね、ひじのところが穴あいてるの。なんで?って聞いたら、擦り切れた、って。彼らは服が擦り切れちゃっても、そんなん構っていられないほど、レースに集中していたんだよ。」

こんな感じのことです。
マシンとレースについて考えるときにひじついてて、それが擦り切れちゃった。でも構ってる暇なんかない。それくらい集中して、レースに情熱と時間を注がないと、良いエンジニアにはなれないということです。

僕の4年後のレースジャージには、穴が開いているのでしょうか?
この先を考えて、不安になるかもしれない。でも、なんだかワクワクしませんか?

毎日レースについて考え、それで大学生活を過ごせる。
F1好きには最高の環境が用意されているのです。

きっとF1をあまり知らない人からしたら、変人ですよね(笑)

やってやります。
イギリスで、僕のデザインしたマシンが走る日を想像するだけで、今からワクワクしてきます。

 

こんな感じで、イギリスでの生活は、なかなか大変そう。
だけどおもしろそう。
日本では決して味わえないでしょう。

ブログへの影響と言いましたが、きっと、ブログをのんびり書いてる暇もないということです。
だから少し、ブログの形を変えました。

以前はブログのテーマを「イギリス」「留学」「F1」の3つにしぼってましたが、それをフリーに。
もちろんイギリスやF1のことが中心には変わらないです。

こうすることで、ふとした休憩時にパッとブログを書けるかな、と。
イギリスでの非日常を、ぜひ多くの人に伝えたい。
F1、モータースポーツのおもしろさを届けたいからです。

ブログに縛られて、イギリスでの生活がおざなりになっては意味がない。
ブログはあくまで僕の世界、自由です。

イギリスでの生活が、今から楽しみ。
小倉さんの言葉を胸に、頑張って、楽しんできます。

 

少し話がそれましたが、小倉さんとこんな会話をしながらレースを見ていると、あっという間。
早朝、一緒に恵比寿駅まで歩いて帰りましたが、あれほど良い朝はなかったと思います。

その後、山手線で1周寝てしまいましたけどね(笑)

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top