イギリス来たらF1エンジニアへのチャンスが増えるのは本当だった

こんにちは、わたぽんです。

F1のエンジニアに憧れてイギリスのサウサンプトン大学に進学してきましたが、そもそもF1に関してはどうだったのか?

ケバブやイギリスでの過ごし方は分かったから、そろそろF1に関することを教えてくれないか??

という声が来そうなので、今回はイギリスに来てF1のエンジニアになるチャンスが本当に増えるのか、書いていきます。

実際来てみると、日本では経験できなかったことも僕は経験できましたよ!

スポンサーリンク

 

イギリスはF1の本場だって言うけれど…?

F1の本場はイギリス。「ほとんどのF1チームが本拠地をイギリスに置いていて、F1のエンジニアを目指すならイギリスに行くのが最も良い。」とはよく言われます。

しかし、実際どうなんでしょうか?

たしかにイギリスの大学には「モータースポーツエンジニアリング学部」的なものを提供している大学がたくさんあるし、僕が通うサウサンプトン大学でも、「Race car Aerodynamics」や「Automotive Engineering」などのモジュール、コースが用意されています。

しかもイギリスの大学で学ぶわけだから、必要な英語力もつけやすい。
F1チームへの就職活動も有利だ。

と言われています。

ただ、日本語では大まかなことばかり書かれていて、具体的なことは結構書かれていなかったりします

そこで、F1の本場イギリスの様子をもう少し細かくお伝えしたいと思います。

 

サウサンプトン大学にはF1チームが説明会に来る

IMG_3152

メルセデス、レッドブル、ウィリアムズ…

これらは、サウサンプトン大学に就職などについての説明会を行いに来たF1チームです。覚えていないだけで、マクラーレンも来てたかもしれません。

細かい部分は大学によりますが、サウサンプトン大学ではF1チームが就職説明会のようなものに顔を出したり、リクルーティングに来るのは当たり前です。

日本の企業が日本の大学で説明会を行うように、イギリスにいるチームはイギリスの大学で説明会を行っています。

さすがにフェラーリは来なかったけど。

サンタンデール銀行なら来ましたよ。笑

説明会ではチームの紹介の他、インターンシップに関する情報も提供されます。

F1チームにこだわらなければ、ロールスロイスや、たしかアストンマーティンも来たような…。

 

インターンシップはF1チームで!

イギリスの大学でも就職活動の一環として、インターンシップは盛んに行われています

もちろん、F1チームでのインターンシップもあります。

インターンシップの説明は、先ほど紹介したチームの担当者が来る説明会で教えてもらえます。

1年目はファウンデーションコースにいたのでインターンシップなどには一切参加しませんでしたが、ファウンデーションコースはいわば「大学0年生」。イギリスの「大学1年生」からは、F1チームでのインターンシップも狙っていこうと思っています。

具体的には、インターンは夏休みなどの休み期間に行うようです。

 

本気なら下部カテゴリーのレースで無償お手伝いできるかも?

さらに本気の方は、F1ではないですが、下部カテゴリーチームのレースお手伝いという手もあるようです。

例えば週末のシルバーストーンでのF3で、人手が足りていないチームで荷物運びを手伝ったりするなど。

僕はやってませんが、2000年代初期(頃だったかな?)にイギリスに来ていた小松エンジニアは、下部カテゴリーのチームのお手伝いにも参加していたと聞いています。

イギリスF3なんかは昔に比べレース数も落ち込んでいますが、サーキットから遠くない大学に通えば、この様なお手伝いも可能かもしれません。

サーキットでのエンジニアやチームの動きが見れるのは、良い経験になるはずです。

ちなみにサウサンプトン大学は、オックスフォード地区などからは少し離れているので、お手伝いなどに行くのは厳しいものがあると思います。

その代わりグッドウッドフェスティバルの会場は1時間で行けます。

 

日本人のF1エンジニア・関係者にも会えたよ

サウサンプトン大学での繋がりで、なんとF1やその他モータースポーツ関連で活躍している現役の日本人エンジニア等にも、ロンドンでお話しすることができました。

日本では会えなかったであろう現役の方達のお話しは、気になる内容が目白押しでした。

その一部は、当ブログでも書いています。
(参考:F1エンジニアに必要な特技とは?とあるF1エンジニアからのアドバイス)

