マレー鉄道のオンライン予約方法。売り切れでもあきらめるのはまだ早い!?

「せっかくだから、飛行機じゃない手段で国境越えしたいな。」

マレー鉄道は、シンガポール~タイのバンコクまでつながってる路線です。これを利用すると、電車で国境越えができます。しかも寝台という選択もできます。(画像はマレーシア内での路線図)

map

僕はこの寝台列車に乗って、シンガポールのウッドランズ駅からマレーシアのクアラルンプールまで行こうと思いました。オンラインで予約できると聞き、早速マレー鉄道のサイトをのぞきます。マレー鉄道はKTMと呼ばれてるみたいです。

スポンサーリンク

 

e-Ticket予約方法

KTMのまずはオンライン予約の流れを書きます。

KTMホームページで、e-Ticketをクリックします。

ktmbook1

 

初めての方は、このページで名前やパスワード設定などを入力して、登録します。登録後、マイページにて”Ticket Reservation”という項目をクリックします。このような画面にとびます。

ktmbook2

ここからは普通に、
Origin : 出発地
Destination : 目的地
Journey Date : 電車に乗る日
Train : どの電車に乗るか
Couch : どのタイプの席か
を選びます。Couchについては、普通の座席と寝台タイプがあります。選んだら、Addします。

Addボタンをクリックすると、ポップアップ画面が出てきて、Passenger Detailの入力へと進みます。パスポートNo.が必要になりますので、注意。どの座席にするかもここで選びます。(窓側か通路側か、寝台なら上段か下段か)ちなみに寝台なら、上段の方が下段よりも安いです。たしかに下段の方が広く見えましたが、上段でも特に問題ありません。下段でも電車の音がうるさい、という情報もあるので。笑

Passenger Detailを入力し終わると、あとは確認や支払い方法についてです。クレジットカードが使えます。ただし、キャンセルして払い戻しをしようとすると、ややこしいので注意してください。電話やメールなどしないといけないです。

最後、支払いまで終わると、チケット情報が出てきますので、しっかりプリントアウトするなり、メモするなり、スクショするなりしてください。これを駅で見せたら乗れます。

 

いつまでに予約すればいいのか?

ネットで調べると、「混む時期で1週間前の予約、普段なら前日・当日でも大丈夫♪」という情報が得られました。僕が予約しようと思ったのは2週間ぐらい前だったので、絶対席取れると思ってました。

余裕でチケット取れるはずですよね??

しかしKTMは曲者でした。予約しようとe-Ticketのマイページから順調に進んでいると、Couchの部分で”No date to display”と出てきます。つまり、予約でいっぱいだと…え、もしかして極度の忙しい時期に当たっちゃった!?と思い、マレーシアなどの祝祭日や学校の長期休みの日を調べましたが、どう考えても普通の木曜日でした。

しかも、寝台だけでなく日中の列車もいっぱいで、少し日をずらしたところで、ほぼ予約不可能でした。

あきらめきれない僕は、まずメールでKTMに質問してみました。問い合わせアドレスは”callcenter@ktmb.com.my”です。やりとりをして気付いたのは、メールで聞いてもKTMのサイトを参考に答えているのか、ネット上の情報と何も変わらなかったです。そう、無駄です。

あきらめかけながらも、僕は毎日毎日サイトをチェックしていました。急に空きがでないかなあ。そう思っていたのも事実です。

 

そこでふと、気付きました。この予約システムの法則性に。

 

チケットの予約自体は、KTMのサイトの”e-Ticket”という項目から、登録して行います。そして空席確認は、”Seat Availability”という欄からできます。Seat Availabilityでは、当日~1週間先までの、各電車の空き情報があ見れます。(それより先の空き情報は、e-Ticketで予約するとこからしか見れません。)

このSeat Availabilityで、シンガポール~クアラルンプール間の電車が、当日や翌日の座席数は二桁、多い日は100を超えるのに、それ以外の日は空席なしと表示されてました。翌日見ても、同じです。またその次の日に見ても、当日だけ異様に空席数が跳ね上がってました。

どういうことか分かりましたか?当日に近くなると、急に空席数が増えるのです。それまで予約でいっぱいだったのが、当日になると50席空きが出たりします。多分、どっかで座席の確保が行われているのでしょう。

いずれにせよ、この法則は1週間続けてSeat Availibityを見ていると、すべてにおいて成り立ちました。僕が乗りたい日も成り立つはずだ!と信じ、僕は寝台列車の予約をせずにシンガポールへ旅立ちました。

 

結果

当日、シンガポールのスタバのWi-Fiを使って、恐る恐るKTMのホームページから空席確認をしました。朝10時ごろです。するとどうでしょう。見事に何十もの席が、空席へと変わっていました!その場で寝台の上段席を予約。36か38シンガポールドルでした。

ちなみにですが、シンガポールのウッドランズ駅の次、マレーシアのジョホールバル駅から乗ると、さらに安くなるそうです。また、反対にクアラルンプールからシンガポールへの電車に乗ると、同じ区間なのにさらに安く乗れます。これはシンガポールという国が関係してるみたいです。

 

【e-Ticketのプリントアウトを忘れたら?】

なぜこんなバカな項目を書くのでしょうか?それは僕が、e-Ticket情報をメモるのを忘れてしまったからです。

スタバでiPod Touchを使って予約したとき、喜びすぎて、スクショなどを撮るのを忘れてました。もちろんプリンターなどバックパッカーが持ち合わせてるはずもありません。

夜の11時10分くらいにウッドランズ駅に着いたとき、パスポートと共に掲示を求められたのが、e-Ticketのコピー。「ないです、忘れました。」と言ったら、「じゃあ乗れません。」と言われた僕。嘘だろ…(汗)って感じでした。

そこから、2階の検札と1階のオフィスを行ったり来たりするはめに。「オフィスでは、なんでもっと早く来なかった!?」とか、「もう遅い、あきらめな。」とか、悲観的なことばかり言われ、もう無理だと思いました。

しかし奇跡は起こりました。

2階の検札のお兄ちゃんに頼み込むと、まず一緒にオフィスについてきてくれ、時間的にもう閉まっていることを確認すると、なんと僕を通してくれました。きっと、僕がパスポートなどの身分証明書を持っていたこと、予約情報の一部を覚えていたこと(どこの車両や電車の時間、上段か下段か、など)でした。出国審査と入国審査を数分で済ませ、ホームにたどり着くと、さっきのお兄さんがいました。

「とりあえずあそこの車両に乗っとけ。次の駅で15分間停車するから、そこで予約を確認してやる。」

おおー。なんとか乗ることができました。お兄さん、かっこよすぎ。てか僕がかっこ悪すぎ(笑)でも案内されたのは寝台ではなく、ふつうのシートでした。

ktmseat

この後、マレーシア英語で職務質問のように色々尋ねられましたが、無事次の駅で予約が確認でき、寝台車両に移してもらえました。

e-Ticket、忘れないようにしましょう。。。汗

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top