【京都好きは皆知ってる?】カフェマーブル仏光寺店は地下鉄四条駅近くのおすすめ町家カフェ!初めての町家にもおすすめ

こんにちは、わたぽんです。

京都では町家カフェに行ってみたい!という声はよく聞きます。

昔ながらの、落ち着きある京町家での食事、カフェタイム…。

「町家カフェは初めて」「皆がおすすめする町家カフェに行ってみたい」

というのなら、今回紹介する「cafe marble(カフェマーブル)仏光寺店」がおすすめです。せっかくならハワイアンパンケーキのエッグスンシングスなんて行かず、京都らしいカフェに行きましょう!

スポンサーリンク

 

古臭さのない落ち着きのある町家カフェ

ビルが立ち並ぶ四条烏丸の交差点。
そこから徒歩3~5分ほど歩けば、カフェマーブル仏光寺店に着きます。(店舗情報はブログの最後で。)

DSC_0026

正面には仏光寺。
細い道を挟んで建つカフェマーブルは、外から見れば誰かの家と言われても納得してしまいそうな、京都によくある町家。水色映えるな看板が、カフェの存在を知らせてくれます。

DSC_0025

看板には「タルト&キッシュ」の文字が。食べログなどのおすすめでも、皆タルト、もしくはキッシュをおすすめされています。

ところで、町家カフェと言えば、人によっては古臭いイメージがあります。

好きな人にとっては、アンティークで落ち着いた雰囲気が良いと言われても、モダンな物が好きな方にとっては、ただの古臭いカフェともなりかねません。

しかし、カフェマーブルにその心配はないでしょう。

DSC_0012

町家カフェとして和の趣のある部分を残しつつも、綺麗に手入れされている家具や壁。デザイン会社が古い民家を改築して出来上がった、おしゃれ空間でもあるんです。

カフェマーブルには古臭さはなく、モダンな物が好きな人でも気持ちよく過ごせる空間となっています。

DSC_0008

照明は暗すぎず、外からの光が奥の坪庭から入ってきます。

DSC_0009

書架にはブルータスなどの雑誌や本が置かれています。もちろん読むことができます。

DSC_0011

ちなみに上の写真は、カウンター席でもあります。落ち着いて本を読みたい時にも使えるかも。

 

無農薬野菜を使用した、ちょっと凝っているランチ

今回はランチで訪れたので、ランチメニューの中から紹介します。

DSC_0007

くまの描かれたメニュー。
くまはこのカフェのキャラらしい。メニューブックを開けると、細長い家の形をした紙が挟まってます。これがランチメニュー。

DSC_0006

ニース風サラダも気になりましたが、とりあえずはこのカフェイチオシのキッシュランチと、もう一つは気分でカレーランチ。キーマ風のドライカレーとチキンカレーが選べたのですが、なんとなくキーマ風の方を。

他には珍しいタイプのパスタなどもあるそうです。

ランチには、スープとデザートが付きます。

前菜にスープ

DSC_0014

見た目はトマト系のスープ。でも意外と濃厚かつ口当たりが良く、地味に傑作スープだと思っています。

ぼーっと周りを見てると、魚が壁を登ろうとしているのを見つけました。

DSC_0022

水色が統一されていておしゃれです。
魚もくま繋がりでしょうか。

ゆっくりスープを飲んで、飲み終える頃にランチがやってきます。

ワンプレートのランチのメイン

DSC_0018

メインはワンプレートになっています。

カレーには豆が入っていて、ココイチ等でよく出回っているタイプのカレーとはまた違う味、食感。ねちっこいようで、実はパクパク食べやすいです。

カレーの味に飽きたら、カレーの横にあるあっさりとした野菜のピクルス系統の物がを挟む。福神漬じゃないってのがポイントでしょうか。

そしてこちらがキッシュ。

DSC_0015

ゴツゴツと野菜がたっぷり入っています。

カフェマーブルと言えばキッシュやんね~とでも言われそうなほど、口コミでも店でもキッシュがアピールされています。来たときは温かく、大きな野菜も口の中ですぐにやわらかくなり食べやすい。

