F1を初めて見た時、全てはここから始まった。

2011年5月8日

なんでもない日曜日。いつもと変わらない日曜日。ゴールデンウィーク明けのダルさがまだ体に残っている。

その日もなんとなく過ぎた一日。朝何時に起きて、昼何を食べて、夕方何をしていたのかは、全く覚えていません。家を出たかどうかなんて、今となっては闇の中。

午後11時頃。
残りあと1時間で、月曜日が来る。ああ、また明日から学校かあ。小学生の妹はもう寝ている。平和で退屈な休日の終り。

歯磨きは寝る前の儀式です。夜眠る前、必ずしっかりと歯を磨く。僕は虫歯ができやすく、乳歯も永久歯も虫歯がすぐに繁殖してしまうんです。だから、中学の終り頃から歯磨きに本格的に取り組み始めていました。毎日30分ほど。口の隅から隅まで。

手を単純に動かしているのをただ30分続けるのは中々大変なことなので、よく”なにか他のこと”をしていました。

その日曜日、歯磨きのお共に選ばれたのはテレビ。
テレビは歯磨きのお供として、最も適したものです。テレビから数m離れたところへ座り、リモコンを軽快に操作する。

何見んの?

そんなの考えていません。ただ、30分間目に何か入ってくれば、その時の僕にはよかったのです。1チャンネルから、順番に変えていく。2、4、5、6、8、10…

8チャンネル。

僕は一通り何がやってるかチェックした後、一番”マシ”な番組を選びました。それが、何やらもうすぐスタートしそうなレース。Formula One、一般的にはF1と呼ばれているそう。

僕は車が好きでした。でも、いわゆるスポーツカーが専門で、F1マシンの形はちょっと違った。なんというか、タイヤがむき出しで、一般道ではまず見かけないタイプ。

しかしなんなんでしょう、僕はレーススタート前の様子を、ただひたすらに見ていました。中々かっこいいF1の事前解説もありました。ほうほう、日本人のドライバーがかなり良い線いってるらしい。

その内、車がゆっくりと走っている映像になる。テレビ画面にはチームやドライバー紹介なんかが出てる。

一周して、マシンがスタート位置についていく。全マシンがグリッドについたとき、スタートランプが光りだす。うなるような音が車から鳴りだす。1つ、2つ、3つ、4つ、5つ…。

すべてのライトが消えた。
一気に甲高いエンジン音が鳴り響く。
24台のF1マシンが、一斉に最初のコーナーへ向かって加速。
ぐちゃぐちゃ。
コーナーではカラフルな車達が、入り乱れていた。そこから抜け出し、一気に駆け抜けていくマシン。不思議にも、ほとんどのマシンは誰にも当たらずに抜けていく。

シャッシャッシャッ

歯磨きの音に邪魔されながらも、僕はエンジン音の重奏に耳を澄ませていました。やっぱ車っていいよなあ。

僕はテレビを消しました。
F1って見だすと長いんです。一回のレースで1周約5kmのコースを50周ほど。長い。さすがに2時間近くも見てられない。明日学校やし寝ないと。あっさりと洗面所へ行き、歯磨きを終える。トイレに行き、二階の自分の部屋に寝に行く。まだエンジン音が少し、頭に残っていました。

 

2週間後

日常。

その日曜日も寝る前の儀式の時がやってきました。洗面所で歯ブラシに歯磨き粉をつけたあとは、ガシャガシャいわせながらリビングへ。その日もテレビと共に。

しかしその日の僕は、何を見るか既に決めていました。

8チャンネル。
新聞のテレビ欄でたまたま見つけたF1第5戦スペインGPの文字。また11時から。この前結構面白かったし、今日も見てみるか。

午後11時。
CMが終わった後、少し間を置いて、放送が始まった。なかなかかっこいいオープニング。

 

興奮する。なぜか、興奮する。
しっくりくる。

未だにチームとドライバーはほとんど知らない。だから今回は誰かに注目して見ることに。日本人ドライバーとして唯一参戦していた小林可夢偉は、自然と気になる。もう一人、過去に7度のワールドチャンピオンに輝いたミハエル・シューマッハでも良かったけど、なんとなく、違うドライバーが気になりました。

フェルナンド・アロンソ。
地元、スペイン出身のドライバー。アナウンサーによる事前情報によると、彼はスペインの英雄。精鋭ぞろいのF1ドライバーの中でも、特に強いドライバーの一人だそう。

「彼はここ一番での集中力が凄いですからねー。地元スペインでのレースということで期待入っているでしょう。2列目からどうやって前に抜け出すか、アロンソのスタートには注目ですね。」

解説者も揃ってこのアロンソというドライバーに注目って言ってました。だから僕も注目。

今回はスタートで、どこを見ればいいか明け暮れる必要がありません。赤いフェラーリのマシンに乗った、フェルナンド・アロンソに要注目ですから。

赤い5つのライトが一斉に消える。
スタート。
アロンソに注目。
実況の人が騒ぐ。「アロンソが良いスタートだ!!」

短いストレートの後、クネクネと2、3個のコーナーがある。
24台のマシンがコーナーにつっこんでいく。
赤いマシンと青いマシンがほぼ同時。
映像の角度で順位がよく分からない。
アロンソは今何位?

コーナーを抜けたマシン達が、カメラで順位を判別しやすい位置に来た。赤いマシンは?

 

 

本当です。ここで、一瞬の沈黙がありました。少なくとも僕の中では。
その沈黙の後、合わせたように皆が叫びだす。
実況の声だけじゃなくて、その奥からも声が聞こえる。観客の盛り上がる声。スペインの観客の声が、一気に押し寄せる。

「アロンソが前に出たーーー!!!」

短いストレートと2つのコーナーで、スペインの英雄は前の3台のマシンを鮮やかに抜き去った。完璧なスタート。それを見たスペインの観客が騒いでいた。僕も騒いでいた、心の中で。

「なんやこいつ、ほんまにスペインの英雄やん…」

惚れた。僕はF1に惚れました。芸術的なスタートを決めた地元の英雄、それを自分のことのように喜ぶ観客。なんやこのスポーツ、めっちゃおもろいやん…!

僕がF1を好きになった時のこと。

 

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

 

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top