リトアニアで格安滞在!安くて綺麗で立地も良いホステル(at ヴィリニュス、カウナス、クライペダ)

こんにちは、この前バルト三国へ行ってきたわたぽんです。

リトアニアは物価が安めで、旅人には嬉しい国。もちろん泊るところも安くて良いのがあります。ホステルのドミトリーなら10ユーロほどからで、快適に過ごせます。本日はリトアニアの安くて綺麗で立地も良い、まさに三点セット揃ったホステルを3つご紹介します。

スポンサーリンク

 

Come to Vilnius Hostel (Vilnius)

リトアニア観光で最も訪れるであろう、首都・ヴィリニュス。ここでおすすめの安宿が”Come to Vilnius Hostel”です。小さくてアットホームですが、綺麗で快適なホステルです。

ホステルの様子

中は綺麗でアットホームな雰囲気。入口付近にはダイニングキッチン、受付があります。
キッチンには冷蔵庫、レンジなどがそろっており、料理もできる設備となっています。そのすぐ後ろにあるダイニングでは旅行者同士で座って団らんできるほか、テーブルには常にクッキーやウエハースのようなものもありました。

シャワーとトイレは共同。もちろん温かいお湯が使えます。

部屋は4人ドミトリールーム(女性専用あり)の他、2人部屋、4人部屋などがあります。

DSC_0146

ホステルの受付の方はまだ高校生?というような面立ちの子でしたが、ホスピタリティにあふれていました。一人でいたときは笑顔で話しかけてくれ、観光相談にものってくれました。英語はしっかり伝わります。

Wi-Fiは自由に使えました。部屋の位置によって強度が若干変わってきます。

立地

ヴィリニュス中央駅、バスターミナルから徒歩5分以内。旧市街地へもすぐ行けるという好立地です。

駅を出て正面の道をまっすぐいき、突き当たりのy字型交差点で左へ曲がります。そこから次の信号の道で右に曲がれば着きます。

ホステルの面している道自体は細めの道なのですが、大通りからすぐなので特別危ないということはありません。

値段

ドミトリールームで10ユーロから。15ユーロほどにもなったりしますが、Booking.comで予約すると割引がきくこともあります。(come to vilnius hostelで検索。)Booking.comは手数料なしで予約ができ、日本語にも一部対応しているので、ホステル予約にはおすすめです。

1ユーロ追加することで朝食(パンケーキ)ももらえます。

 

The Monk’s Bunk Kaunas (Kaunas)

次はカウナスでおすすめのホステル。入口の見た目は汚かったのですが、中は案外広々として清潔な空間。シャワーなどの設備も綺麗でした。

ホステルの様子

The Monk’s Bunk Kaunasは入口が汚く、怪しい雰囲気に見えますが、中に入ると綺麗でモダンな内装になってます。ホステルの半分のエリアがリビングなどのコミュニティーエリアになってるというのが売りですが、夜11時以降は静かにというルールがあるなど、明るくも騒がしくないバランスのとれたホステル。

IMG_4434

トイレやシャワーも綺麗で、気持ち良く使えます。キッチンには大きな冷蔵庫もあり使えます。リビングエリアには本や薄型テレビが設置されてます。

こちらの受付の方も英語がうまく、カウナスの観光案内にも精通していました。受付の方にカウナスの歩き方とおいしいリトアニア料理のリーズナブルな店も教えてもらえました。ここのWi-Fiはとてもよく、ネットが遅くてイライラするなどということがありませんでした。

立地

場所は新市街にあり、旧市街へは徒歩10分~15分かかります。しかし新市街のメインストリート(歩行者専用の大通り)を歩いていくことになるので、昼は活気を感じられるし、夜もそれほど危なくないです。

近くにはカフェ、スーパーなどがたくさん。一応ファッションショップもあります。また、聖ミカエル教会が近くにあります。

カウナス駅やバスターミナルからは徒歩15分。こちらも大通りを歩いて行けるので、比較的治安は良いです。

ただ、ホステル入口がとてつもなく分かりにくいです。写真撮り忘れたのですが、カフェ横のトンネル型のわき道を入って左にあります。

DSC_0206

値段

ドミトリールームで11ユーロほどから。ドミトリールーム中心ですが、プライベートルームもあります。洗濯も5ユーロでやってくれます。また、周辺のカフェの割引券がもらえたりするという情報も。こちらもBooking.comから予約できます(“the monk’s bunk kaunas”で検索)。

