「自分の人生、生きてる?」他人の目線ばかり気にしてた僕が、主体的にイギリス進学を選んだ理由とその後

イギリスに行けばなんとかなるはず

イギリスという場所にいけば、F1への道がぐんと近くなる。そう信じていたし、実際間違ってはいなかったです。

でもそこを勘違いしていた僕は、「イギリスに行けばなんとかなる」と思っていたんですけど、正直、なんともなりませんでした。

【真似しちゃダメ】イギリス留学一年目に後悔したこと、公開します
こんにちは、イギリス留学から一時帰国中のわたぽんです。 大学での一年目を終えたので、今日は留学一年目に後悔したことを紹介して...

まず1年目は、目の前の難しいことや面倒なことから逃げ回っている内に終わり、いつの間にか終了。何も成し遂げてない。あれ、留学ってこんな感じやったのかな?って。

例えば友達に「英語できるようになった?」って聞かれても、「うん!」と答えられなかったり。かと言って物凄くイギリス生活を楽しみまくって充実してた!ってわけでもなくて。あれ?皆の理想の留学生像と違うよなって。

留学一年目、大事なところで逃げた僕の結果
こんにちは、イギリスで大学生してるわたぽんです。 僕は夢を叶えるために、イギリスの大学へ来ました。夢を叶えようと頑張ってみて...

だから「やばい、巻き返さなきゃ…!」と挑んだ2年目、2~3ヵ月ぐらい本気で勉強したんですよね。ずっと図書室こもって。そしたら次は鬱になっちゃって。もう何もやる気が出ない。理想の留学生活から、どんどんかけ離れていっちゃう。親にも友達にも、言えるはずがない。

この時ばかりは、正直もう日本に帰っちゃおうかなって考えてました。

でもそんな最悪な状態を経て、なんで好きでイギリスまで来たはずなのに、こんな追い込まれてるんだろうなって思ったんですよね。

知らず知らずの内に、世間の理想と比べてしまっていた。

元々自分で好き好んでやってきた留学。
周りが期待してるような留学生活は僕には送れないかもしれないけれど、好きで来たんやし、自分の好きなようにやりゃいいやんって。周りのことは気にする必要ないって。そう思えるようになりました。

自分なりの留学生活であればいいやと。

 

自分らしい生き方とは

そうやって再び、自分らしく、主体的にイギリスでも生活できるようになっていったと思ってるんですけど、それを体現するようなストーリーが、インターンをゲットする時に起こりました。

 

イギリス3年目の終わりから、イギリスのF1チームで1年間のインターンシップをさせてもらったんですが、実はこれ、自分からアプローチしてゲットしたものでした。まあ簡単に言えば、自分からメールを送ったんですよね。「こんなことができます、ここで働かせてください!」と。

そしたら面接してくれて、僕のためにチーム内に存在してなかったポジションを作ってくれて、オファーを出してくれた。

これでよっしゃー!と思ってたら、次はこの時、イギリスで1年間インターンをするためのビザ、つまり滞在許可を持ってないことに気づきました。まじかよ、と。

でもよく調べてみると、イギリスの国としてのルールではインターンをするのが不可能じゃないと。なのに、大学のローカルルールみたいなもののせいで、不可能になっていたんですよね。

じゃあ大学に僕がインターンをするために必要な条件を全て盛り込んだ、新しいコースを作ってもらって、そこにコース異動すればいいやん!と考えたわけです。大学には「生徒の可能性を潰すんじゃないぞ」などとあることないことまくしたてて…。

すると、ほとんどの人は僕の言い分を無視しました。

でも、一人だけ
「1週間待って」

と言ってくれる人がいて、1週間待ってみたら、
「新しいコースできたよ~」

とメールくれたんですよね。ほんまかいなと。笑

つまり、僕のためにインターンのポジションをするために、僕のために作られたコースにコース異動して成し遂げたと。自分なりの道をと主体的に動いていった結果でした。

夢が叶う時って、現実的に過ぎ去っていくみたい
こんにちは、イギリスで大学生してるわたぽんです。 ついにこれを書く日が来たのかと思うと、少しそわそわします。 「将来の夢は...

まとめると、他人にコントロールされるんじゃなくて、周りにとらわれない、自分自身の人生を歩もうと。インターンの例は、その一つです。

でも同時に、高校生の時にあれだけ強く「自分の人生を生きよう」と思ったはずなのに、イギリスに来てその難しさや自分の弱さみたいなのも知りました。

毎日が選択の連続の中で、他人に流されてしまうことは簡単です。

でもだからこそ、しっかりとみんなに考えてほしいんです。

自分の人生を生きることができているのだろうか?
本当に自分に素直に生きているのだろうか?」と。

みなさんにとって、このプレゼンが自分の選択について確認するきっかけになればなと思っています。
ありがとうございました。

(プレゼン終了)


わたぽんのまとめ的なにか

冒頭でも書いた通り、このプレゼンの対象はあくまで高校生。
この機会をくださったNPO法人、留学フェローシップには感謝です。頭が上がりません。

内容的には歯抜けになっている部分も多々ありますが、僕の留学生活、だいたいこんな感じで4年目までやってきました。

「辛いことあったけど、最終的には良かった。」
そんな形でプレゼンを終えてることが、自分的には心残り。ひねくれ者です。正直、イギリスに来てからは笑顔のゴールを描けないことの方が多かったのに。

でもだからこそ、自分の人生についてひたすらに考えてきた。今ならそう言えます。

 

みんなは自分の人生、生きてますか?

 

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。現在F1チームでインターン中。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Pages:
1

2

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

わたぽん英国写真集 by Instagram

アーカイブ

Return Top