「だから人種差別はなくならない」グローバル化する世界で僕たちが考えるべきこと。(とある日本人留学生の意見)

「やから人種差別って、なくならへんねん。」

こんにちは、イギリス留学中のわたぽんです。僕はイギリスに留学している身として、残念なことか自然なことなのか、人種差別について考えさせられることが多々あります。意外にもその発端は他人に浴びせられた侮辱等よりも、自分だったり、他の日本人の言動だったりします。

僕があえて言いたいのは「人種差別はなくならない」ということ。なぜ人種差別は起こるのか?なぜなくならないと思うのか?じゃあどう考えればいいのか?僕の経験もまじえつつ、人種差別に関して考えたことを伝えれたらと思います。

スポンサーリンク

 

なぜ未だに?人種差別に関する5つの観点

まずは人種差別がなぜ起こるのか、なぜなくならないと思うのか、5つのポイントに分けて書きます。

心と知識の狭さが引き起こす

なぜ人種差別が起こるのか考えると、真っ先に思いつくのは心が狭いからということ。つまり受け入れられる幅が狭い人。相手のことを考えられないから、ついあらぬことを口に出したりしてしまいます。相手が自分と違うのが嫌で、避けてしまうのです。ちょっとしたことで「人種差別だ!」という被害妄想が激しい人もいますが、それも場合によっては心の狭さが引き起こしているものです。心の狭さが差別的な行動につながってるのは、ある意味最も分かりやすいことかと思います。

心の狭さと同時に、知識の狭さも差別につながります。例えば宗教や文化ですね。
ISIS(Islamic State)が日本人ジャーナリスト等の首を切った事件を覚えていますか?イスラム教徒の一派が行ったわけですが、この件を受けて「イスラム教=危ない宗教」という流れが一時できあがっていたのには驚きました。日本でもイスラム教への偏見については盛り上がったそうですが、僕は気になって、イスラム教徒である友達に聞いてみました。「ISISに日本人殺されたやん?あれ、どう思う?」と。

俺たちもISISは嫌いだ。あれはイスラム教じゃない。違うんだ。」気分を悪くしかねない話題だっただけに、正直に答えてくれたその友達には感謝しています。

知識が狭い人は、「ISISが日本人を無意味に殺した、ISISはイスラム教らしい、イスラム教クソやん」と愚かな解を導き出してしまいました。しかし実際は違う。ISISはイスラム教から派生した一派で、しかも元々の教えから遠くかけ離れたものを信じています。そんなISISの行動でイスラム教全体を悪く言い、果てにはイスラム教徒=危ないという差別を作りあげてしまったのです。知識がないって怖いですよね。

 

中国人と間違われて嫌な思いをする?

17027055486_568004540b_k

今日街でHey! Chinese!って呼ばれてんけど、日本人やっちゅうねん。

留学してる日本人の中では、一種のあるあるのようなものでしょう。僕もちょくちょく中国人と混同されます。

僕は友達とこういう話題になったときは、よくこう言ってました。「俺らがヨーロッパの人見ても、違いって分かりにくいやろ?一目見てあれはイギリス人とか分からへんし。しょうがないよ。」

しかし実際はそんなの、どうでもいいんです。違うんです。中国人と間違われて不快な思いをしたり、やけになったり、その時点であなたはRacist(人種差別者)なんですよ、と。残念ながら人種差別はあかんと言いながら、ある種無意識的に差別しちゃってる人って多いと思います。恥ずかしながら、僕はイギリスで大学生になるまでこのことに気付いていませんでした。無意識というのは怖いもので、なかなか治らないものです。

 

すべてを同一化して見てしまう現象

「○○人ってなんで~~やねん。」という節もよく聞く、目にすることです。1人、2人だけを見て、数千万人、ときには13億人以上をすべて同じように見ているわけですから、おかしいですよね。

例えば寮で○○人数人のグループがキッチンを汚いまま放置したとなりゃ、狙ったように○○人はあーだこーだって言う人とか。その人にも言い分があり、なにか過去の経験が関わっているのでしょう。でも世の中にはそんな一部を見てすべてを語る人が多いです。流行っているのでしょうか。

