洋楽は英語の勉強のためだけじゃない!イギリスの大学生の僕が洋楽を勧める理由(と英語の勉強に活かす方法も紹介)

スポンサーリンク


過去に友達が、「洋楽は英語の勉強に効果があるのか、うんぬんかんぬん」と高校の卒論みたいなんに書こうとしてましたが、そんなに深堀りしません。というのも、僕は洋楽は楽しむもので、英語の勉強に活かすのはそのついでと考えていたからです。

いずれにせよ、効果のある点や方法、逆に期待しない方が良い点を紹介しましょう。

英語に慣れるには最高の素材

洋楽は英語(ここでは英語ベースで考えます)に慣れ親しむのには最高の素材です。

「洋楽は文化の一部」という風に書きましたが、文化に慣れ親しむことは、英語の勉強、特に英語を喋れるようになるには知っておいた方が良いことだし、モチベーションにもつながります。

また、意識せずとも、英語の音に慣れたり、リズムを掴みやすくなります。

もちろん音楽なので変なイントネーションになってる部分はありますが、それを差し引いても、”慣れ”には最高のものでしょう。

曲に合わせて唄えるように練習するのは、発音の練習に良い

僕自身よくやってましたが、曲に合わせて唄ってみるのは、英語の発音の練習に使えます。

ぜひ海外アーティストの気分に浸って、唄う練習をしてみましょう。洋楽を唄うときは、vの音は下唇に前歯をのせてハッキリ発生するなど、発音の仕方に注意しながら、できる限りマネるように。日本語英語の洋楽なんて、ダサいだけですよ。笑

おすすめは曲と歌詞が同時に流れる動画。「曲名 + lyrics」でYouTube検索かければ、歌詞動画がでてきます。

発音を自分で意識してしっかりするのは、英語の音に慣れることができるので、リスニングでも役立ちます。

知らない単語はググってみよう

洋楽を聴いてて、というか聴いても何言ってるか最初は分からないので歌詞を見て、知らない単語や表現があれば、すぐにググってみましょう。

ちょくちょく面白い単語、英語表現があって、曲のリズムとも相まって覚えやすいです。

学校の英語の授業ではあまり教わらないような単語・表現もよく出てきますよ。

僕は”choir: 聖歌隊”という単語を”Viva La Vida”という曲で覚えましたが、なんで知ってんの?!と先生に後で驚かれましたね。役立つのかは知りませんが。笑

役立つという意味では、”tell’em (tell them)”のような短縮系の学習には、結構役立ちます。

洋楽だけで英語を聴けるようになるのはキツイし、英語を話せるようにはならない

洋楽を使えば英語の練習になるよーと書いてきましたが、現実はそんなに甘くないことも書いておきましょう。

洋楽はたしかに、英語の勉強に役立ちます。
知らない単語を教えてくれるし、唄えば発音矯正にも役立ちます。

しかし、洋楽を聴けばリスニングができるようになるかと言えば間違いだし、話せるようにもなれるとは思いません。

リスニング力を高めるのには有効ですが、会話で出てくる文章と、洋楽の歌詞は少し違います。音は聴けても、意味が分からないなんてことになるかもしれません。

英語を話すのも同じ。

考えてみてください。
日本語でも歌詞と会話文は少し違いますよね?「ただ泣いて笑って過ごす日々に、隣に立っていれることで~」なんて普通の会話で言ってきたら、背筋がゾッとします。

最終的に英語を話したり、会話を聞けるようになりたいなら、実際に英語を”話す”ことや、実際の英会話を”聞く”練習が必要です。

洋楽はあくまで”慣れ”を提供し、勉強のお手伝いになるだけ。洋楽ですべてできるようにはなりません。

洋楽を英語の勉強に最大限に活かしたいなら、”意識する”のが重要

そんな中でも、洋楽を英語の勉強に活かしたいなら、意識して聴くことが重要です。

洋楽をのほほーんと聴いていても、正直効果はほとんどありません。

メロディーが右から左に突き抜けてくだけです。

英語の勉強として活用したいなら、意識して、今の単語聴きとれた!うまく発音するぞ!とやっていくのが必要。

「楽しく洋楽で英語の勉強♪」なんて言えるのは、好きすぎたり練習しすぎたりで、自然に意識できている場合だけ。

とは言っても、好きな曲であれば、自然に英語の勉強に役立つことを実践できると思います。なんせ曲に合わせてうまく唄うだけで、英語の練習になりますからね。

 

わたぽんのまとめ的なにか

僕は洋楽を、英語の勉強の道具というよりも、海外からやってくる、広い世界を楽しませてくれるものの一つとして、純粋に楽しんでほしいと思います。そのついでに、英語の勉強に活かせれば、という感じで。

日本でも洋楽聴く人がだいぶ増えてきた印象です。

それとも僕が歳とってきたから、周りに洋楽聴く人が増えているだけでしょうか…。

英語の勉強に活かす場合は、ボーカルを必死にマネて真似てマネまくりましょう!

そんな感じで。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

わたぽん(@wataponf1_uk)
高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでのインターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。詳しいプロフィールはこちら

ブログ「わたぽんWorld」について

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。2014年に運営開始。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。
テーマは夢とイギリス留学。僕の生き方が励みになると言っていただくことが増えてきて、とても嬉しいです!

Pages:
1

2

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

高校生の時に「F1マシンをデザインしたい!」という夢を抱き、F1の中心地:イギリスへ。サウサンプトン大学で宇宙航空工学を専攻中。未熟で失敗ばかりするも、その度に這い上がってきた。そして渡英4年目には、念願であったF1チームでの1年インターンも獲得。自分と未来を信じて、夢は叶えられると証明したい。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook note Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

わたぽん英国写真集 by Instagram

アーカイブ

Return Top