【日本では考えられない】サウサンプトン大学の新歓最大イベント「Freshers Ball」がすごい6つのポイント

9月にイギリスに着いたときは、まだ昼は温かかったのに、10月に入りめっきり寒くなってしまったイギリス、サウサンプトン。授業も始まり新歓イベントも落ち着いてきたとある土曜日。夕方までは平穏でしたが、夜になるとどんどん騒がしく…そう、この日サウサンプトン大学の新歓最大のイベント、Fresher’s Ballが行われたのでした。

スポンサーリンク

 

Fresher’s Ballとは?

サウサンプトン大学には様々な新歓イベントがありますが、その中でも最大のイベントがこのFresher’s Ball。有名人を招き、まるで音楽フェスのような雰囲気。大学側の主催で、すべて大学内で行われます。

image (2)

Fresher’s Ballがすごい6つのポイント

大学内で行われるイベントの、どこがそんなにすごいのか。以前書いた記事「Fresher’s Week! – サウサンプトン大学の新歓前半戦を振り返る」で紹介したのと重なる部分もありますが、6つにまとめてみました。

公式イベントが深夜!?

まずは時間。イギリスに来て驚くのは、大学側主催のイベントでも平気で深夜まで行われること。Fresher’s Ballもその例にもれず、イベント時間は21:00 ~ 3:00。やっぱりイギリスの新歓は狂っています。笑

 

ドレスコード:正装

image (3)

入学式でも卒業式でもないのに、ドレスコードが正装。正装と言っても、男性なら襟付きのシャツにチノパンツやスラックスは必須、ジャケット、セーター、ネクタイなどはお好みで、というもの。女性はドレスにハイヒールが多かったですね。

しかし圧巻は、正装という枠の中でおしゃれしたイギリス人が集まっているところ。バスからシャツにジャケット姿の人たちがぞろぞろと降りてくる姿は、かっこよかったです。(僕はホモではありません)

 

ビールやカクテルは当たり前

イギリスでは当たり前なのですが、飲酒が18歳から法律的に許されます。だから大学内のパブやバーでは、お酒がものすごい勢いで消費されていきます。

流れとしてはパブで少し飲む(と言ってもイギリス人の少しは多いです)。それからイベント会場で次はウォッカやウイスキーなどの強い酒を飲む。そしてはしゃぐ。疲れたらまた飲む。という感じです。お酒をぶっかけられてジャケットやシャツが汚れないように注意。笑

 

大学内に遊園地!?

Fresher’s Ballで最も驚いたこと。それは大学内に突如、遊園地のようなアトラクションが現れたことです。

image

なんでこんなものが大学内にあるのか…
ただぐるぐる回るだけなのですが、無料なので乗ってみました。絶叫系が苦手でもギリ乗れるレベルです。

動画も撮ったので、こちらの方がイメージしやすいかも。(粗いです、すいません。)

会場はハイクオリティ

大学内が会場。ですがイギリスの大学はアレンジの仕方を知っている。普段はインフォメーションセンターのところがクラブになっていたり、バーもクラブになっていたり。芝生の広場にはテントを張って、サイレントディスコ。(ヘッドホンをつけて楽しむディスコ、外から見たら無音なのでサイレントディスコと呼ばれています。)

会場入り口にはレッドカーペットがひかれ、屋台もでている。すべてがどこかの企業がやってるような、ハイクオリティー。高校の文化祭で見かけるような生徒手作り感とは無縁です。

 

有名アーティストが大学に!

image (1)

https://www.facebook.com/events/774325282608614/?fref=ts

こちらはFresher’s BallのFacebookページ。ここで参加アーティストのリストを見れます。知らない人ばっかり。でも調べてみると、実はかなりすごいアーティストが集められていることが判明。

MK、Jess Glynne、Kidnap Kid、Joel Compass、Toybou & Robin…

分からない方が多いと思いますが、Kidnap KidなどはFacebookで30万人がいいね!されているほど。日本でも秋の学園祭などで有名人を呼ぶことはあっても、一人だけというのが多い。そう考えると、Fresher’s Ballは豪華キャストが集結しています。

 

まとめ

日本で同じことをする大学はあると思いますか?イギリスの大学はイベントの規模が違います。個人的にはシャツにジャケット、スラックスの服装でイベントに参加できたのが、少しイギリスっぽくて良かったです。

正装姿で会場に行き、パブで同じコースの人などと会い、クラブと化した大学構内の建物で有名アーティストを見ながら友達とはしゃぐ。一度は味わってみたいですよね。

ちなみにこのイベントへの入場料は25ポンド。これを高いとみるか、安いとみるかは意見が分かれそうですね…いや高いでしょ…

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top