僕の経験ではレストランでバイトしていたときに、「中国人は態度悪いから嫌だ」と聞いたことがあります。たしかに中国人があまりよろしくない態度で店に来ることもありました。しかしなにか違うんじゃないかと。僕はいつも中国人批判をする人を見ると、中国人の友達のことを思います。僕の会った中国人には、少なくとも僕よりはおとなしくて礼儀正しくて、人のことを考えてる人もいました。だから、中国人すべてを悪く言うような言い方は、僕には受け入れられなかったのです。

国単位、政治家単位では色々とあると思いますが、そこに住んでいる人全員を丸め込んだような言い方は、人種差別の典型だと思います。とある国の政治や、たまたま会った数人の他国人のグループを見てすべてを語るのは、残念なことです。

 

他の人を持ち上げて足元をすくわれるバカ

17053162911_54ad96ba77_k

さて、僕が本当に面白いと思うのが、他国の人を過大に評価する人、持ち上げる人です。

よくあるのはヨーロッパの人に対し、課題な評価をしている人ではないでしょうか。金髪サイコー、イギリス人男性は紳士で素敵!とか。だからなめられんねんクソがと思います。

人種差別はとある人種・国の人を不当に下劣に扱うことと思われていますが、相手を持ち上げすぎるのもある意味差別ではないかと考えています。逆に言うと、ある人を持ち上げすぎるからこそ、他の人を見下してしまったり、相手に見下されてしまったり。

敬うと持ち上げるは違います。相手を尊敬するのは良いことですが、持ち上げては足元をすくわれてしまうだけです。そしてそれが差別にもつながっていく。心当たり、ありませんか?

 

慣れに従う人間としての本能、慣れない人は警戒

5つ目は、まさに人としての本能です。僕たちは同じような人、慣れてる人を好みます。対して、見慣れない人、自分とは合わない人とは警戒感を抱いてしまいがちです。これはしょうがないことではないでしょうか?一部では先入観をなくそうとか言われてますが、抱いてしまうことは不可避なことではないかと思います。これも本能、無意識で起こってる現象ですから。

人種差別というのは、僕たちの本能が引き起こす中で表面上に現れた、とても大きな例です。僕が人種差別がなくならないというのは、この本能的なことが関与しているからというのが最も大きいです。意識して簡単に治せないから、やっかいなのです。例え将来、世界が人種差別がなくなったと言われても、本能的な部分でバイアスをかけてしまうと思います。

 

じゃあどうすればいいの?

人種差別がなくならないなら、僕たちはどうすればいいのか?どう生きていいのか?立ち向かっていけばいいのか?完全な答えではないしょうが、「人種差別のある世界」と生きてくうえで大切だと思うことを書きます。

(1) 同一化はやめよう

一部を見てすべてを語る。愚かです。バカです。知ったかです。何も知らないくせに、まとめてしまうのはやめましょう。

(2) 違いを受け入れよう

他の国の人と違うのは当たり前です。むしろ日本は特異な文化なので違いがあるのはしょうがない。良い悪いではなく、受け入れましょう。受け入れて、ああ、こんな考え・文化もあるんだと考えられるようにしましょう。

(3) 知ろう

相手のことを知ると、自然と差別的なことも少なくなります。相手にもそれなりの考え・背景があります。多くのことを知ると、物事を多角的に見れ、自分の差別的な行動も抑制できます。

(4) 尊敬しよう、でも持ち上げないで

尊敬は良いが、他人を持ち上げてしまうのは避けましょう。その人、人達に良いことしてる気でいても、それが人種差別につながっていく。例えば金髪美女と付き合いてーはいいのですが「金髪美女すべて=最高=なにしてもいい」などとはならないように。

(5) 人種差別をされても受け入れよう。気にするな、相手はバカだ

グローバル化する時代。様々な国の人と関わったり、いろんな国に行くと、人種差別的なことは経験します。でも気にしなくていい。例え何か思うことはあっても、口に出したり行動したりする奴はバカです。バカに関わるほど無駄なことはありません。

