東京ではゲストハウスへ行こう!?初めてのゲストハウスは品川駅から徒歩で行ける品川宿で

夏に東南アジアに行こう!

東南アジアの一人旅、ですがリゾートで優雅に過ごせるお金などありません。

ゲストハウスなど、安い地元の宿に泊らないと。
でもゲストハウス今まで泊ったことないから不安…

というわけで、東京に行ったときに泊ってみました!初めてのゲストハウス。

泊ったのは「ゲストハウス品川宿

16858149698_42909cc6a4_z

品川駅から徒歩12分。

スポンサーリンク

でもいきない迷いましたね。スマホ持ってないから、Google Mapも使えへん。
駅員さんに聞いたら地図をだしてきて…っていつの時代やねん(笑)

速くスマホが欲しいなと思った瞬間でした。もう今年だけで724回くらい思ってます。

ちなみにゲストハウス品川宿へのアクセスは、ホームページに書いてありました。

さて、迷いながら着いた初めてのゲストハウスですが、どんなところにあると思いますか?

品川と言えば、大都市・東京の中でも、新幹線が止まる駅。ビルであふれてるのだろうと思って行ったら、全然違いました。

16423496384_1e29c92e05_z

品川宿は、東海道の宿場町の1つ。

だからゲストハウスのあった地区は、街並みが保たれていました。

ここまでの道のりも、電車の線路のすぐ横を歩いたりと、結構好みなところです。

17019958396_276ed10c08_z

ゲストハウスの入り口は、季節柄か、オープン状態。

そこから金髪の男性が見えていたので、気分も少し高まっていました。

小さなフロントでチェックインをしたのですが、1つ気になったことが。
それはチェックインなどの処理を、タブレットなどを利用していたこと。

やっぱりこれからの時代、小さなものが生き残っていくには、こういう情報デバイスを使ってコストカットすることが大切なのかなと思いました。

 

中に入って、ゲストハウスの部屋はこんな感じ。

17019961636_8c049849c9_z

本当は2人で相部屋なのですが、すいていたので、僕1人で使えました。ふとんと照明、そして小さな机だけ。シンプルなお部屋です。

1泊3300円、安い。

部屋は3階まであり、僕は3階に泊りました。翌日気付いたのですが、隣の部屋にも海外からのファミリー客が。

下に降りてみると、こんなボードがありました。

16858149388_623f685bfe_z

世界地図の上に、多数のピン。どこから品川宿にやってきたのか、この地図を見ればまる分かり。やっぱり海外からのお客さんが多いのか。

1階のフロントの横にはリビングスペースがあり、夕方僕が行くと、すでにお2人いました。早速話すと、やはり「旅」をされている方でした。お客さんではなく、ゲストハウスの管理をしてる人や、近くに住んでる人みたいでしたが。

リビングのちゃぶ台の上にはお菓子があり、お茶ももらえました。ウェルカムドリンク?笑 ちなみにお菓子は、たしかドイツかどっかのチョコレートだったりします。

フレンドリーな方たちで、自分の紹介や旅のこと、F1などについて話しました。

その後、僕は一度宿を出て、Al’s cafeに向かいました。

帰ってからシャワーを浴びましたが、シャワーも広々としていて十分でした。
洗濯機も有料ですがありました。

 

翌日

朝起きてリビングスペースへ行くと、また2人いました。
しかし昨日とは違う人。
また自己紹介から入って、いろいろと話しました。

朝ごはんは、コンビニとかでてきとーに食べるつもりだったのですが、その内の1人から自家製のメロンパンをもらいました。

さらに朝はコーヒーのサービスがあり、これで朝ごはん完了。ラッキー♪

1泊3300円、朝食、シャワー付き。品川駅から徒歩12分。Wi-Fi付き。コスパ良すぎる。

さらにそこにいた1人の方と話しが合い、一緒に渋谷や代官山TSUTAYAに行くことに。

 

こうして、僕の初めてのゲストハウス体験が終わりました。

率直に、そこらのカプセルホテルに泊らなくて大正解。いろんな方と話し、心温まる街並みにも触れあえ、とても良い時間でした。

東京に行くとき、いつものビジネスホテルじゃなく、ゲストハウスに泊ってみては?

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top