ロンドン…以外のティーハウスへ!コーンウォールにあるCharlotte’s Tea Houseで楽しむクリームティー

実はそろそろブログを始めて1年がたちます。わたぽんです。1年前に色々思い描いていたことはありますが、その内の一つ、「クリームティーをしっかり紹介する」というのを以前の記事でできました。(:イギリスで一番おいしい?アフターヌーンティーよりおすすめかもしれない、クリームティーの魅力)

本日はその番外編とでも言うのでしょうか、クリームティーを楽しむのにおすすめのお店を一つ、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

ロンドン…から電車で5時間

ロンドンにはありません。ロンドンから電車で5時間ほど。コーンウォール地方のTruroという街にあるカフェです。端っこの方にあるわりに、案外立派な街。石畳の道の両隣に、全国ブランドの店からかわいい小さな地元の店まで並んでいます。目指すカフェは、その街の中心付近、とても目立つところにあります。
17053321162_8c00e036ae_k

そう、この中心にある歴史のありそうな建物が今回紹介するカフェのあるところ。

地元の友達に案内されつつ行ったのですが、Here we come!って言われたときはさすがに驚きましたね。僕、ジーパンで行っちゃってびびりまくり。

Charlotte’s Tea House“カフェというより、ティーハウスと呼んだ方が良いのでしょうか。ティーハウスは上の階にあります。

16432365204_5d1a7c83e9_k

踊り場の部分にはアンティークショップもありました。お高い感じのアンティークが多かった気がします。

カフェのある階に到着。階段からティーハウス入り口までの通路には、Charlotte’s Tea Houseが受賞した数々の賞状が飾ってありました。

16867013688_efaf2af50e_k

期待は高まります。

このCharlotte’s Tea Houseは、イギリスの数あるティーハウスの中でも良いティーハウスとして紹介されるほど。人々は便利なロンドンにあるティーハウスに行きがちですが、違うところに行くのもおもしろいです。特色はコーンウォールのものを使ったメニュー。地元のマーケットから仕入れているそうです。

メニューには色々とありますが、今回の目的はクリームティー。わき目もふらず、席に着くとすぐにクリームティーを注文しました。

内装はこんな感じ。

17028804966_b802c49446_k

見た目は時代を感じますが、着込んでいく必要もなく、ドレスコードの特にないこのティーハウスにはジーパンでもふつうに入れます。席を選べば、窓から街の大通りを、文字通り真正面から見ることができます。

17053330802_cc2c7d51f3_k

さて、そろそろクリームティーの登場の時間です。

注文してからほどなく、まずはティーセットが運ばれてきます。

16868573019_c7fd2447bc_k

ご存じの通り、紅茶の入れ方というのは千差万別ですが、イギリスではミルクティーが基本ですね。ティーセットには余計な飾り付けはなく、シンプルかつ美しい。ティーを入れようか蒸らそうかと考えてる内に、主役(少なくとも僕にとっては)がでてきました。

16868473209_b2dede8050_k

スコーン、ストロベリージャム、クロテッドクリーム。

17028799216_12f1cc1291_k

スコーンにはコーンウォールのバター(Cornish Butter)使用。1人あたり2つです。レーズンが入っているものも?温かくはなかったのですが、冷たいスコーンにありがちなパサつきはなく、スコーンだけでもしっかりとした味。

17054796465_46144907cf_k

クロテッドクリームももちろんコーンウォールのもの。ジャムは酸っぱくなく、でも甘すぎず。

Truroはコーンウォールの街。コーンウォールでは、ジャムを先にのせてから、クロテッドクリームをのせます。”Jam First”というツイッターアカウントもあるぐらいですよ。

17053979771_6184becf0b_k

フォークとナイフを使ってでも、手で食べてもオッケー。意外と堅苦しさのないティーハウス。ちょっと不思議な感じ。

クリームティーは1人スコーン2つ分ずつ。濃厚なクロテッドクリームとしっかりとしたスコーン、ジャムの組み合わせで、ちょっと多いめのティータイム。小食の方なら、ランチは軽めにしておいた方が良いかもしれませんね。

ティーハウスの内装に合った店員の服もかわいらしいです。帰り際には”Thank you. It was just fabulous.!”と、軽く笑顔でお礼を言うのがイギリス紳士への近道…かな。

 

Charlotte’s Tea Houseに行ってみよう!

ロンドンから電車で約5時間、Truroという駅で下車。駅から街までは少し離れていて坂もありますが、心配ならバスもあります。しかし街の中心部までの道も、風情を楽しめます。

ティーハウスでは、クリームティーだけでなく、その名の通り様々なティー(紅茶)を楽しめます。コーンウォール限定の茶葉も。ケーキもすべて手作りですよ。

紹介サイト:Charlotte’s Tea House – Enjoy Truro

こちらの記事も一緒にどうぞ:イギリスで一番おいしい?アフターヌーンティーよりおすすめかもしれない、クリームティーの魅力)

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top