 

まとめ

グローバル化するなかで人種差別は避けられないものですが、自分から意識していくことで気楽に生きていけるといいですね。気にしすぎると良いことはありませんよ。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

    • やまださん
    • May 20th, 2015

    大半の人類はその母国たる国でしか暮らしたことがない、あるいはその国の特定の一地域でしか暮らしたことがないだろう
    人間生きていく以上自己確立に必死になる
    それはつまり自身と他者との区別だが
    他を知らない人間のアイデンティティーはどこにあるのか
    己の知るところである
    己の知る限りとそれ以降、柵の向こう側
    その境界は限りなく抽象化されて一般化されるべきだ
    分かりやすく誰にでも彼はこうだからあそこに属するのだ
    そういう境界線が必要だ
    彼らは地球市民ではない
    人種差別が存在するのは国という枠組みが今も強力な意味を持つからで
    それはもう彼我の無知によるところでなく致し方ない世の摂理そのものだ
    人種差別の悪いところは
    このように自然のプロセスであるはずの同一化を人の悪口を言うためだけに利用している点にある
    彼らの言葉はいつだって空虚で意味などない
    せめて我々は海のように深い心でもって
    膿のように不快な言葉を分解しプランクトンに食わすのだ
    いやつまり人のいうことなどいちいち気にするものではないということだ
    同一化は必然で、しかしそれを真に受けるから差別になる
    心には余裕こそが必要だ
    結局のところグローバル化する社会において多様性は死に行く運命にある
    ユニバーサルスタンダードが世界を制したら
    この世に差別というものは無くなるだろう

    かわりに区別のみが存在するのだから

      • watapon
      • May 20th, 2015

      やまださん、コメントありがとうございます。
      差別と区別というのは他の媒体でも触れられていて、僕もこの記事を書く際に見かけました(どのサイトかは調べないと、忘れました)。
      とても長いスパンで見れば差別はなくなり、区別だけが残るのかもしれません。しかし短、中期的なことで考えれば、まだまだ差別というものが残ってしまうんだろうな…と考えています。

    • ぽん
    • May 20th, 2015

    わたぽんさんこんにちは。
    概ね超同意で素晴らしい記事だと思うのですが、金髪美女の話は単なる見た目の問題で、人種の話とはまた違う気がします。人種や髪の色に関係なく、綺麗な人を持ち上げようとするのは人間の性(サガ)なので。

      • watapon
      • May 20th, 2015

      ぽんさん、コメントありがとうございます。
      確かに、僕も判断に迷った部分はありました。50:50てとこでしょうか。どこからどこを差別であとは違うものとするかは微妙なもので、この件は見方によって変わるなとも思います。
      僕の本意を言うと、金髪=神、アジア=くそとまるで数学の公式のように思ってしまう人を指していました。(ちなみに僕の周りでは冗談でしか聞いたことないと信じていますが、「欧米人と付き合ってる私、かっこいい」という人はいますね。笑)

    • アニメ好き名無しさん
    • September 14th, 2015

    初めまして、シアトルに3年留学していた日本人です。自分も
    人種差別は残念ながら消滅しないと思います。と言うのも、
    「Hey, Chinese」と言われて中国人と間違えられるのは嫌だと
    思うのも差別ですが、そもそも街中で見知らぬ相手に中国人と
    決めつけている相手も差別をしている感覚がないからです。

    僕がシアトルに居る時は「タイ人」や「韓国人」と言われました。
    むしろ僕はそれに対して怒るよりか、なぜこの人たちは攻撃的に
    言うのだろうかと疑問に思いました。やがてシアトルで生活すると
    当時の日本ではイチローが人気だと伝えられ、地元のメディアでは
    イチローの態度が悪い、イチローの容姿は気に入らない、シアトルの
    住民の多くがアメフトやバスケが好きで野球はそこまで好きじゃないと
    知り、最初は戸惑いを覚えました。そして日本であまり報道されて
    いなかったイルカ漁がシアトルでは毎日報道され、白人のきれいな
    お姉さん達に僕や僕の友人である台湾人が罵倒されることもありました。
    あと自動車から国へ帰れと煽られました。車の窓から唾も吐かれました。