DSC_0019

実は僕、玉ねぎ嫌いなのですが、このキッシュに入っていた玉ねぎはよく味が絡んでいておいしくいただけました。不思議です。

しかし最もおいしいのは、やっぱり端っこの生地部分でしょう。きっとタルトにも、同じようにおいしい生地が使われているのかな。

デザート、アイスクリーム

メインを食べ終わって時間を置いてから、ランチセットについているデザートがやってきます。

DSC_0021

上の乗ってるのはクリームかな…とか言ってたらアイスが溶けてきたので、焦っていただきました。どんな味だったか忘れた…。(食レポ失格)

プラス200円でドリンクもつけられるので、ゆっくりとランチをとるにはもってこいですね。

他にもタルトをお持ち帰りできたりしますよ。

 

カフェを出る前にトイレに行こう?

このカフェに行ったときに、ぜひ注目してほしいものの一つに、実はトイレが含まれていたりします。

そんな汚いところを…と思いますが、トイレのある位置が面白い。

パッと見まわして場所が分からなかったので店員さんに聞くと、「店の奥の、窓を開けてその奥にある」と言う。

DSC_0023

なんと、一度温度の調節された室内を出て、表廊下を歩かなければいけないのです。真夏のような暑さだったこの日、正直ダルかった。笑

でも一度外に出てみると、席からはよく見えていなかった坪庭の様子を、しっかりと確認できます。

DSC_0024

そして影になっているからか、意外と涼しい。
トイレも町家の外観からは想像できない綺麗さ。いやはや、参りました。

古民家まるごと使ってるから、こういうレイアウトもできるんですね。

 

初めての京町家カフェや、仏光寺とセットで訪れるのにおすすめ

京町家のカフェが気になるのなら、カフェマーブル仏光寺店は一度は訪れたい店。ほどよいレトロ感は、国外の友達を招くのにも良いでしょう。

また、仏光寺が目の前にあるので、観光ならセットで訪れたいところ。
昔は仏光寺の勢力は結構大きかったらしく、四条の街中にして、広い面積を有しています。

祇園祭の時には、すぐ近くなので休憩に使っても良さそうです。

DSC_0716

店内はやはり女性が多かったです。
店員さんも僕が行ったときはすべて女性。

だから男性は行きにくいとか、そんなこと言ってちゃいけません。ハーレムですよ。男も行くしかない。笑

勉強とかには向きませんが、おしゃべり、読書には最高のカフェです。

 

智恵光院店もある

カフェマーブルは、上京区・今出川にある智恵光院(ちえこういん)店もあります。

今回は詳しく紹介できませんが、食べログの写真見てるとかなりおしゃれ…。

しかし町家カフェではなく、ビルの中にあるようです。

 

店舗情報 -ランチは16時までやってるよ

  • 住所:京都市下京区仏光寺通高倉東入ル西前町378
  • 営業時間:11:30~22:00(日曜日は11:30~20:00)
  • 定休日:毎週水曜日
  • ランチ情報:850円~900円、11:30~16:00まで
  • Website::http://www.cafe-marble.com/
  • Facebook:cafe marble 仏光寺店

Facebookでは営業時間の変更情報をチェックできます。3連休、長期休暇などの他、研修旅行でお休み・営業時間変更があるので、気になるときはチェックしておくと無難。

場所は仏光寺の北側、高倉通と仏光寺通の交差点付近です。
地下鉄四条駅から5番出口を出て、側の一方通行の道を東に進んでいけば付きます。
もしくは、烏丸通に面している大丸京都店の東端の通り(高倉通り)を、南下するのが分かりやすいです。入口は東西を行く仏光寺通に面しています。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top