「自分には得意がなく何もできない」なんて妄想は打ち砕け!

こんにちは、わたぽんです。

時々、自分の得意ってなんなんだろうって思います。

グループワークや団体活動等で、メンバーの一人として何か役に立ちたいと思う。でも優秀な人に囲まれれば囲まれるほど、自分にできること、自分の得意ってなんなんだろうって考え込んでしまう。

経験上、こう考え出すとさっぱり答えが出てこない。考え出して、何も手がつかなくなって、結局何もできない。ああ、やっぱり何もできないやと、自己不信にもなる。

だからきっと、「自分の得意は…」なんて考えこんでしまうのは、間違いなんだと思ってます。

 

じゃあどうすれば…?
そんな時に、いつも思い出すことがあります。

 

目の前のできることを、ひたすらやっていく。

何が得意とか分からないかもやけど、目の前の、今できることが一つはある。それに全身全霊で取り組んでいく。本気で考え、動き、目の前のタスクをひたすら片付けていく。修行僧のように、ただひたすらに。

そうすれば、少なくとも前には進める。グループワークであれば、周りにも何か貢献できる。もしかしたら、何か新しいことが思い浮かぶかもしれない。新しくできることが増えるかもしれない。自分の居場所だって見つかったりする。

自分に分かりやすい得意なんて見えてなくても、役に立つ方法はある。

 

これはイギリスでF1目指してた時に、実体験を通して学んだこと。

何もできない自分でも、なんとかして自分の価値を示したかった。周りに役に立つ人間だと見てほしかった。そのために、誰もが面倒で嫌う単純作業を、嬉々として引き受けた時のことのことです。

何もできないことなんてないんだ。

スポンサーリンク

 

 

本当に何もできない中でのスタート

イギリスの大学でFormula Studentをしていた時のこと。(当ブログの読者さんにはお馴染み、学生レースチーム活動です。)

夏休み。

講義も試験も全部終わって、僕らのチームでは車作りの追い込みに入っていました。翌年にF1チームでのインターンをゲットしたかった僕は、なんとしてでもこのFormula Studentで、この大学で結果を出さなければいけなかった。学ばなきゃいけなかった。

でも、大きな大きな問題がありました。それが、

工具の使い方分からない
製造の仕方分からない

……エンジニアの卵として、あるまじきこと。周りはみんなドリル使ったり、切ったり、折り曲げたり、せっせと色々してる。でも、僕にはさっぱり分からなかった。車を作るにあたり、どんなパーツがあるのか、どう動くのか、どう作るのか…。実はなんにも知識がなかった。

 

初期の頃、「何か仕事はありますか!!」と先輩に無理矢理お願いして、一枚の図面をもらいました。

3mmのアルミニウムの板を適当な形に切って、穴を二つ開けるだけのもの。超簡単。20分でできる。

それを1時間以上もかけて仕上げた僕。しかも先輩に笑顔で渡すと、

「穴でかすぎるやんこれ…」

と一言。英語と工具に苦しみ、ミリメートルで書いてあるところを、あろうことかインチ単位のドリルで無理矢理こじあけた代物。

言われるまで分かってなかった。

それでもF1のエンジニアになりたいと思ってたし、Formula Studentチームの車作りにもなんとか参加しなきゃと思ってた。

どうしよう…。

 

何も得意なことはありませんでした。穴もまともに開けられないのに、何を作れるというのか? あ、でも一つだけできることがありました。

それが、やすりがけ。

粗いザラザラの紙でパーツ表面の凹凸を取り除き、つるつるにする。必要なのは、手を動かすだけ。

それならできる!
てかそれしかできない!

 

正直、めちゃくちゃ嫌でした。

粉が飛ぶしマスクしなきゃいけないし、ひたすらやすりがけすると手の感覚が麻痺してくる。それに、超単純作業で、全然面白くもない。周りがかっこいいパーツ作りしてる横で、僕はひたすらやすりがけ。

でもこれしかできない。チームの中で自分が役に立てるとしたら、これしかない。

やろう。
やるしかない。

心を決めて、やすりがけに取り組み始めました。

 

 

今できることの積み重ねが、新しい場所に導いてくれる

実は僕以外にもこの役割を割り当てられた人もいたのですが、みんな数日、早い人なら翌日には、顔を見せなくなる。気付けば僕だけが、毎日やすりがけをしていました。

それはそれで結構辛かったです。もしF1に行きたいなんて考えてなかったら、僕だって3日でやめてた。でも目指してたものがあったから、やってました。当時あった希望は、

「早くやすりがけを終わらせれば、別の面白い仕事のお手伝いができるかも…!」

です。

 

