京都観光に来ても見落としがち!?金閣寺もいいけど石庭の美しい竜安寺もおすすめ!

 

こんにちは、京都生まれのわたぽんです。

年中賑やかな観光地、京都。中でも金閣寺はいつ行っても、人がいる気がします。(京都案内するときは、とりあえず金閣寺連れてくこと多いです笑)
金閣寺からバスでもう少し西の方に行くとあるのが、竜安寺。人気が少なく、落ち着けるお寺です。

16865103068_58f3d6eb29_k

拝観料は400円。お寺って結構金をとる。でも竜安寺では、そんなこと気にせず払いましょう。後でその分の感動は取り戻せます。

16432731573_a08ba322d4_k

門をくぐると、まっすぐ続く道が。夏の暑い日に訪れたにも関わらず、とても涼しい。まさに緑に覆われた道。秋になると紅葉するのでしょう。左手には池がありますよ。

16432739873_98986d6c77_k

途中、手を洗うところがありましたが、周りの人はスルーしてました。気付きにくいところにあります。

進んでいくと、石の階段があります。そこを上ると、この様な建物が見えてきます。

16432738983_c5075076e9_k

さあ、石庭タイム。ここで入口でもらったチケットを見せ、中に入れます。どこに何があるんだろう?左手の方に進んでいくと、目的のものに巡り合えます。

17026887146_d66619a178_k

石庭

教科書でしか見たことなかった世界が、目の前に広がっています。案外、小さい。あいているところに座って、鑑賞。

16865343100_88ab533517_k 16865093778_2c73a69632_k

何の意味があるのだろう?それとも意味はないのかな?

さっぱり分からない石達。全部で15個あるそう。小さいのは見えにくい。ちなみにどこから見ても、15個すべての石を一度に見れないらしい。隣のおっちゃんが言ってました。

哲学的な意図があるのかもしれない、この石庭。座ってゆっくりと眺めることができるので、そこで考えてみてもいいかもしれません。僕はすぐに考えるのを放棄し、砂利だけの写真なんて撮ったりしてましたが。

17026887806_088daf6283_k

この砂利も石の周りでは、もちろん石を避けるように配置されているので、空気の流れを表わしているみたい。この石庭にF1マシン置きたい。なんて馬鹿なこと考えていると時間が結構たったので、さらに奥の方に進んでみる。

16845470667_206e898286_k

僕はこちらのスペースの方が好きでした。ここでも座って、のんびりできます。日が直接差し込まないから、夏でも涼しいです。

そういや靴は建物入ったところで脱ぎますよ。裸足で行くと、木をダイレクトに感じられます。笑

16866653749_db07ee5677_k

竜安寺はこの石庭の部分だけじゃなく、他のエリアも美しいです。自然に覆われている感じ。

16865096248_f7bec3804a_k 16865341140_c9562e6ba0_k

金閣寺のような慌ただしい感じはなく、ゆったりとした時間が流れています。観光で来ている方も、物静かにすごしている。こういうのは意外と、日本人よりも海外の人の方が好きそう。

京都でのんびりと。竜安寺でゆっくりと。

都会の喧騒からかけ離れた世界。金閣寺から市バスですぐ。ぜひ、訪れてみてください。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

わたぽん(@wataponf1_uk)
高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでのインターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。詳しいプロフィールはこちら

ブログ「わたぽんWorld」について

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。2014年に運営開始。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。
テーマは夢とイギリス留学。僕の生き方が励みになると言っていただくことが増えてきて、とても嬉しいです!

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでの1年インターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

わたぽん英国写真集 by Instagram

アーカイブ

Return Top