とりあえず自転車の逆走してるやつは一度捕まってくれへん?

こんにちは、わたぽんです。

日本って、こんなに自転車のマナーが悪い国だったんですね。イギリスから帰ってきてびっくりしました。

2015年春から自転車への取り締まりが厳しくなったと聞いて、期待していたのですが…正直、ルール守ってない、ていうか分かってないバカが多すぎです。

一人の自転車好きとして、日本での悪い自転車マナー・乗り方(特に逆走)の改善を願い、どうすれば改善するか?までの僕の考えを書いていきます。

スポンサーリンク

 

自転車も車道は逆走したらあかんて知ってる?

17045855185_78e77efe28_z

自転車は標識に記載されていない限り、車道を逆走してはいけません。

難しいことではありません。
一方通行ではない道では車と同じく左側通行。
一方通行の道では標識に従い、青い下地に白抜きの矢印の標識の下に「自転車は除く」と書かれていなければ、自転車も車と同じく一方通行です。

でも、これを守ってない人が日本には多すぎる。
イギリス留学から一時帰国して1ヶ月、自転車に乗る度に思いました。

特に多いのが、片側一車線の道での自転車の逆走でしょうか。

マジで危ないんですよ。
例えば僕がルールに従って車道の左端を車と同じ進行方向に走っていて、後ろからは車も近づいてきています。
そこに逆走自転車が来たら、本当にぶつかってしまいそうなんですよ。

逆走する自転車がいると避けなければいけないので車道側に膨らんだりすると、車と接触して事故を起こす確率も上がります。車を運転してる人の心理的にも良くないでしょう。

しかも、逆走してるバカに限って、自分から車道側に膨らんで避けてくれない
僕が逆走自転車と対向したときも、今まで避けてもらった覚えはありません。なぜかルールを守っている僕が、避ける羽目になってます。

「逆走すんなやボケ!!」

とでも言えれば良いんですが、結局ほとんど言えないでいます。てか言いだすと自転車乗る度に言わなきゃならん。それほど逆走するボケカスははびこっているのです。

ただ、自転車で逆走している人をバカとかボケカスと言ってますが、実際、周りの人間が悪い部分も多くあります。

 

日本の自転車マナーの悪さは子供の頃に教わらないから?

16423265494_de873ccfbc_k

日本で自転車のルール・マナーが成ってない人が多いのは、「子供の頃にしっかり教わらなかったから」というのが大きいと思います。

以前僕は、日本の自転車マナーの悪さは、日本の道路状況によるものが大きいんじゃないか?と考えていました。

実際に日本の道は狭いところが多いし、自転車用に整備されている道も少なく、結果的に事故が起こりやすくなってマナーが成ってないと言われる。

だから、道路をしっかり整備するのは、最大にして最高の自転車マナー改善、事故率低下の方法だ!と思っていたこともあります。

しかし、イギリスに行って考えが変わりました。

イギリスも細い道は多い

イギリスでは自転車のマナーがかなり良く、例えば車道を自転車で逆走なんかしてる人は見たことないし、無灯火運転やイヤホンなどもほぼほぼないです。

それはイギリスの道路状況が良いからだ!と思っていたのですが、実際自分で走ってみると、自転車用に整備されている道ばかりではなく、日本と同じように細い歩道と細い車道、もしくは細い車道のみなんて部分もたくさんありました。

だから、道路状況のような環境のせいではないなと思ったわけです。

道のせいではなく、教育が成っていない

そこで何が違うのかなと考えた結果、やっぱり子供の頃にしっかり教わらないから駄目なのかなと思いました。

僕だって、中学生の途中ぐらいまでは平気で様々な規則を破っていました。
周りの友達も同様でした。
だから特に悪いという感覚もなく、イヤホンで音楽聴きながら自転車乗ることなんて、逆にかっこいいとさえ思っていたこともあります。

それは、小さい内に自転車のマナーを、知識としてだけでなく、意識的なレベルで分かっていなかったからだと思います。

人のせいにしてるんでしょうが、そんな小さい頃の教育に人のせいもクソもありません。

まあ、後はママチャリが多く出回っているというのもあるでしょう。イギリスと比べる場合、イギリスでは多くがスポーツタイプの自転車ということについて言及しておかなければなりませんね。

 