もう一つ、途中からやめない理由が出てきました。

「おう、今日も頑張ってるな!」
「このパーツも磨いてくれん? ありがとう!」
「今ちょっと時間あるし、手伝うよ。大変やろ。」

 

周りのイギリス人達が、声をかけてくれるようになったのです。

最初は朝来た時と夕方(夜)帰る時だけだったのですが、段々と昼間にも声をかけてくれるようになった。「ランチどうする?」と誘われるようにもなった。安さとでかさだけが取り柄のピザを、一緒にかじったりした。

ああ、認められてるんだな、自分。
初めてそう思えました。

イギリスでも役に立ってる。

 

実際やってたことは、ただのやすりがけ。でも単純作業なのに時間がかかるからか、みんな途中で放り出してしまう。僕はそこを、周りの想定より早く、周りも惚れ惚れするほどつるっつるに磨きあげ、先輩に納品し続けていたのです。きっと、「あの日本人、頑張ってるな」と見てもらえてた。

その時に学びました。
自分に得意なんてなくても、役に立つ方法はあるんだと。

 

それ以来、僕はやすりがけマスターとして、チームで一目おかれるようになりました。僕にパーツを渡せば、綺麗につるつるになって返ってくる。自分にはできることなんてないから、車作りも重要パーツには触らせてもらえない…。そう思ってたのが、最終的にほぼ全ての空力パーツや、シャシー、エアインテークにも、僕の手が入るという結果になったのです。

 

また、さすがにやすりがけを何週間もしてたら、磨くパーツもなくなってきます。すると、

こっち手伝って!
あーーこっちも!

全力で悪態一つつかず仕事をこなす僕に、色々と声がかかるようになりました。でも…、そう、僕はできないことだらけ。

「あの、カーボンファイバーの成型方法なんて分からないんですけど…。」

手伝ってと先輩に頼まれた時、恐る恐る尋ねました。すると先輩は心配する素振りもなく答えます。

「Don’t worry. I’ll teach you. (大丈夫、俺が教えるから。)」

こうして、新しい技術を学ぶ機会を得ていきました。

車が完成する頃には、かなりの数のパーツも作りました。しかも先輩と僕しかその詳細な作り方を知らないので、同学年の人達より、一歩先んじることができた。

 

「何もできなかった自分が、周りより何かできるようになれた。」

この経験は、今でも大切なものの一つです。

 

 

自分の得意を考えこむんじゃない、目の前のできることを積み重ねていく

正直なところ、自分の得意なんて中々見つかるものじゃないと思います。

世界を見れば、何かにおいて凄い人、センスある人はたくさんいます。結局、絶対的な得意は何か? なんてばかり考えていたら、上に行く度に躓いちゃう。

それよりも、その段階で、その時々でできることを、ひたすら実践していく。全力でこなしていく。

そうしてやっと、自分にできることが一つ増えたり、周りが新しい場所に引っ張ってくれたりする。

 

ただ一つ、注意しておいてほしいことがあります。それが、「やりたいことの意思表示はし続ける」こと。

僕はやすりがけをしていた時も、

「もっと他の設計方法について知りたい!」
「空力について知りたい!」
「何か他に仕事ないの?」

と言い続けていました。もちろん、やすりがけが一段落ついたところで、です。目の前のできることを片付けてから、「まだ時間あるんですけど、〇〇とか今、人手必要じゃないですか?」と伝える。そうして初めて、何か面白い仕事に繋がったりする。

 

得意かどうかとか、自分にはできないことだらけで…等と悩みすぎないようにする。思考の迷路に入ったら、今、目の前に転がっている「今の自分でもできること」に全力で取り組もう。

大丈夫。何かできることはある。役に立つ方法だってある。

 

 

わたぽんのまとめ的なにか

「得意がないから…」という妄想なんては打ち砕いちゃえ。

  • 得意が何かとか考えすぎない
  • いつでも何かはできるはず
  • その目の前のことを全力でやる
  • 同時に意思表明をし続ける

何かしら自分が役に立てることはある。

僕も最近、F1エンジニア以外の道に進むことにして、でも「自分にはできないことだらけで…」と考えがちで。その度に、やすりがけの記憶を思い出すようにしています。そして目の前のできることに集中し、全力で立ち向かっていく。

昔の自分にできてて、今の自分にできないはずもないもんね。

がんばろ!

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

わたぽん(@wataponf1_uk)
高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでのインターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。詳しいプロフィールはこちら

ブログ「わたぽんWorld」について

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。2014年に運営開始。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。
テーマは夢とイギリス留学。僕の生き方が励みになると言っていただくことが増えてきて、とても嬉しいです!

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでの1年インターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook note Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

わたぽん英国写真集 by Instagram

アーカイブ

Return Top