#夏に始める朝活 ~わたぽんの朝活八箇条~

朝活、はじめました。

2014年8月6日より、僕も朝活を始めました。朝活という定義がよく分かっていないのですが、自分なりに、朝活とはこういうものだ!!というのを作っちゃおうと思いました。自分で決めたことの方が、続けやすいですしね。

夏に始めた理由は、まず昼間暑くて朝の方が涼しいから。そしてイギリスに行ったら一人暮らしなので、それまでに生活習慣を整えたいと思ったからです。イギリスに行ったらどうなるか知りませんが、なるべく朝を大事にした

生活をしたいですね。きっかけはこの記事です。「留学して気づいた/再確認した、人生を楽しむために大切な20のこと(日常生活編) – ときめきを追いかけて。
読むと、このような項目があります。

5)朝を丁寧に過ごそう。

まさに僕に言われてるような言葉です。僕の「朝活」はこの言葉をもとに考えられ、8つのポイントでまとめられます。

これが僕の朝活スタイルです。

スポンサーリンク

 

~朝活八箇条~

第一条) 楽しく

嫌なことは続きません。続いてる場合は、相当自分にダメージがあるはずです。朝活を楽しむ心づもりで。

第二条) ムリしない

ムリするとどこかで破綻します。だから朝起きるのもムリせず6~7時くらいが目安だし、朝活に完全にとらわれていると、本質を見失ってしまいます。

第三条) 睡眠時間を削らない

絶対やっちゃダメなこと。睡眠時間は7~8時間ちゃんととる。それを見越して、寝る時間、起きる時間、日中しておくべきことを把握できるようにするべし。

第四条) 昼寝はオッケー

昼寝は別にしてもかまわないです。至福のひとときです。朝動いて疲れたら、少し体を休めるのも良いですね。でも決して寝すぎないように。30分が限度。

第五条) ご飯はちゃんと食べる

朝ごはんはもちろん、昼、夜もしっかり食べる。朝ごはんを少し豪華に、夜は少なめにすると、太りにくいとも聞きます。ただし夜は、食べる時間に気をつけて。

第六条) 朝を有意義に

朝早く起きる目的は、その時間を有意義に使うため。読書、サイクリング、ブログを書く。雰囲気の良いお店に、モーニングを食べに行くのも良いですね。

第七条) 朝シャワーを浴びる

朝起きたら、目覚めのシャワーを。明るい時間にシャワーを浴びると気分良くなるし、目も覚める。その後の朝の活動に、フレッシュな気持ちで楽しめます。

第八条) 宣言する

あとはこれを、宣言する。TwitterでもFacebookでも良いし、友達とのLineグループや、家族でもオッケー。他の人に伝えることで、やり通す意識が芽生え、続けやすくなります。


 

個人的には、第四条の昼寝は、すると起きれないので、なるべくしないようにしてます。

そしてTwitterでは、”#夏に始める朝活“というハッシュタグを作り、僕の朝活を宣言しています。

 

朝活、やりませんか?

何かを始めるとき、一緒にする人がいると始めやすいし、継続しやすくなります。もちろん僕と全く同じにする必要はありません。私は朝にシャワーは浴びない!でも大丈夫です。

#夏に始める朝活

このハッシュタグで朝活を一緒にする人がいると、嬉しいです。日本にいる間に、京都周辺になると思いますが、朝活イベント、みたいなのもしてみたいですね。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top