    しかし人種差別をする方で、寛容的な人も多いのがアメリカ人です。
    寛容な白人の大半はアメリカ先住民との混血の方が多く、黒人やメキシコ系の
    方とも仲が良かったので、メキシコからの不法移民問題を聞きました。
    アメリカではイスラム教徒への偏見もすごいですが、強いのがメキシコ人への
    差別やバッシングです。凄く性格の良いアイルランド系アメリカ人の友達が
    「アラモを忘れるな」と言っていて、僕はその時気づかなかったのですが、
    アメリカ人がテキサスをメキシコから奪った時に、メキシコ軍から報復されたのを
    いつまでも忘れるなと言う意味でした。ただちょっと待てよと。そもそもメキシコの
    領土を奪っておいて、「メキシコ人許さねえ」と憎しみを抱くのは筋違いじゃないかと。
    彼に言うと「いや真珠湾攻撃もそうだけど、アメリカは被害者なんだ。悪いのは
    メキシコ人で、彼らはアメリカ人の民間人を虐殺したんだ。だから罰を受けるべきだ」と
    絶対にアメリカが悪いとは思っていない新年みたいのを感じました。だから日本でも
    テレビの評論家が「アメリカはいつ日本人に原爆投下を謝罪するのか」という意見も
    個人的に人種差別がなくならないのと同じく、これも無理なのではないかと思います。

    あと最近、海外の反応ブログというもので「アニメが好きな外国人がレイシストが多い」と
    意見がありました。アメリカにも日本のアニメを好きな人が居ました。ただ、どちらかと
    言うと「日本人や日本に興味がないけど、アニメや漫画、ゲームは好き」という人達でした。
    つまり、厳密には人種差別というよりか、日本「製品」しか興味がないだけではと思います。
    いずれにせよ、差別は「差別だ」と叫ぶ人ほど、実は酷いレイシストだったのが経験談です。

    • はいちゃん
    • October 25th, 2016

    BloGおもしろいっすね

    • はいちゃん
    • October 25th, 2016


    そういえば

    根深いみたいなので突っ込まないで
    自分はこういうのしないようにしよう!!

    がいいかな
    などとおもいます

    他人のしらない知識を差し上げると
    私からすれば人種は外見上の違い
    色の違いの元々メラニンがいつできたか
    ということが鍵で
    調べなくても(厳密に研究しましたが)
    白人は劣性遺伝であって子には色が残ります

    つまり白人は日光量の少ないメラニン退化種で
    頭蓋骨の形の相似からネアンデルタール人混血
    だとおもいます

    予備知識として
    日本人としらなくてもアジア系人種に
    あなたは中国人ですか
    と聞く白人は絶対にいいませんが
    たずねた対象のその人をバカにするつもりで
    そうたずねていますよ

    毅然と注意しましょう
    彼等はアイデンティティーに敏感ですので
    なめられます
    白人社会とはそういう文化です

    かつてなら韓国人ですかとたずねたならOK
    たまたまそのようにうつったということ

    だそうですよ

    欧州と日本までで交易した氏族秦氏の末裔が
    殆ど京都人だということも
    いつか帰国して役立つ知識だとおもいます

    ではBe Happy

    RF

    • February 24th, 2017

    ここまで私の気持ちを代弁してくれた
    記事を初めて見ました。
    中でも1番そう!って思ったのが
    中国人に間違われるというものです。
    間違われたらなんなの?って感じですよね。
    あと、目を細めるポーズが
    東洋人に対する人種差別と言われますが、
    それって自虐でしかないと思います。
    あれは人種差別これも人種差別ってなっている気がするのですが、つまらない世の中だなぁと思います。
    目を細める写真を撮って賠償請求されたセレブがいるのですが、本当に気の毒でした。
    外見について気にしすぎ。

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top