イギリスの大学の繋がりで知り合え、ロンドンで会った…少なくとも日本では、あまり経験できないことではないでしょうか。

 

大学の学生フォーミュラチームは本格的で色々経験できる

IMG_2953

日本の大学に通う友達と話していてその差に驚いたのですが、サウサンプトン大学を含め、イギリスの大学での学生フォーミュラはかなり本格的です。

サウサンプトン大学の場合を紹介します。

学生フォーミュラではシルバーストーン(説明会ではそう聞いた、はず。)での最終レースが毎シーズンの目標です。

チームには空力部門、シャシー部門、テストチーム、ファイナンス部門などがあり、さながらレースチームのよう。

チームの人数も多かったです。最初の説明会は大講義室で行われるほど。

最も希望者の多い部門は空力でした。

マシンもレギュレーションに沿って、毎年最適化されていて、かなり本格的。

ドライバーは、大学のカートサークルで最も成績が優秀な人でした。

スポンサーなどもつき、予算について考えるのも大切。

僕は1年目は昨年マシンを使ってテストする部門に入っていたのですが、部門リーダーの多忙と必要性の少なさから、実働2ヶ月くらいで終わってしまいました。しかしベンチテストの様子やソフトの解説を受けれたのは、数少ない収穫でした。

次は競争の激しい空力部門に入ろう…。

もちろんチームリーダーなどのポストにつけば、履歴書にも書けます。F1チームへの就職には有利に働くでしょう。

もっと詳しいことは、9月にチームに本格的に参加してから紹介できればと思います。

 

わたぽんのまとめ的なにか

イギリスがF1の本場である。

もうこのことに、疑問の余地はないでしょう。

大学・大学院から直接F1のエンジニアになりたいのなら、本当にイギリスに来るのはかなり有利。
有利と言っても、日本の大学から参加するのに比べてですが。あくまでイギリスの大学生と似た条件で勝負できるということです。

このチャンスを逃すもつかむも、自分次第。

同じ夢を持ってる方、ライバル同士ではありますが同じ挑戦者、頑張りましょう。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

    • てる
    • November 13th, 2015

    ブログ拝見させていただきました。共感するところがあり、リアルな事情がわかってかなりおもしろいです。

    当方今年高校3年生の東京に住む受験生です。
    東大を志望しています。

    そして僕もまた、F1エンジニア志望です。

    そこでお聞きしたいのですが、イギリスの大学に進学するのと、日本の大学で機械工学などを学んでからイギリスの大学院に進学するのは、どちらのほうが就職の際有利なのでしょうか?自分はこの時期ですのでもう前者の選択肢は選べないのですが、後者でも通用しますか?
    やはりラフバラ大学、サウサンプトン大学などモータースポーツが専門的に学科として設置されている大学で学んだ人々とギャップがあるものなのでしょうか?自分の志次第だ、と言われればそれまでなのですが、先に覚悟を決めて進んだわたぽんさんの意見が一番参考になると思ったので、お聞きしたいと思いました。

      • watapon
      • November 14th, 2015

      コメントありがとうございます。

      僕個人の意見としては、なるべく早くイギリスへ渡るのがより有利…というか、F1チームでの就職が現実的になると思います。
      東大ともなると学問のレベルで特に劣ってるとは思いません(問題は勉強しなくても卒業できるシステム)が、英語や慣れみたいなもので、差が出てしまいやすいでしょう。
      イギリスのマスターは基本一年、そしてF1チームへのapplyが入ってすぐの秋にあるので、学部時代に何をしたかの方が問われやすいかと思います。
      博士課程の場合は2年、しかも専門性でも有利になるので、マスターからのF1よりもより可能性が上がるでしょう。

      まとめると、イギリスに大学学部から来てる方が、より道が開けるかと思います。マスターでいきなり現地人と勝負ってのもキツい面が多少なりともあるかと思うので。

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンをデザインするために勉強しています。京都出身ですが、古いものよりモダンさに魅かれます。ブログでは自分なりのクールを求めて、書いています。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube
Return Top