F1を目指しイギリスの大学で勉強する日本人

こんにちは、イギリスで大学生してるわたぽんです。

今日はたまたま同じくF1のエンジニアを目指してイギリスに来てる人達と会い、話したので、その時感じたことを書きます。

スポンサーリンク

 

ビザの壁と増す情熱

イギリス留学の目的は、行く人それぞれ。中には、「F1のエンジニア」に憧れ、イギリスの大学へ進学することにした人もいます。

僕だけじゃありません。

本気を出して探せば、わりかし見つかるもんです。イギリスのいくつかの大学にいる、レースへの夢・情熱を持った日本人学生達。F1のためだけに、海を渡った若者達。過去にもそこそこいたでしょう。

その内いくらの人が、F1チームへ就職でき、活躍できているのか?
その内いくらの人が、夢を叶えられたのか?

簡単な世界ではありません。

イギリス人でない僕達は、ビザという高い壁があります。こんなcheesyな平べったい食べ物と間違えそうな名前の奴に、僕達は苦しむのです。

例えば、イギリス人と日本人が最終候補に残ったとする。
選ばれるのは一人。
二人とも実力に大差なし。

イギリスに本拠地を置くほとんどのF1チームは、そこで日本人を取ることはありません。ビザがややこしいからです。EU外からのエンジニア候補を取る場合は、他に比べ格段に優れ、違い、圧倒していなければなりません。つまりチーム側からすれば、他とは代替がきかない優秀な人材でないといけない。

簡単なことではありません。

今まで何人もの人が挑戦してきたはずなのに、実際にF1チームで今働いている日本人は、数少ない。狭く、時には暗く、孤独な、ホープレスな道のりです。

F1エンジニアに必要な特技とは?とあるF1エンジニアからのアドバイス
モータースポーツの世界は厳しく、頭の良い人たちがレースで勝つために本気で戦っています。今はその最高峰がFormula 1(F1)です。そんな...

それでも、僕達は夢を持って語ります。

たった0.1%でも可能性があれば、そこに希望を見出すのです。
今まで達成した人が少なくとも、自分ならできると信じて進む。
言い訳なんて、通用しない世界。

そして何より、楽しんでいます。少なくとも僕は。この状況が、過去に例を見ないほど楽しい。他の人も頑張っている。楽しんでいる。僕だって、負けてられない。

他人を見てるだけじゃ、本質的な成長はできません。
過去の自分と比べ、どれだけ優秀か、成長したか、強くなったか。

僕は今、F1チームに求められるような人か?でないなら、何が足りないか?イギリスという場所は間違っていません。何かうまくいかないならば、それは自分の実力と運の問題。

イギリス来たらF1エンジニアへのチャンスが増えるのは本当だった
こんにちは、わたぽんです。 F1のエンジニアに憧れてイギリスのサウサンプトン大学に進学してきましたが、そもそもF1に関してはどう...

将来、僕達の内どれくらいがイギリスに残り、夢を叶えられるのだろう。

…いや、考えても無駄。
やらなければできない、やればできる”かも”しれない。そんなけ。

そしてやれることは、無限にあります。風穴、開けてみたいね。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top