解決方法、意識すべきこと

17053057055_330c343d99_k

自転車を免許化するという意見もあるようですが、とても良い方法とは思えません。もし免許化されたら、それは利権者達への金回しと考えて良いでしょう。

免許化しなくても、

  • 小学校等で基本的なルールをしっかり教える(年齢に応じ数回必要、でないと忘れる)
  • 親は子供と一緒に自転車で走る時などに、ダメなところはちゃんと注意する
  • せめて大人はルールを守る

の3つをできれば、自転車のマナーも改善していくと思います。
特に、「親による意識づけ」と「大人はルールを守る」は、自転車の乗り方・マナー等を意識できる良いきっかけになります。

では大人はどうすれば良いかというと…

自転車のこと知ろうwww

となるわけです。
知らない人多いんですよね。歩道走れば「危ないなー」と思う人が一部暴徒化してPTAあたりに訴えてきそうですし、車道走れば酒飲んでんじゃねーの?と思うやつらが、うじゃうじゃ文句言いがちです。

きっと、自転車マナーの悪い人達の走りを見て、一般化してるんでしょう。

でも実際、車道を走るべきとき、歩道を走るべきときがあって、それに従って周りに注意して走ってる人達も巻き込んでしまうのは良くないです。

ルールを把握できず、感情論でわちゃわちゃ言ってるから、あーだこーだと文句言う人はいるし、結局無視する人がうじゃうじゃわいてくるし…となるのでしょう。

ここで、逆走についての基本的なルールを確認しておきましょう。

 

自転車は基本は車と同じ進行方向に車道を走る

16432786163_e258409f9a_k

まず、自転車は基本的に車道を走るという意識を持ちましょう。特に歩道に歩行者のみの標識があれば、自転車は車道を走らなければなりません。

車道を走るときは、必ず車と同じ進行方向で。車が一方通行の道の場合は、標識や路面上の表示で判断できます。

徐行で歩道を走るべきときもある

16430608264_e1ac561c76_k

歩道は歩行者専用との標識がなければ、徐行で走ることもできます。特に車道の交通量が多いとき等は、歩道を徐行する方が安全です。

歩道を走るべきときというのは、

  • 車道の交通量が多い
  • 歩道が広い
  • 歩道上に自転車用の区分けがある
  • 車道が狭い
  • 歩道の人通りが少ない
  • そして標識で規制されていない

などを参考に、最後は自己判断で決めれば良いでしょう。

細かい部分は、自転車の道路交通法あなたはもう知っていますか?6月1日から自転車に関する道路交通法が大幅変更あたりをご覧ください。2つ目のサイト嫌いだけど、図が多いので…。

 

自転車に乗ってない時も意識してほしい

16865265778_507fe580e0_k

さて、自転車マナーの話ですが、なにも自転車に乗っているときに意識すれば良い訳ではありません。

自転車に乗ってないときこそ、注意してほしいってことも多々あります。

先ほどイギリスを例に比べましたが、イギリスの最も良いところは、自転車に乗ってる人、車を運転してる人、歩行者がそれぞれ尊重し合って、安全第一・ルール(マナー)厳守ができている人が多いことだと思います。

僕がイギリスで自転車に乗ってたときも、車の運転手は明らかに無理な走りはしてなかったし、他の自転車乗りも逆走なんてしていました。走っていてある意味安心できます。

イギリスでは歩行者は、歩道上で自転車についてあまり深く気にしなくても良いです。走ってないことが多いので。でも日本では、歩道上に自転車走行の区分けがあることも多いので、歩行中も自転車のことをもっと気にすべきです。

例えば、歩道上の自転車と歩行者の区分け
なぜか日本の歩行者は、杖をつきながら、もしくは朝から外回りで疲れた中昼に食べるから揚げ定食を思い浮かべながら、あるいはスーパーの袋を3つ4つ手にし重い牛乳パックと戦いながら、自転車向けに区分けされたところを、のこのこと歩いているのです。

一応、この区分けには法的な強制力はありません。歩行者は歩道上なら、歩く権利があります

しかし、自転車に乗ってる人のこと考えたら、なるべく歩行者用に区切られた部分を歩こうとするはずです。事実、僕の見る限り7割の人は、歩行者用に区切られた部分を歩いています。

でも残りの3割は、自転車向けに区切られた部分を歩いている。
そうなると、自転車に乗ってる側としても、自転車向けに区切られた部分を走りにくくなります

そこで歩行者用に区切られた部分に避ければ邪魔だと思われるし、ちーんと鐘を鳴らせばうぜーなと歩行者に思われるわけであります。(全員がそうではありません。)