 

Klaipeda Hostel (Klaipeda)

3つ目はリトアニア西側の港町、第三の都市であるクライペダにあるホステル。こちらも綺麗で設備の整った良いホステルです。

ホステルの様子

ホステルは家のような建物の2階と3階にあります。

受付の方はやさしく、色々と親切に教えてもらえました。24時間受付は開いているので、外出の際や何か質問があるときも安心できます。

内装はアットホームで綺麗な、だれか友達の家のような雰囲気。リビングやキッチンはスペースが広いわけではありませんが、清潔で明るく、整っています。

IMG_4472

トイレ・シャワーはとても綺麗で、機能的。今回紹介してる3つの中では最も綺麗でした。ホテルにあるシャワーなどと比べても見劣りしません。

部屋はシンプル。余計なものがない分、安くなっています。また、ダイニングには毎日おいしいアップル風味のスポンジケーキが無料でふるまわれていました。

IMG_4473

Klaipeda HostelでもWi-Fiの強度は十分。プリンターも使え、ここで翌日のバス予約ができました。

立地

Klaipeda Hostelはバスターミナルや駅からすぐ近く。バスターミナルなんかはもうすぐ目の前で、30秒で行ける距離。バス移動が中心となるであろうリトアニアでは、最高の立地。

見どころの多い旧市街や海からは少し離れていますが、歩いて15分~ぐらい。しかし街の雰囲気が落ち着いていて美しいので、歩くのにも良いところです。

IMG_4456

値段

ドミトリールームで13ユーロほどから。クライペダ自体に海外から観光客が多く来ないので、混雑はしないかなと思います。ただ、この価格帯のクライペダのホステルはKlaipeda Hostelともう一つしかないので、予約しておいた方がいいかなと思います。

Booking.comでの予約では現地払いで事前キャンセルも可能でした。

 

一応、Booking.comの紹介も

Booking.comがたびたび登場しているので、知らない方のために、僕がこのサイトを使ってホステルの予約をする理由や利点などを紹介しておきます。

Booking.comとはオランダで生まれたホテル・ホステル検索・予約サービスで、格安ホステルにも強いです。特にヨーロッパでは最も優れたホテル・ホステルの検索・予約サービスです。各ホステルのサイトから予約するよりも、Booking.comで予約する方が安いことも多々あり、非常に重宝してます。

写真が多く、表示も大きいので、どんなホステルか見定めるのには他のサイトよりもBooking.comが見やすいかなーという印象。僕が予約するときは、レビューが高いところ(8.5以上あればとても良い)を目安にしています。

また、予約を基本Booking.comに固定することで、クレジットカード情報の入力手間を省けたり、各ホステルへもクレジットカード情報を提供しなくてもよくなります。(現地払いの場合は、受付でクレジットカード、現金払いどちらでもいけます。)

 

まとめ的ななにか

リトアニアは物価が安めの国で、安く泊まれるホステルもいくらかあります。ただ、安くて立地も良く綺麗なホステルというと限られてくるので、少し注意しなければなりません。今回紹介したところは十分清潔かつ安く、立地の良いところを紹介しました。南京虫なども一切出ず、快適に過ごせました。リトアニアへ安く旅したい方はぜひ参考にしてください。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

    • Fran
    • July 29th, 2016

    カム・トゥ・ヴィリニュス・ホステルには、私も泊まりました!

    オーナーのご夫婦は親切で、ルームメイトになったウクライナのおじさんとは友人になって、近所のバーでビールを楽しみました。

    リトアニアは、ヴィリニュスしか滞在できなかったのですが、ちょうど、行われていたカジューカス祭りを、三日間まるまる楽しめたり、ヴィリニュス大学で綺麗な女の子と知り合えたりして、いい思い出しかありません。

    また行きたいとは思える、美しい国の一つです

    見知ったホステルが載っていたのが嬉しくて、コメントさせていただきました。

    • コメントありがとうございます。
      いいですね~。僕が訪れたときは、オーナーの方とは話せず残念です!とてもきれいな街ですよね

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top