こんな感じで、自転車に乗ってない人の意識の問題で、自転車に乗る人がかなり堅苦しい思いをしてしまうこともあります。

その堅苦しさが限界になると、もうどこ走ってもええやんとなってしまいますし、そもそも自転車向けに走りやすい道があれば、自転車に乗る人は言わなくてもそこを走るようにもなります

環境とか知識どうこうだけでなく、そもそも意識してないって人多いですよね。

 

他にも無灯火、イヤホン、そして危ない車道の走り方するやつ等も自転車乗り方学べ

16434442023_712d64241d_o

逆走をメインに話を展開していきましたが、自転車を取り巻くマナー・ルールの問題はかなり根深いんじゃないでしょうか。

無灯火も結構見るし、イヤホンつけてる奴もまだまだいるし。

そしてこの前見かけたのは、バスが左折しようとしてる中、無理矢理バスのインをついて直進しようとするママチャリ

なにF1みたいにインをついて無理にバスをオーバーテイクしてんねんww

とでもツッコミたくなりました。
あれはバスの運転手も曲がりかけで、左折の意思表示もしていたし、スペースもそんなになかったのに、ママチャリが無理に突っ込んできて可哀そうでした。

 

わたぽんのまとめ的なにか

僕は一人の自転車好きとして、日本でも自転車のルール・マナーが良くなってほしいです。

特に逆走は本当に危険なので、すぐに意識してやめてほしいです。そして車を乗る人も歩いている人も、自転車に乗ってる人のことを考えてほしいです。

もちろん自転車に乗ってる人は、運転者や歩行者のことをちゃんと考えましょう。

長くなりました。最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。

以上、わたぽんでした。ほなね!

スポンサーリンク

わたぽんの簡単な自己紹介

小学生の頃のあだ名を再利用してます。イギリス、サウサンプトン大学で空気力学を専攻中。F1でレースカーをデザインする事を夢見ています。第一印象はイケイケの大学生と言われがち。現実はだいたい机の前。詳しい事は、→プロフィールでどうぞ
スポンサー様、大歓迎でございます。わたぽん、良い子です。
お友達は増えると嬉しいです。

ブログ「わたぽんWorld」へようこそ。

僕、わたぽんの「F1のエンジニアになる」という夢を叶える道を綴るブログ。イギリスの大学より執筆中。夢に近づけば近づくほど、更新頻度が減っていきます。かれこれ短くない期間書いています。
僕の夢、イギリス留学、海外生活、その他適当がブログのテーマ。

Related post

Comment

    • yagi
    • July 24th, 2016

    歩道は右側通行と小学校で習うからですよ。
    今はどうなのかわかりませんが、昔はそう習いました。
    自転車は車両なのだから、車道を走る時は当然逆走したらダメなのですが、日本では自転車は歩道を走る人が多く、右側通行するべきだと頭に刷り込まれてしまって何も考えていない思考停止の脳内お花畑が多いのです。
    いくらそう教えられたとしても、車道の逆そうは怖いと思いますが、怖いという動物としての当然の反応よりも昔教えられたことを漠然とこなす、心のないゾンビのような人が多いのです。
    十字路の赤信号で、車道までタイヤをはみ出させて待っている大人もいっぱいいますし、歩行者でも車道ギリギリまで体を寄せて立っている人もいます。
    みんななにか感覚が壊れているのでしょう。
    30センチでも自動車の運転手のハンドル操作が狂えばどうなるか、想像もできないのでしょうね。
    問題はルールを守っている人や、危機意識を持っている人が巻き込まれることです。
    あまり神経質になりすぎても疲れてしまうし、それがゆえに、逆に事故に巻き込まれることもあるかもしれません。
    バランス感覚が大事ですね。
    いずれにしても日本では、無神経な人が増えました。
    そういう人は自分はきちんとしていると思っています。ルールを守っていると考えていると思います。
    そういう人たちだと理解して避けていくしかないでしょうね。

  1. No trackbacks yet.

プロフィール

わたぽん(@wataponf1_uk)

イギリス・サウサンプトン大学でF1マシンデザイナーになりたくて学んでいます。イギリスに来て2年目にして、やっとイギリスのことが好きになりだしました。ブログの主なテーマは「夢を追う僕の生き方」と「イギリス留学」です。完全なる趣味で運営してます。 詳しいプロフィールはこちら


Twitter Facebook Google+ Feedly Instagram YouTube

おすすめ記事

アーカイブ

Return Top